人気ブログランキング |

青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

東京国立博物館で 奈良大和四寺のみほとけ


夫がこれを見たいと言うので、東京博物館へ
やって来ました。
(トーハクと山田五郎さんが呼んでましたね)
e0397389_16212756.jpeg
岡寺、室生寺、長谷寺、安倍文殊院の四寺です。
e0397389_16213930.jpeg
仏像は撮影禁止でしたので、ネットからの引用です。
e0397389_16260118.jpeg
e0397389_16260963.jpeg
e0397389_16262096.jpeg
e0397389_16262549.jpeg
そんなに数は無く、平日なのに人が多くて、
暗いので良く見えず…少し不満…

国宝や、重文が出かけてくると言う事はきっと
修復をやっているのでしょうと思っていたら。

大本山 室生寺の浄財勧募のお願いが有りました。
総事業予算が6億7千万円で寄付金勘募目標額が
3億円、凄い…

仏像が十数体有り、次の部屋は密教の仏具、
五鈷杵、三鈷杵、独鈷杵、五鈷鈴など、

その他のお部屋は常設展の様でした。
東京国立博物館の成り立ちなど…勉強になりました。

裏のお庭に出られたので。
e0397389_16300323.jpeg
池の近くへは行けませんが
e0397389_16301076.jpeg
池の向こうは お茶室の様ですね。


もうお昼近いので、近くの係りの方に尋ねたら、
芝生の右脇からレストランへの近道が、

何故か小さい五重塔
e0397389_16303969.jpeg
こちらをまた右に折れて、有りました。
ホテルオークラ レストラン ゆりの木
e0397389_09565465.jpeg
お庭先を見ながら
e0397389_16312103.jpeg
他所様のオツムが入ってしまいました💦

夫は久し振りのカツカレー
e0397389_16314027.jpeg
もう少し辛くても…と言っております。

私はイクラ鮭キノコの山海丼
e0397389_16320943.jpeg
海鮮丼と迷ったのですが、彼方は茶碗蒸しが
付いてて、そこまでは多分入りません。

イクラも鮭も舞茸も美味しかった〜
カロリーが少し心配ですが、好みは孫と酷似?


レストランを出て来た所にあった大きな木、
これがレストランの店名になった東京国立博物館
のシンボルツリーのユリノキでした。
e0397389_16323714.jpeg
このユリノキは明治8、9年頃渡来した30粒の
種子から育った1本を明治14年に植えたそうです。

樹齢は140年程だそうですが、迫力がありますね。
秋には黄葉し、春にはチューリップに似た花が咲く
モクレン科の木だそうです。

どんなお花かとても見たかったので、ネットで
調べて見ました。(^ω^)

5月の初めに東京駅前で咲いたユリノキです。
e0397389_10245239.jpg
実がなるのは7月らしいのですが11月くらいからは
枯れた松ポックリの様になります。
こちらは板橋の赤塚植物園の写真です。

確かユリノキは 新宿御苑でも見た気がします。


にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
# by cenepaseri | 2019-09-16 09:00 | アート | Comments(3)

青山で今夜はファッションズナイトらしい


骨董通りのウインドウが模様替えされてたので
リサーチに、すると毎年?やっているらしき

FASHION’S
NIGHT
OUT
 SEP.14 2019TOKYO

縦に読むとFNOになります。
VOGUEと一緒に取り組む
サステナブル×ファッション
9月14日(土)の夜は
表参道・青山・原宿で
FNOを楽しもう!らしい。

AOビル2Fで見つけたShop Index
e0397389_14250903.jpeg
そしてあのWRのお隣のお店の名前がVOGUEに変更
e0397389_14251638.jpeg
お隣は相変わらずのWRです。
しかし今日は何やら人が多い、土曜日だからか
VOGUEの仕掛けか?
e0397389_14252094.jpeg
それで分かりました、この界隈のブティックの
大半が FNOに参加しているのでした。
きっと いつもより頑張ったウインドウなのです。

