青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

Isii Collectionを 訪ねました。

e0397389_12303211.jpg
北鎌倉のお庭の台所のブログでお馴染みのkitaoniさんこと
藤田みどりさんのお勧めのアンティークのお店をお訪ねしました。


骨董通りの南青山6丁目の交差点を根津美術館の方へ曲がって、
最初の角を右へ曲がります。
突き当たりにイシイ・ コレクションがあります。
彼はみどりさんの大学の同級生です。
e0397389_12462256.jpg
入り口を入ってすぐにカードが、
e0397389_12472007.jpg
こちらはドイツのミュンヘンでやった展示会のカードです。
木に挿した鍛冶屋さんの打ち見本のディスプレイだとか…

この朱色の丸い形がいっぱいついてアートしている板は
なんと漆屋さんがお椀を塗って置いた跡がいっぱい付いた台なのです。
e0397389_12515413.jpg
なんか好きです。用の美と言うのでしょうか。

こちらは染めの型
e0397389_12561384.jpg
硬めの紙に模様を刻んだ型です。
e0397389_12562576.jpg
かなりの数があります。
海外の方へのプレゼントにとっても良い感じです。
額縁との調和も大切。

こちらは紅型、まるで欄間のようです。
e0397389_12564396.jpg
入って目立つのがこの大きな階段箪笥、昔から大好きですが…
e0397389_15030010.jpg
木目が美しくて、私が見た事のあるのよりかなり幅広です、
多分欅、ちゃんと聞いて来なかった…すみません。

やっぱりお客様は外国の方が多く
何処かの王子様も来られたとか、
何と無く分かります。
何処か古さの中にシャープな感覚があります

時代を感じる籠、花入れです。
やっぱり綺麗に歳を重ねた感じです。
うちにあるのとは大違いです。
籠好きとしてはテクスチャーが気になります。
e0397389_15024759.jpg
鮑の器、明治の物、グレー地に黒い貫入の様な線が入って、
まるで石を削った様に見えています。
e0397389_15031590.jpg
火鉢も、良い感じです。

この壺は室町時代の物、窯の中でぺしゃんと
押し付けられた様に歪んでいます。
多分横にして焼いたのでしょうね。
e0397389_12565497.jpg
小さな石仏
e0397389_12570585.jpg
弥生土器みたいです。
e0397389_12571700.jpg
須恵器と言うのでしょうか?


入り口手前の、茶室に入るような工房へ

こちらは江戸時代の町の旦那衆の防寒着だそうです。
e0397389_12573553.jpg
こちらは舟板、釘がアートしています。
e0397389_12574211.jpg
これは丸薬作りの道具
e0397389_12575200.jpg
いっぱい丸い穴が空いていて如何にもって感じでしょう?

これは昔の瓦に開けた天窓です。
金沢の物らしい、作業中みたいで 失礼しました。
e0397389_12580282.jpg
立体の額縁みたいに見えます。アートしています。

昔の京都の祖父の家の土間の炊事場の井戸の上にこれと同じような
天窓があって、はめ殺しのガラスがはまってました。

京都の家はうなぎの寝床で 入り口からず〜っと入ると
炊事場を通って、お風呂、離れを経て裏庭まで続きます。
あの家を解体した時もこんな瓦が出たのでしょうか?

そんな昔の事を思い出しながら、
懐かしさのあるアンティークを御説明頂きました。

アンティークの全てがイシイさんのフィルターを通っていて、
古の道具の持つ美しさがにじみ出ています。

下記がこちらの場所になります。
e0397389_15032546.jpg
イシイさん、お時間を頂き有り難うございました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

[PR]
by cenepaseri | 2018-07-11 09:09 | 青山界隈 | Comments(6)
Commented by tsunorun at 2018-07-11 12:09
すてきー!

漆屋さんがお椀を塗って置いた跡の
あれ、わたしその場にいたら食いつきます!!
Commented by mary_snowflake at 2018-07-11 12:32
ぱせりさん、
私が興奮する大好きな 空間ではないですか!^ ^
この場所にいるだけで 時が止まりそうです。
欄間のようなお品、見事ですねー。
掛け軸も 素敵ですし、
私も 漆屋さんが お椀を塗って置いた跡の お台…、
なんだか良いですね。
ブログをしていなかったら、到底目にすることができなかった貴重なお品を見せていただき、ありがとうございます。

Commented by cenepaseri at 2018-07-11 12:49
> tsunorunさん
私も思わず買ってしまいたかった…漆の色が微妙に異なり、仕事の積み重ねが
そのままアートになっている、実に凄い物を見てしまいました。
Commented by cenepaseri at 2018-07-11 12:59
> mary_snowflakeさん
イシイさんがいらっしゃらなかったら、ず〜っと眺めていたに違いありません。
彼の手にかかると、古の道具達がモダンアートに変身します。
また 訪ねようと思っています。
Commented by kitaoni at 2018-07-12 07:30
パセリさん!
御紹介ありがとうございます。
石井くんは元気だったでしようか?
最近、ここ10年ほどお互い忙しくて会っていないのですよ。いいオジサンになってるのでしょうね〜
朴訥でシャイだけれどとてもセンスある男なんです。私は20年程前に蔵戸のテーブルを調達して貰った以外、店に行ってもひやかしの客ですけど......
そうなんですよね〜 彼の手にかかると古い物がモダンアートに変身するから見ていて目から鱗なんですよね〜
Commented by cenepaseri at 2018-07-12 08:55
> kitaoniさん
こちらこそご紹介ありがとうございました。
石井さんはお元気でしたよ、学生時代が垣間見える体型のままで、そんなにおじさんではありませんでしたよ。朴訥、シャイはその通りです、年齢を重ねた青年です。
あの階段箪笥を見て、kitaoniさん宅の家具を直ぐにイメージしました。
何処からか、美しくなる物を見つけて来られる、と言うか、
古の物の見方を変えることを提案なさるセンスの持ち主ですね。