青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

ヒルクレスト 瀬間けいさんと青山のギャラリー通り

ギャラリーパレットさんを出て、青山通りの方へ、
青山フロラシオンの近くへ出ます。

右へ行くと 有名なイラスト展のメッカ スペース・ユイ、
私も服の展示会をしたことが有りました。(場違いで大変 失礼しました)
e0397389_11240807.jpg
今日は河村要助展 ユニークな絵柄です。
e0397389_11241852.jpg
この青山通りと平行に通ってる道は
この所 ギャラリーがかなり増えています。

私は密かにギャラリー通りと呼んでいます。
写真を撮るのを忘れたけれど、うつわ楓
e0397389_11284875.jpg
陶芸の新人作家さんの作品が多いです。

表参道の方へ進みますと
割り箸で建てたような建物、山法師の大きな木
e0397389_11290030.jpg
ここは サニーヒル、何のお店かよくわかりませんが…
e0397389_11295417.jpg

その先に 保育園で1歳児からのママ友の旅行会社ヒルクレストが有ります。
社長は瀬間けいさん、彼女はイラストレーターでも有ります。
ヒルクレストの毎年のカレンダーは彼女のパステル画です。
本の装丁画になったこともあり、プロです。
「とっておきのアジア」という旅行の本も幻冬社から出しています。
(これは秋間さんの尽力らしい)
e0397389_11344358.jpg
ここは知る人ぞ知る有名な旅行会社。
プライベートな旅行を組み立ててくれます。
e0397389_11345167.jpg
ややグレードの高い旅行、それでもそんなに高くはないのです。
大昔、西城秀樹ツアーを企画して、週刊誌に載ったらしい。
寺山修司さんがよく、カンヌとか海外へ行ってらしたのも
彼女の企画だったらしいです。話の所々で、知りました。

私は寺山さんから、海外から何回か絵葉書を貰ったことが
有ったので。あの頃は皆 書を捨てて街へ出た。

クルマ会社のラリーや、F1に出る方々のツアーの手配。
夏のイギリスでの語学学校とホームステイなども相談できます。

チケットの手配や学校の申込などをやってくれます。
行き先での直接の支払いなので、かなりツアーより安いです。

e0397389_11351626.jpg
自分だけのオリジナルな旅行ができます。

今日はパレットさんで時間を使ってしまったので、
お邪魔をするのは又の日にします。

格安ビジネスクラス
e0397389_11352509.jpg
娘もこちらでアテンドしてもらい、
イギリスのホームステイに行きました。
ちっとも英語は上手くなりませんでしたが…

娘達との中一のヨーロッパ旅行では6つくらいの街を回って、
その都度、参加する人、帰る人、付いたり、離れたりしながら
グルグルと5家族が旅行しました。

基本は1家族で ホテルもその都度、自分で支払いをします。
なので社長の 瀬間さんはボランティアみたいなものです。

瀬間けいさんは早稲田大を出てから イギリス留学をして
綺麗なクイーンズイングリッシュを話せます。
フランス語も出来、とても賢い方です。
息子もお尻を叩いて早稲田に入れました、偉い!

あの北青山保育園はまだまだユニークな人揃いでした。
私など大人し過ぎるくらいの個性派ばかりでした。
お話が長くなってしまうので それは又。

2〜3軒隣はアクアガールのショップ
e0397389_11353532.jpg
その先は、いつものカントリーハーベストの通りです。
e0397389_11354844.jpg
ブーゲンビリアの花が盛りで、オリーブの樹の上に散っています。

にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
# by cenepaseri | 2018-06-21 09:24 | 青山界隈 | Comments(5)

ギャラリーパレットのプロデューサー秋間三枝子さん

ビルの屋上に小さなブルーハウスが立っています。
これは富澤ビルの希(のぞむ)君ハウスです。
e0397389_15435521.jpg
根津美術館から 青山墓地の方へ、
青山橋の上から良く見えます。

左手前の階段を降りると
e0397389_15555690.jpg
すぐです。入り口です。
e0397389_15440245.jpg
今日はオフの日でした、夏休みは8月いっぱいまでです。

秋間三枝子さんは1歳児からの保育園のママ友です。
私の部屋の編集長をして、その後日本ヴォーグ社で活躍していました。

娘 息子達が中一の時に 一緒にヨーロッパにも行きました。
もう一人旅行会社のオーナーがいます。彼女は又今度。

62歳で早期退職して、自宅ビルでギャラリーを始めました。
e0397389_15440883.jpg
ドアを開けて入ると
e0397389_15442161.jpg
可愛いスペースが現れます。
e0397389_15442888.jpg
ハンドメイドの作家さんがよくここで展覧会や
ワークショップを開きます。
ハンドメイド展のメッカです。
2〜3度観ましたが、出版社の方がいっぱい。
彼女は集客力もあるのです。
e0397389_15441466.jpg
今日は偶々近くへ行ったので、遠回りしたら
秋間さんが立っていました。
それで立ち話をしてしまったのです。
彼女は有名人なので実名OKです。