マックスマーラのウインドウはこんな感じです。
ちょっとカジュアル(此処は不参加)
e0397389_14294729.jpeg
正面はオーセンティックなスポーツテイスト。
e0397389_14295481.jpeg
黒っぽいジャケットです。
映り込みが多くて不鮮明。
e0397389_14300263.jpeg
PINKOは益々工事の面に押されて
大人っぽい赤と黒のカラー使いになっています。
こちらはFNOに参加しています。
e0397389_14300724.jpeg


IZAは少し手がブレました、流行の白いシャツ。
e0397389_14301361.jpeg
秋のグリーンのドレス、きっとシルク。
アンクルブーツがオトナ〜
e0397389_14301911.jpeg
横のウインドウは若いカジュアルですね。
e0397389_14302550.jpeg


ドロワーは黒革のライダースとダーンドルワンピ
e0397389_14303308.jpeg
どちらもモノトーンです。
e0397389_14305858.jpeg
向かいのヴォルガナイズロンドン青山もブラックで
入り口で何やらオーダーを受付中。
e0397389_14304245.jpeg

ボッテガマルチネーゼのウインドウも
レディスのコートの素材はゴブランで、
リッチ アートしていますね。
e0397389_14310448.jpeg
ザディング エ ヴォルテールにグリーンのレースの
ドレスが可愛い。
e0397389_14311446.jpeg


エレンディークで、無料のドリンクサービスが、
フリーマーケットの様で店内に人がいっぱい。

外では子供が遊んでいます。チョットどうなの?
その上 入場料が500円、え〜信じられない、
バーゲンに入場料?

夢中になったママはベビーカーと子供を置いて…
平和なのか…大丈夫かな?

こんな手には乗らない私は、外から品定めを…
値段は判りませんが、スパンコール付きや
やや派手そうです。大阪のメーカーです。

…私の好みそうな物は無い様です。
e0397389_14311936.jpeg
自由業っぽい男性が、ドリンクを頂いて通り過ぎました。

夜に何があるのかはわかりません。
明日はこの辺の秋祭りなので
前夜祭も兼ねているのかしら…

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

# by cenepaseri | 2019-09-15 09:00 | 青山界隈 | Comments(6)

スパイラルガーデンで手塚愛子展


9日は浅羽さんと表参道駅で待ち合わせ、
台風一過の物凄い熱気の青山で、B3出口すぐの
スパイラルに駆け込みました。

何処かカフェにと思ったのですが、此方の階段脇に
椅子があって、うちの孫のお気に入りの場所です。
(確かsonomaさんのお孫さんもここで
 行き交う車を見てらっしゃったと思います。)

そこで少し夏のボレロのご相談をして、話し込み、  
何処かでお茶しません?と言い乍ら根っこが生え。
e0397389_12592435.jpeg

スパイラルマーケットを抜けて下を見ると
何やら凄い織物が見えます。

手塚愛子さんの作品で、織られた物を解きほぐす
作品を1997年より開始して、歴史上の造形物を
引用、編集しながら新たな構造体を作り出す、
独自の手法により制作を続けられています。

100年以上前のドレスに見えます。
e0397389_13020084.jpeg
<親愛なる忘却へ(美子皇后について)>

e0397389_13021794.jpeg
洋装を初めて取り入れられた昭憲皇太后の
大礼服に着想を得た、親愛なる忘却へ。
e0397389_13052752.jpeg

<必要性と振る舞い(薩摩ボタンへの考察)>
e0397389_13022207.jpeg
江戸末期、日本から西欧への輸出品として
重宝された薩摩ボタンをモチーフにした。
e0397389_13022815.jpeg
e0397389_13023350.jpeg
<華の闇(夜警02)>
e0397389_13053999.jpeg
部分
e0397389_13054655.jpeg
明治期におられたテーブルクロスを現代に蘇らせる
<京都で織り直し>
e0397389_13055250.jpeg
部分
e0397389_13060430.jpeg

e0397389_13061164.jpeg
e0397389_13061719.jpeg
ゴブラン織りなのでしょうね、と言いながら
二人で 写真を撮りました。

織物の解体と再構築だそうです。
現在ベルリン在住の手塚愛子さんの作品でした。
それ自体は手の込んだ物ばかりです。

協力は川島織物セルコン、京都服飾文化研究財団
その他多岐にわたります。



にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
# by cenepaseri | 2019-09-14 09:00 | アート | Comments(14)

