人気ブログランキング |

青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

縫製仕様書その他が見つかりました

e0397389_13393067.jpg
16日のブログで縫製指図書やその他の資料が
見当たらないと書きました。

なんとなんと、違う物を探していたら、
一番下の引き出しから見付けました。

皆様には御心配や御指導を有難う御座いました。
やっとこれでホッとしました。
e0397389_13401665.jpg

こんな感じに…
引き出しを開けたらそっくり入っていたのです。
この引き出しは雑誌の切り抜きの中の選りすぐりを
入れて置く所で、なんで…か分かりません、
ずっとB-4のファイルに入れて置いて、
その透明ファイルが必要で、一寸ここに入れたのかもです。

何はともあれメデタシメデタシ、
決定指図書を作ってもらう前で良かった。
やっぱりたえかさんの御長男の名言、
「大切にされた物は持ち主を嫌わないよ」
が効いていました。


S〜3Lまでの指図書、グレーディング・ピッチが入っています。
こちらはワンピースやラフなブラウス、チュニック用です。
e0397389_13315983.jpg
こちらは7AR~17ABR迄の長袖ジャケット用の指図書
e0397389_13321857.jpg
ボトム用です
e0397389_13562208.jpg
ここまではもう暗記しているくらいの
サイズ・ピッチだったりしますが。

中でも二度と出来ないのがこちらの
ニット用の指図書です。
e0397389_13322594.jpg
今は亡き大先輩のニットデザイナーに
仕事を 手伝って貰った時の指図書です。
元はA-3サイズでしたが、
私がB-4サイズにしたものです。

ハイゲージのニットの仕事の時は
布帛と同じ指図書を使いますが、

彼女は文化服装のニット科出身で、
根っからのニットデザイナーなので
5分の1での平面のパターンなのです。

カシミアの企画もやっていたプロです。
布帛もニットも両方企画する私は、
パターンと同じで、専門性に乏しいので、
困った時にはサンプルを抱えて原宿へ、
彼女の元へ走りました。

こういう始末にしたいと言えば編み目を
チャチャっと描いてくれます。
親分肌で、気っ風の良い、優しい先輩でした。

S屋の商品部出身者でやっていた忘年会も
彼女が居なくなったので終了しました。

中国やモンゴルと仕事をしていた彼女の指図書は
各項目まで中国語と英語も併記です。こんな漢字は
日本のパソコンには有りません。

だからこの指図書は先輩の形見と思っています。
e0397389_13323747.jpg
彼女に手伝って貰ったサンプルはいつもしっかり上がりました。
もう少しだけでも生きてて欲しかったです。
御自分でも信じられなかったと思います、早過ぎた人生でした。

e0397389_14462519.jpg

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2018-09-25 09:00 | ハンドメイド | Comments(6)
Commented by uransuzu at 2018-09-25 09:17
大切にされたものは、持ち主を嫌わない
に、共感します。
プロのお仕事を垣間見させていただきました。
Commented by cenepaseri at 2018-09-25 09:54
> uransuzuさん
指図書は作り手と工場を行き来する大切なツールとして完成度が要求されます。
この先輩に協力して貰った時の仕事は私の不得手な超大量産でしたが、
なんとかなりました。ただこの先輩はPCが全くダメなのです。(私も苦手ですが)
今では提出書類も皆入力ですので、私は夫に頼んでますが…
ニットは配色もPCで出さなければならないので大変です。
手ぶくろさんのブログでもちゃんと写っていましたね、
島精機だったら色数が凄いです、研修も大変だと聞きました。
Commented by gallery-asaba at 2018-09-25 13:24
見つかってよかった!
素晴らしいものですね。
縫製指図書って、種類によってこの様に出来ているものなのですね。
ぱせりさんはいい先輩をお持ちだったのですね。
大切なお宝ですよね。

お写真の可愛いお花、何という名前でしょう?

Commented by taekamede at 2018-09-25 13:39
見つかりましたか!本当に良かったですね!
2回も長男の名言を書いて頂いて親バカな私はシッポをブンブン振っています。
しかし、いい話ですね!困った時は、専門の先輩にお願いできるのもパセリさんの人徳なんですね!
その先輩のニットに対する情熱が、三か国語の企画書も可能にしたのでしょうか、素晴らしい先輩だったんですね!
Commented by cenepaseri at 2018-09-25 15:35
> gallery-asabaさん
ありがとうございました、本当に良かったです。
もうあんまり使う事も少なくなりますが、でも無いと困ってしまうので。
ニットの指図書を見て先輩を思い出してしまいました。
いっつも困った時は優しい先輩の所へ、喝を入れて欲しい時は厳しい先輩の所へ、
その二人は大親友だったのです。上手くバランスが取れているものです。
ごめんなさい、このお花の名前はわかりません、最近よく見るのですが…
Commented by cenepaseri at 2018-09-25 15:59
> taekamedeさん
本当に御長男さんのは名言です。胸にズンと響きます。
私には困った時は友より先輩です。
後 手先の器用な若い子もいました。
その道での専門職は大事です、
オールマイティーの人は居ませんものね。