娘はお兄ちゃんのGo君と同級生でした、彼はファミコンゲームにも強くて
うちはよく電話したものです。彼は嫌がりもせず親切に教えれくれました。
勿論 お勉強も良く出来て、今は省庁にお勤めです。
昔 何になりたい?と聞いたら
公認会計士と答えたので、びっくりしました。

2歳下の弟の希くんはとても元気な子で、小さかったので、
ママが競馬の騎手がいいんじゃない?と言っていたものです。
私たちがイギリスの語学学校へ行った翌年、希くんは
ボーンマス近くの乗馬のサマースクールへ行きました。

そしてオーストラリアの騎手の学校へ行き、彼方で騎手になりました。
日本でも凱旋の騎乗をしたらしいです。

みんなが中学受験で騒いでいる時に 彼は青南小の同級生の
高橋一生と遊んでいたらしい、2人ともクール。

希くんからの母の日のプリザーブドフラワーのプレゼント。
e0397389_15560713.jpg
他のコーナー
e0397389_15443851.jpg
立体刺繍、これに来たらよかったと言われました。
e0397389_15444858.jpg
彼女の名刺です。
e0397389_15445434.jpg
夏休みは2ヶ月、
9月になったら、また展覧会があるから来てねと言われました。
またここで、ご紹介したいと思います。

彼女はまだまだ出版業界の人で手芸の本のプロデュースも
しています。
e0397389_15451155.jpg
秋になったらもう一冊出る予定だとか…

昔はインテリアで、今は手芸関係。
私とは仕事は 近い様で接点が無かったのですが、
一緒に あちこちのパーティには行きました。

とにかくパタパタと 忙しい人です。
話すのも早い、動きも速い。

にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
# by cenepaseri | 2018-06-20 09:07 | 青山界隈 | Comments(8)

雨の日のバッグのカバーを作ります。

急がないけど、
雨用のバッグのカバーを作って欲しい、
付いていたのは役立たずなので、と
バッグの雨用カバーを頼まれました。

役立たずはコレ
e0397389_11414784.jpg
バッグにかぶせると てるてる坊主状態になって、
下はガラ空きになるそうなので、
裾にゴム入りを提案しました。

これは私の手持ちのバッグで大きさの似たタイプに着せて見ました。
一見すると大丈夫そうですが、対丈で、底は無防備です。
e0397389_08503305.jpg
でもそのまま伸ばしたのではすっごい蹴回しになってしまい、
多分 ゴムでは縮まらないと思います。

そこで、スクエアな形にすることに、
バッグは持ってらしたのですが、計測を忘れました。
でもまあ、このくらいかと。
e0397389_12545144.jpg
縫い代は5mmですが縫ってから
落とそうと思います。

そしてこの前、ハンズで 買ったアキレス梨地0.1のPVC
183cm幅で337円/mなので2m買いました。
安いし、まずダメモトのサンプルを作るつもり。
e0397389_12550181.jpg
かなり重い、シワにはならないし、
何より某ブランドのとそっくりです。
e0397389_12550952.jpg
カットはカッターで、ハサミだと綺麗に切れません。
e0397389_12552073.jpg
2枚を重ねて縫い合わせて、1cmの縫い代を5mmにカット
これはダメでした、切り口が汚い、
縫い代は 初めから5mmにした方が良いみたいです。

裾を折ってゴムを入れます。
こんな状態で、一度、試着をしてもらいます。
先程のよく似たサイズでは こんな感じです。
e0397389_08504223.jpg
上辺を長くし過ぎて、丈は不足しています。
バッグの形も根本的に違うけれども、
もう少し 大きかったような気がします。

彼のバッグで最終調整をします。
出来上がったら またアップします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by cenepaseri | 2018-06-19 09:17 | ハンドメイド | Comments(4)

青山紀ノ国屋に行きます。

今朝は夫が揺れているか?と尋ねられ、
ゆれくるをみてビックリ!
大阪北部で震度6弱慌てて枚方の義弟に電話。
旭区のAちゃんにも、この子は新潟にいました。
いっつも大変なところに居ない運の良さ。

まだこれから大変かも知れないけれども
少し局地的かも知れません。
マグニチュードは5.9ですが。

こんな時にのほほんとしてますが…
日々のお話です。
e0397389_14233417.jpg
毎日曜日は紀ノ国屋へ買い出しに行きます。
現在は AOビルのB1なのです。
右奥には俺のフレンチ、イタリアンがあります。
ここは予約もできますし、何より座れます。

e0397389_14234403.jpg
入り口は花屋さん、父の日のひまわりの花がいっぱいです。
ここは東急本店屋上の花屋さんと同系列です。
エレベーターで下ると
e0397389_14235041.jpg