帰り道にバーラジオ青山へ


暑い宵闇に紛れ込んだ浅羽さんと私です、
帰り道に これ又 前から行きたいねと言ってた
お店 バーラジオ青山へ。

以前に行ってその雰囲気がとても良かった…
きっと浅羽さんは好きだろうと思って寄り道を。

南青山の路地奥にひっそりと佇む隠れ家です。
e0397389_14090245.jpeg
一軒家で、2階は 青山はしづめ(中華懐石)

こちらは1972年からの古いお店なのです。
この頃はすぐ御近所に住んでいたのに、
全く知りませんでした。

忙しくてパタパタしていたし、遊びに行くのは
六本木ばかりでした、まさかこんな所に
こんな素敵なお店があるなんて全く…
e0397389_14091041.jpeg
ドアを開けると、すぐにあるアンティークな
キャビネットには、アンティークグラスが一杯。

次のドアを開けると濃厚なアンティークの世界です。
昔っから変わって無いかの様なランプが一杯。
こういう間接照明が素敵、私も持っていますが
今はただの部屋の飾りです。(涙)

お酒のボトルの前にはそれに併せたグラスが
並んでいます。お洒落なオトナ空間です。
e0397389_14092429.jpeg
私達が一番乗りですね〜。カウンター席に、
大荷物で、隣の席にお荷物をどうぞって…

浅羽さんは、バーテンダーさんにお任せの
カクテル、西瓜の赤が鮮やかです。
e0397389_14093177.jpeg
私はミントの味のグリーンのジン、名前は?
何だっけ…
e0397389_14093735.jpeg
それでは二度目の乾杯…
e0397389_14094242.jpeg
アンティークな空間、浅羽さんはとってもお似合いです。
かなり溶け込んでいらっしゃいますね。(^ω^)


キウイフルーツと無花果、チーズのチャームです、
チーズがとてもクリーミィで美味。
e0397389_14094891.jpeg
途中までは私達だけで貸し切り状態でした。
その内ペアやおひとり様、回遊されている様です。

希望を言ってバーテンダーさんがそれに併せて
創作をして、速いピッチで次へ行かれる様子です。

私達はゆっくりとお喋りを楽しんでいます。

そろそろ就寝タイムなので…
e0397389_14095617.jpeg
今朝の台風で青山通りは木がかなり折れていました。
こんなに沢山なのは初めてです。
e0397389_14100587.jpeg
この先の信号が表参道駅です。

浅羽さんと私の今夜の夜遊びはおしまいです。
又ね、次回は何処にしましょうか?
探さねば…


追記・バー・ラジオが1972年にお店を開かれたのは
   神宮前でした。
   この場所は夫が言うには元々は
   クリーニング屋さんだったそうです。
   2014年の地図にはRADIOとなっています。

   だからすぐ裏に住んでいても知らなかった…


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

# by cenepaseri | 2019-09-13 09:00 | 青山界隈 | Comments(12)

浅羽さんと「和敬」さんへ


去年の11月に愛媛の松山から西麻布に移転された
日本料理「和敬」さんへ、浅羽さんと行きました。

愛媛県出身の店主の竹村竜二氏は道後温泉の
『ふなや』さんや、南麻布の『分けとく山』で修業
されて、松山で『日本料理 和敬』を開業されました。

2018年にはミシュランガイド広島・愛媛特別版で
和食唯一の二つ星を獲得されました。

6年目にして意を決して東京へ越して来られました。

昨年『北鎌倉のお庭から』の 藤田みどりさんが
こちらのオープニングに来られて、12月19日の
ブログに綴ってらっしゃいました。

それからず〜っと気になっていたお店です。

やっぱりお互い少食コンビは美味しい処に
しましょうと、和敬さんに決めました。
e0397389_13212780.jpeg
台風の去った後の物凄く暑い日で、根津美術館で
涼んでからと 思っていたら月曜休館日で…

