青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

今度は何と!帽子を作ります。

今度は何と!帽子を作れと仰います。
出来る出来るとおだてられ、
初めての帽子作りに挑戦です。
e0397389_16042284.jpg
今回は サンプルが有ります。
下のベルトの所はソフトな鹿革です。さすがエルメス!
e0397389_16043330.jpg
帽子の木型にかぶせてみます。  
ここには色んな物があるのです…
(スタイリストさんが預かっといてと置いていくので)

採寸して型紙を作ります。
e0397389_16050522.jpg
トワルで縫ってチェックして
e0397389_16044267.jpg

スカーフはこちらを使います。
裏には薄い接着芯を貼ります。
e0397389_16045468.jpg
残念ながら下のベルト部分の鹿革はここには有りません、
丁度シルクのしっかり目の生地があったので、
インベル用のやや厚めの芯地を4cm幅のテープ状にして貼ります。
e0397389_16050084.jpg
内側に使うグログランリボンもレーヨンの
黒地の4cm幅がありました。

天部分とサイド布はスカイブルーの
キュプラ裏地付きにして縫い合わせて、
重ねます。
ベルト布に合わせて周りを少しいせこみます。
むむ、少し多かったかも…
e0397389_16051206.jpg
まあ、何とかいせ込み アイロンでつぶして、
あとは黒のベルト布と接ぎ合せ
内側にネームをつけた、グログランリボンを
たたいて 出来上がりました。

こんな感じです。車の柄を前にしました。
e0397389_16052317.jpg
もう一つ帽子の古い木型があったので、
並べて観ます。
何とか様になってるようです。

今まで 帽子は自分で縫ったことはありません、
頼まれた場合はプロに頼んで 作っていましたが…
e0397389_16051980.jpg
こんな感じで、まあまあの出来なので、やや自信が…

この前のレースのワンピースの残布で
私の帽子を作ることを決めました。
今度は 帽子作りにハマりそうです。

できるだけ、余すところなく生地を使いたいので
エルメスの残りの生地でリボンを何個か 作っておきます。

きっと喜んでくれるかも…と思って、連絡を入れたら
すぐにお見えになり、お持ち帰りに。

ついでに もう1個ご注文が増えました。

でも私のが先に上がります、
もう裁断済みですから…

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cenepaseri | 2018-06-05 09:10 | ハンドメイド | Comments(16)
Commented by tsunorun at 2018-06-05 10:56
「帽子作りに目覚めます」のタグが
今日一のお気に入りになりそうです!!

かわいいです!
Commented by uransuzu at 2018-06-05 11:17
>出来る出来るとおだてられ
思わずにっこりしてしまいました。
私も、おだてられると弱いです。
プリントの帽子は、柄をどう使うかによって、ずいぶんと表情が異なりそうですね。
Commented by t_hcmoto at 2018-06-05 12:00
すごいです!
こんな立体的なものをささっと作れちゃうんですね。
スカーフの柄だしが本当にお上手ですね。
ご依頼主様の笑顔を思い浮かべて・・・わたしまでにっこりです。
Commented by cenepaseri at 2018-06-05 12:27
> tsunorunさん
帽子は暑い日以外、普段はベレー帽ぐらいしかかぶらないので、真剣に考えた
事がありませんでした。意外と簡単で楽しかったので、もっと派手なオブジェみたいなのも
有りかしらと考えています。
Commented by cenepaseri at 2018-06-05 12:35
> uransuzuさん
そうなんです。おだてられたり、頼まれると嫌と言えない性分で 。