山形のさくらんぼ祭り
e0397389_14235932.jpg
紀ノ国屋は道の駅と同じ様に作り手の顔の見える
野菜や果物が多くて、安心できます。

日本中からいいとこ取りしているかもと、思います。
野菜は殆ど契約農家で、値段の上下があまりありません。

ビーツの隣にバースニップこれはシチューに入れるのでしたっけ、
アーティチョークもあります。知らない野菜も多いです。
e0397389_14240797.jpg
ブロッコリーとズッキーニを買います。
ズッキーニの雌花
e0397389_14241683.jpg
キノコの種類は多いです、
パプリカはオランダ産のオレンジ色と赤色を買います。
ミニトマトも
e0397389_14242668.jpg
和の野菜は京野菜が多いです、水菜や丸茄子も
客にきっと関西人が多いかと推測します。
昔は若狭湾の魚が多くて、そう感じました。

奥島根の椎茸や 多岐のイチジク、萩や島根も多い。

トーフも埼玉から鎌倉まで色んなところのが揃います。

牛乳は小岩井、葛巻高原から蒜山、島根の山中のレアなのまで、
孫が濃い牛乳と呼んでいる瓶入りのがあります。
瓶の口でほとんどチーズ状態です。
一度バターを作ってみたいとも思います。

もちろん普通のもあります。

牛肉はパックよりもガラスケース内が充実しています。
e0397389_14245429.jpg
私は鶏肉派なのです、ビーフはステーキ位、ヘルシーに。
豚味噌焼きも好きですが…
鶏肉は南部地鶏、比内地鶏、大山、博多、種類は多いです。
e0397389_14251979.jpg
山口県産の潤目の丸干し、私はこれが大好物です。
子供の頃は嫌いでしたが、大阪で 大分 別府の子の下宿に
実家から送られて来た丸干しを頂いて、美味しさに目覚めました。

あれはもっと大きくて、脂が乗っていました、火鉢で
炙って皆で 全部 食べてしまいました。ごめんね。
e0397389_14252980.jpg
父の日は鰻らしい…
向日葵の花と鰻、元気を出せとの意味?
e0397389_14253829.jpg
本マグロのお刺身はアイルランドで鰹は鹿児島

ランチ用にデリの海老の旨煮とサラダプレートを購入し、
ほうじ茶、アンチョビ、ガーリックラスク等々、
忘れ物は無いでしょうか?

コンパクトですが、だいたい揃います。
いつもお世話になっております。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

[PR]
# by cenepaseri | 2018-06-18 09:28 | 青山界隈 | Comments(9)

フリーダ・カーロのワードローブ展

BBCのニュースで英 V&A博物館で6月16日から11月4日まで
メキシコの画家、フリーダ・カーロのワードローブ展が
開かれるというニュースが。
e0397389_15233117.jpg
彼女の映画も観てないけれど、何かで少し読んだ事があり、
もう亡くなって随分経っているのに人気の高さがすごいです。

眉毛の繋がった個性的な自画像は電車の広告でも見ました。
e0397389_15243184.jpg
1907ー1954 47歳で亡くなった。
6歳で病気になり左腿から踵にかけて成長が
止まり、やせ細ったと言います。

e0397389_15280934.jpg
ハンガリー系ユダヤ人の父は職業写真家で、
彼女をハイキングに連れ出して絵や写真の手ほどきを。

18歳でバスに乗っていて 交通事故に遭い、生死の境を彷徨った。
痛みと病院での退屈な生活を紛らわせるために絵を描く様になったと。
e0397389_15291721.jpg
彼女の家はブルーハウス、バスルームを遺言で死後50年封印した。
2004年に封印が解かれて、素晴らしいワードローブが現れました。

ドルチェ&ガッバーナ、ジャンポール・ゴルチェ、
リカルド・ティシ、ビョンセらが影響を受けたと言ってます。

今でも十分鮮度ある、魅力溢れるワードローブばかり
e0397389_15303748.jpg
刺繍の入った、綺麗な色のアイテム。
メキシコの色です。
彼女の母はメキシコの人。
フリーダは足を隠すためにズボンや民族衣装の
ロングスカートを好んで着用していたと言います。
e0397389_15524061.jpg
彼女はコルセットや義足、医療器具まで
ファッション化してアートにした。
e0397389_16011667.jpg
刺繍入りのレースアップブーツに義足
e0397389_16033711.jpg
アンクルブーツも
e0397389_16075427.jpg
フォークロリックなアクセサリー
e0397389_16082084.jpg
ネックレス
e0397389_16082967.jpg
イラスト入りの医療コルセット
e0397389_16083990.jpg
強くて才能あふれる女性だったのですね。
e0397389_16084875.jpg
とにかく自画像が多いらしい。
彼女の人生は ダイジェストで紹介の文章だけでも
波乱万丈の 普通の何倍も大変な人生でした、が
この前向きな明るさ!
e0397389_16104308.jpg
これは機会があれば是非見るべき!
ハンディを味方にした、と。
人間として紹介している、
学芸員のお姉さんが いい感じでした。

日本にも来る事を 期待したいです。
にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
# by cenepaseri | 2018-06-17 09:11 | アート | Comments(6)