青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

実家から持って来た骨董品?

大阪の実家から持って来た、夫に言わせると我楽多達。
全て父方の物です。

これは香炉かと思います、言われは?
e0397389_11270615.jpg
仏壇の使用済みマッチ入れに使っていた。

仏壇の隅から出て来た小さい彫刻
e0397389_13521107.jpg
誰が彫られているのやら不明です。
アイボリー見たいのは福禄寿?
お辞儀スタイルはあの彦九郎?



こちらは父が大切にしていた、祖母の煎茶器。
祖母も祖父も 私の生まれるずっと前に亡くなっています。
e0397389_11275503.jpg
能く判りませんが、三越謹製の刻印があります。
多分、大正時代か昭和初期の大阪北浜の三越です。
一家は 桜ノ宮辺に住んでいたと聞きました。


この木箱は千両箱の小型の様です。
e0397389_11290308.jpg
中は引き出しが、隠し引き出しになっていて、
引き出しの後ろが又引き出しになってます。
e0397389_11294891.jpg
実はこの奥の引き出しの中に、
三越の領収書が数枚入っていました。

この黒い箱は父が菊の御紋が入っていると 常々言っておりました。
でもこんな汚い菊の御紋の箱がある?
e0397389_11300743.jpg
昔の櫛と簪を入れてます。

父は転勤が多かったので、古いものはほんの少しだけです。
親子ともにしょうもない物を大切にする家系らしいです。

父の生まれた頃からある、踏み台。
昔の大工さんは、まずこれを作って腕を磨いたと言ってました。
e0397389_11302843.jpg
大正時代だけれど、昭和の雰囲気がします。
今も使っています、便利です。
丸い穴は、くずかごなのです。

江戸時代初めの古地図や刀剣類は弟が持っています。
ズサンなので ちゃんと持っているか、知りません。

にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cenepaseri | 2018-07-21 09:05 | アート | Comments(6)
Commented by NT-patientless at 2018-07-21 10:58
お写真のものは全部ええもんばっかりなんですやろなぁ
その中でも、櫛に目ぇが釘付けになってしまいましたわ
二重の引出しの子箱は、同じ様なんが昔うちの家にもありました
うちにあったんは、こんなエエもんと違ごて
安モン丸出しのもんでしたけどね・笑
Commented by gallery-asaba at 2018-07-21 11:51
昨日はお暑い中をありがとうございました。
お喋りに花が咲き、楽しいひと時でした。

どれもこれもお使いになっていらした人の温もりが感じられ、とっても味わい深いですね。
時代を経てきたものに魅せられる由縁ですね。
香炉の獅子が何だかおどけていて、可愛い〜。
是非お孫ちゃんに引き継いで貰って下さいね。
Commented by cenepaseri at 2018-07-21 13:03
> gallery-asabaさん
こちらこそ、長いお時間有り難う御座いました。
ただいま、編集中ですが、またまたキチンとお話を聞いてなくって…

今日のブログは お話ししていたしょうもないものばかりで、お恥ずかしかったのですが、
これも私の家系と思って笑いを取りにいっております。
Commented by cenepaseri at 2018-07-21 13:15
> NT-patientlessさん
くだらないものばかり集める家系なのです。母方の京都の祖母が亡くなった時は床下から、
五円玉が糸に繋がれカメに3つほど出て来ました。祖父は箱一杯の宝クジ、
ほんまにどっちの先祖もええ加減なものを残しています。
二重引き出しの小箱はきっと昔の貯金箱に違いないと思っています。
櫛や簪は母の物かもしれません、少し皆よりマシかも…
Commented by mary_snowflake at 2018-07-21 18:42
ぱせりさん、こんにちは〜。
こちら、私が、骨董品屋さんで よく似ているものを見かけて そして手が出ないお値段がついているので 静々と帰って来るようなものばかりです。
お宝ばかり。 特に 香炉が好きです。
羨ましくて 今夜は眠れそうになありません、笑
Commented by cenepaseri at 2018-07-22 08:45
> mary_snowflakeさん
本当にしょうもないものばかりで、お恥ずかしい限りです。
先先代辺りからそうなのかも知れませんが、実用性を重視するあまり、妙なものが多かった様です。香炉は磨きが掛かって何の動物か判りませんし、小さな置物は片付ける時に初めて見ました。サファイアさんちのお宝は、今のも昔のも、そのままで十分、文化財ですよ。
サファイア・コレクションになります。お宝を惜しげも無く使われ、きちんと手入れもされる、その度胸と裁量が素晴らしいです。