骨董通りのアンティーク屋さんを浅羽さんと
お散歩して(お勉強)と勝手に思っていました。

所が台風一過のフェーン現象で蒸すは、お日様が
ジリジリでこんがりロースト状態、超大変でした。

日傘でカバーしながら、彼方此方と蝶の様に?
森田民芸さんや、イシイコレクションさん等に
引っ掛かり乍ら、なんとか辿り着きました。

根津美術館の脇のなめくじ坂を下った所が
西麻布2丁目になります。



松山から一緒に上京した須田剋太画伯の
魑魅魍魎の絵、不思議で面白い感じの絵です。
司馬遼太郎の「街道を行く」の挿絵で有名な方ですね。
e0397389_13213439.jpeg
此方はカウンター席が7席、左奥に個室も有ります。

お料理は(お昼も夜も)全ておまかせです。
お写真いいですか?と二人でお尋ねして
快く御了解を頂きました。(^ω^)

暑かったので二人共 生ビールにしました、
お腹が一杯になってしまう恐れもありますが、
安全に…
e0397389_13214520.jpeg
お料理を出して頂く時に説明を聞いているのですが、
耳から溢れて…名前は間違いがあるかも…


先付は鱧の梅肉和え
e0397389_13215173.jpeg
飯蒸し、万願寺唐辛子に餅米を乗せて
    上から雲丹
e0397389_13215642.jpeg
お料理は私達の速度に併せて ゆっくりと
絶妙のタイミングで出てきます。

何方で此処を知られましたか?って質問されたら
お名前を出しても良いですか?とkitaoniさんに
聞いておきましたら、やっぱりそう…

何かと愛媛に縁がある私達です、
此方は愛媛出身の方も多そうでしたし、
松山からもお見えになるそうです。

お話が弾んで美人の奥様にも彼れや此れやと
質問をしました、お二人共信じられない程
お若いのに、感心すること然り…


お吸い物
e0397389_13220232.jpeg
お造り、トロ、烏賊、もう一つは…
何れも此れも蕩けます。
e0397389_13220931.jpeg
作りたての八寸
柿の白和え、無花果
小さなトーストの上にチーズ?と海老、ホタテ貝
お隣同志意外な組み合わせが、勢揃い。
e0397389_13221704.jpeg
目にも楽しくて 舌にも色んなお味の
バリエーションが楽しいです。


焼物 お魚の名前は忘れましたが、
美味しい物に塗れていました。

手前のこんがり色はパリパリの畳鰯、上から
これまたパリパリの有明焼き海苔、
e0397389_13222699.jpeg
私好みの器です、月に叢雲の風情ですね。

何れもこれも厳選された材料で、
手の込んだお料理を少しづつ頂いて…

鱧の玉子とじ
お出汁が効いていてとっても美味しいです。
お汁まで殆ど頂いてしまいました。
e0397389_13223149.jpeg
この小さな土鍋❣️


絶妙なタイミングで現れた炊き立て
縮緬じゃこの炊き込みご飯。
もうもう、食べたいのは山々ですが、
e0397389_13223724.jpeg
ほんの少しだけ頂きました。
香の物も美味しくて、長芋のお漬物は初めてですが
美味しかったです。
e0397389_13224249.jpeg
さすが 浅羽さん少しづつバランスを取って
入る場所を確保してらっしゃいます。(^ω^)

デザートは無花果、梨、巨峰に
レモンのジュレ
e0397389_13224842.jpeg
デザートはサッパリとするんと入りました。
普段は甘い物が苦手なので果物もほんの少ししか
頂きませんが、レモンのジュレが効いてます。



食べ切れなかった炊き込みご飯を
おにぎりにして頂き、大きな道の方まで
店主自ら道案内して頂きました。
恐れ入ります。

「とても美味しかったです、又参ります」と、
私達は再び 暑い夜の根津美術館のなめくじ坂を
登って行きました。

kitaoniさんご紹介下さって有難う御座いました。
とっても美味しく良いお店でした。
お料理も人柄も温かくて…


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

# by cenepaseri | 2019-09-12 09:00 | 青山界隈 | Comments(16)