プリントの帽子は上手く裁断すると2個できますので、あらかじめ
柄位置を決めてからになります。少々無駄も出ますのでリボンブローチを
作ることにしています。
Commented by cenepaseri at 2018-06-05 12:41
> t_hcmotoさん
帽子作りは初チャレンジでしたが、本当に思っていたより簡単でした。
本当の帽体から作るのとは違いますが、ベレー帽なら色々な生地で
洋服とお揃いで 作れそうで嬉しいです。
Commented by kitaoni at 2018-06-05 12:45
まぁ 素敵な帽子ですね〜
おだてられて出来てしまうところがすごい!
どんな装いに合わせて被るのか其れも見てみたいです。
Commented by mary_snowflake at 2018-06-05 12:48
ぱせりさん、こんにちは。
いつも思っているんですが、ぱせりさんは 魔法の手をお持ちです。
私は 何度生まれ変わっても不可能だと思います。
素敵なお帽子ですね。
ご依頼主さまは 大満足で喜ばれましたね。
私も、>出来る出来るとおだてられ…に ぱせりさんの素敵なお人柄を感じました(*´꒳`*)
Commented by gallery-asaba at 2018-06-05 13:17
こんにちは
とってもお洒落なお帽子ですね!
私もサファイアさんが仰います様に、魔法の手をお持ちだと思います。
以前拝見しましたフランス製の生地で作られたロングスカートのドレスも大好きでした。
レースの生地のお帽子も、拝見できるのをとっても楽しみにしていますね。
Commented by Diary-17 at 2018-06-05 14:06
パセリさん、こんにちは。
とても素敵に出来上がりましたね〜。流石にプロだなぁと思いました。
結婚したての頃、夫が高校生の頃に他界した母親の持ち物(遺品)を見せてもらった事がありました。
その中に誂えの柄物シルクサテンの小型バッグとお揃いのとてもエレガントな帽子が有りました。お帽子の形は違いますが、ふと思い出しました。
パセリさんのお作りになった帽子は一体どんな方がどの様なコーディネートで被られるのでしょう?色々と想像しています。
Commented by cenepaseri at 2018-06-05 15:15
> kitaoniさん
この帽子をオーダーされた方は とてもチャーミングな方で、
白系のお洋服が多くて、一見普通の女性です。
昨日はコムデOOOOの白いエプロンドレスを着ておられて、
白い今様の魔女のような方です。
Commented by cenepaseri at 2018-06-05 15:22
> mary_snowflakeさん
直ぐに乗せられやすい性格で、できなくて泣きついた事も有りましたよ。
今は大体自分の出来る事と出来ない事がわかってきた様です。
それでもやっぱり初めての事は 怖いです。小心者なので、
依頼主は太っ腹で、些細なことは言われませんが…
Commented by cenepaseri at 2018-06-05 15:29
> gallery-asabaさん
レースの帽子はもう直ぐ出来る予定です。
洋服も小物と揃えるとよりおしゃれになりますね。
私よりも器用な方は大勢いらっしゃるかと思います。
ただ私は太っ腹の依頼主の様な、エルメスを切り刻んで良いと
言われる方と出会えた事が、ラッキーなのだと思います。
Commented by cenepaseri at 2018-06-05 16:05
> Diary-17さん
欧米の昔の服装はバッグや靴、帽子まで綺麗にコーディネートされていて、
日本の着物と相通じるところが有りますね、日本では洋装で揃えることは難しいですが…
Diaryさんはその精神をお持ちです。

帽子の依頼主はとてもお洒落な方です。お背も高くて、フェミニンエレガンスなのですが
それだけでは無い個性的なタイプです。表現が難しいですが、
お洋服はほとんど、白い色のコム・デOOOOだと思います。それにある時はエルメスのシャーク
(あのバッグにサメの絵のタイプ)ピコタンやビニールのオモチャの様なバッグの時も。
でも不思議とマッチしています。
Commented by Blue-salvia at 2018-06-05 17:40
ぱせりさん、こんにちは〜♪

スカーフを使っての帽子、プロの技は違いますね〜!
とても素敵です。

実は私も、不器用なのに帽子を何個か作りました
息子が児童劇団に所属していたので
衣装は母親の手作りが基本でした。
あの頃、仕事をしながら夜なべしてチクチク。
期限が約1週間なので四苦八苦してました。
Commented by cenepaseri at 2018-06-06 09:01
> Blue-salviaさん
えー、息子さんは児童劇団には行ってらっしゃたのですね。
それは大変お忙しかったのですね、娘はバレエを習っていたので、私も
時々お手伝いをした様な記憶が…年に一度の発表会は親の方が楽しんでいました。
衣装全部ってそれは凄いです、どんな衣装でしょう?
ヘンゼルとグレーテルなんかだと大変ですね。
私は最近は孫の袋物が中心で、2年前にクリスマス劇の羊のモコモコパンツが最後です。
お友達の分まで2着作りました。