青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

パセリ家の西洋アンティーク達

私は昔からアンティークが大好きで、
今は和洋問わずに古いものが好きです。

まだ独身の頃に表参道で買ったランプ、
ランプシェードがアンティークでした。
他は治して有りますが、買ってからもう…
私と一緒に年を重ねて、
今ではみ〜んなアンティーク。
e0397389_13483691.jpg
左下の貝のピルケースはパリの街角のアンティークのお店で。

右のは鼈甲と鹿の柄のシルバー細工の入れ子の器、4個重なり入ります。
26年位前のでアンティークでは無いけれど、


こちらもパリの街角のアンティーク屋さんで買った
水パイプ、ガラスのグラデーションが気に入って。
e0397389_13484541.jpg
同じお店でアラバスターのボンボン入れを買って
とっても気に入って砂糖入れとして使っていました。
白い蝋石の様な肌にマットなゴールドの着色した花が
彫られていて大好きでしたが、事故に遭い割れました。


こちらのピアノランプはアメリカ製、今も売っているかもしれません。
80年代始めにシアーズの通販で求めました。
だからアンティークとは言え無いのかもしれませんが、
もう随分と昔から長細い形の電球が売られてません。
西武デパート(シアーズは昔、西武がやっていたので)や
ハンズにも無くて、今売っているのは先のランプのと同じ電球が。
しかし、それはではあまり合わないと。
e0397389_13485319.jpg
いつかアメリカで見つけられたら良いなぁ。
(アメリカは行ったことが無いのです)




コレはモンマルトルの裏側の坂の下にあったチュチュリエと
いうお人形屋さんで娘に買ったお土産です。

娘は10ヶ月だったので、これを見て泣き出しました。
お土産と言いつつ自分の為に買ったと言われています。
その通りかも…フューチャーアンティークを目指して
いたのかもしれません。

チュチュリエのお人形は、赤坂の津川雅彦さんの
お店グランパパでもその頃に売っていました。
e0397389_13490449.jpg
黒いチュールのベレー帽の女性です。
顔と手足は、焼き物で新しいのですが、
衣装は全てアンティークの生地でできています。
レースに惚れ込みました。黒い生地はジャカードです。
いよいよ古くなり、生地が千切れます。

70年代にクリニャンクールの蚤の市で買ったアクセサリー
e0397389_15262591.jpg
左下のはボーンを掘ってイチゴにしたブローチ
上の珊瑚色のブレスレットはなんと日本製だった、
かなり昔に輸出されたものと、アクセサリー会社の女性社長が
教えて下さいました。
右の透かしの入ったブローチは貰い物です。


クリニャンクールで古いビーズや色石を集めて、
髪飾りを作っていました、80年代始めです。
小さなサイズがよく売れて、
特別仕様の私用の派手サイズです。

こんな長いビーズは日本にはありません。
e0397389_15265086.jpg
ボディコンシャスワンピースが流行っていた頃、
ジョワジョワの長いヘアスタイルだったので
しっかり髪をかき上げられましたが、
今はショートなので…


コスチュームジュエリーと言うのでしょうか、
アメリカの真っ赤な偽物のジュエリー達。
e0397389_13492133.jpg



e0397389_13493162.jpg
ドレスの撮影などで活躍しました。
ネックレスはこれとそっくりな本物を見ましたが
その頃、家が買えそうなお値段でした。
衣装合わせで一晩お泊りに…こわかったです。


大きなダイヤもこのくらいならご愛嬌。
e0397389_13493855.jpg
変わった石のネックレス、透明な中がワイン色になってます。
ワンピースドレスの衿ぐりの刺繍の図案のイメージに役立ちました。

e0397389_13494980.jpg
アメジストとペリドットのブレスレット。
これはちよっと本物っぽい?


この下に敷いたハンカチはルル・ギネス。これは日本製だけど、
彼女のバッグは最高にアートしたバッグで、(買えないけれど)
飾って置きたい気がします、が、それじゃ 申し訳ない感じです。
使ってこそのバッグです。きっと時間が経てば素敵なアンティークに。
e0397389_13500092.jpg
このハンカチもストーリーがあります。
ドアが開き、窓にはカーテンやお花が刺繍されて、
縁飾りは細い糸でのかぎ針編みです。

何かの時に持ってゆくだけですが…

にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cenepaseri | 2018-07-12 09:13 | アート | Comments(7)
Commented by t_hcmoto at 2018-07-12 10:33
ぱせりさんの審美眼によるコレクションですね。
解説を読みながら、深く見入りました。
Commented by cenepaseri at 2018-07-12 12:53
> t_hcmotoさん
若い時はお金が無かったので(今もだけど)蚤の市で夢を買っていました。
ガラクタばかりですが、身の丈に合ったものなのでしょう…
Commented by taekamede at 2018-07-12 21:21
素敵なアンティークの数々、新しい物にはない良さがありますね~。ここでしか手に入らないかもしれないと思わせるのも、魅力の一つですよね~(^^♪

以前はファッション雑誌を見ると素敵なアクセサリーなんかだいたいスタイリスト私物とか書いてありました~。手に入らないものって惹かれます(*^-^*)
Commented by cenepaseri at 2018-07-13 08:38
> taekamedeさん
若い時は もう逢えないかもと思ってついつい買ってしまいます。
差し上げたり、無くしてしまった物も多くて、もう着けはしない物ばかりです。
なのに捨てられない…娘は興味が無いのです。本物限定みたいです。

スタイリストの私物は関心があります。
友達のスタイリストの在庫整理で何だか貰った記憶があります。
あの人達はいざという時の為に、何でも持っているのです。
Commented by olive07k at 2018-07-13 09:40
素敵なお部屋ですこと!
画像に 目が釘づけ♪
年数を重ねた数々のお品
貴女様の生き方が 心地好く 伝わります。
私も古いものが好きです
鎌倉の骨董屋さん お訪ねしてみたいです

↓ こちらのHPのご婦人(ローズさん)とは
安井かずみさんの記事がきっかけで むかーしの私のブログで
コメント交換が続き
飲み仲間となり♪
 こちらのお店のアンティークものを
隠れ家でランプなど利用させて頂いてます
https://rosering.exblog.jp/29928726/
以前のお店が 駅前の古いビルに移りましたが
それはそれで いい雰囲気の(^^)

クッション
孫は居りませんが(38歳の息子は 独身 笑)
手作りのこんな クッション 欲しいです♪
Commented by cenepaseri at 2018-07-13 14:50
> olive07kさん
忙しさにかまけて 手入れも何もしていないので、お恥ずかしいのですが。
自らと同じで、皆んなアンティークになっております。
ローズさんのホームページを訪ねてみようとしましたら、
このNo.はどこか違っているかも…です。
子供の結婚は突然です。うちも気も無かったのにあれよあれよと言う間でした。
厄年に行きました、きっと息子さんより1こ上です。
Commented by cenepaseri at 2018-07-13 15:30
roseさんのブログへは行けました。ゆっくり見せて頂きます。