青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

カメヤマローソクCMの写真

NTさんから、カメヤマローソクのCM写真のリクエストが
ありましたので、探して見たら有りました。ただ
そんなに面白い写真では無いのでおまけも付けます。

カメヤマローソクの撮影用のウエディングドレスを頼まれ、
着る方は中田喜子さん、赤坂のスタジオへ仮縫いに行きました。
何の番組かは知りませんが 控え室で仮縫いを、

お若いです。CM衣装は予算が厳しいので、
凝ったレースは高いので、レースの胸元部分を
私が綺麗にほどきました。分からないでしょう?
e0397389_14090644.jpg
社長さんが彼女のファンだそうで、
で、新郎が居ませんね…

スタジオでは若き日の大竹しのぶさんも見ました。
今は好きですけれど…


こちらのポラは高見山さんのブラインドのCMです。
ムービーだったのでちゃんとした写真がありません。

このイタリアン・トリコロールは生地を接ぎ合せて
作りました。とにかく面白い人で、楽しかったです。

予算が無いからとスタイリスト兼だったのです。
採寸にはメジャーを2本持って行きました。

このパジャマの他にスーツとシャツと
エルメスのスカーフでネクタイを作りました。
スーツはお相撲さん専門のところがあって。

シャツは西武デパートへ行き相談すると
採寸にデパートの方から行ってくれて、
お値段も普通にして頂けました。
e0397389_14100098.jpg
このパジャマを縫ったのは三田にあったニコニコファクトリー。
元パタンナーでSサイズの二人が 縫い上げた後、
パンツの足に二人が入って記念撮影してました。

この帽子と靴下は私が縫った、
靴下は少し大きかったみたいです。

お昼は高見山関の美人の奥様からの
美味しい差し入れもありました。

さて午後の仕事で撮り直しが有って、
気付けば、高見山関の息子の弓太郎くんが
小物のキャップをかぶって帰ってしまった、

で、私が叱られた…管理も仕事のうちでした。
もう一個違うのが有ったので、何とか…



こちらのモロゾフのポスターは私が一番好きな作品です。
おばあちゃんと可愛い男の子
e0397389_15034201.jpg
生地は全て銀座のカワムラシルクで予算が少し足りずに
スカートはシンデレラみたいに前が割れて下のスカートが
見えてるのですが、見えない後の下はシーチングなのです。
この上がりでは何も分かりませんが、写ったら大変です。

男の子のお袖はスリット入りで、配色が見えるはずだった。
おばあさんの袖もループ飾りが付いてます。
凝り凝りの作品です。

こちらの衣装と先のウエディングドレスは
オートクチュールの縫製の方に縫ってもらいました。

テクニックが異なるのでアイテムによって
縫製者が変わります。

カジュアルはすっきりシャープに…
クチュールはふんわりエレガントに…

スタイリストは石渡久美子、二人で凝りまくって居ました。

また、古いカレンダーを見付けてしまいました。
それはまた今度…

にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cenepaseri | 2018-09-26 09:00 | アート | Comments(20)
Commented by olive07k at 2018-09-26 09:52
中田さん 今でも あの頃と変わりませんねェ(羨)
それにしても 沢山の活躍をされていらしたのですネ paseri様!!

若い頃は 鈴屋ファン
新宿の上階のカフェで 食べた(回想)
サンド(パンを押した)も好きでした♪
Commented by cenepaseri at 2018-09-26 10:07
> olive07kさん
私の最初の研修はその雑貨売り場でした。
今イラストレーターをやってる木原四郎さんがデザイナー兼商品責任者でした。
懐かしいです。ブンブンでしたか…カフェ有りましたね…
その後は商品部でキャリアゾーンやコート、リゾートを担当してました。
土日は新宿店の売り場協力だったので、きっと有ってますね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-09-26 10:14
こんにちは
素晴らしい技術と、素敵な経験をされてるんですね。
自分はIT業界なので、服飾の世界とは縁が乏しいのですが、
どの世界にも、華やかさの裏には苦労があるのだなと思いました。
中田喜子さんは、プレバトに出演され俳句を作ってられるので、
最近ファンになりました。美しくて、頭もいい方ですね。
Commented by t_hcmoto at 2018-09-26 11:11
すごいですねぇ~~~
手ぬぐいポシェットからウェディングドレスまで!
何でも来~~~い!
ぱせりさん!すご~~~い!
Commented by mary_snowflake at 2018-09-26 11:14
ぱせり様、様をつけて 呼ばせていただきたくなる程にご活躍され、今がおありなんですね。
高見山関のこちらのCMは パジャマにインパクトがあり、よく憶えています。
親族がテレビ局関係の仕事をしていて 様々な苦労は少しだけ 聞きかじっていますが、服飾の方も 華やかなお仕事の裏のご苦労をもたれ、素敵に作り上げられるのだと思いました。


Commented by cenepaseri at 2018-09-26 11:34
> tabi-to-ryokouさん
そんなに出来なくてもなんとかなる時代でした。
腰の軽さだけが取り柄で、なんでも出来ないとは言いませんでした。
今は逆にフォトショで色違いを作れと言われる方が辛いです。
切り貼りで出来る事なら(笑)
最近は私も俳句や短歌が面白いと思うようになりました。
日曜日の朝の番組ですが…
中田さんは昔より若く感じるこの頃です。
Commented by cenepaseri at 2018-09-26 12:29
> t_hcmotoさん
厚い皮革以外は何でも作ります。
プラスチックの背びれ付きの服も作りました、紐で釣るんですけどね。
夫が元は舞台美術をやってたので、歯が立たないものは頼みます。
作れる範囲は少しづつ広がります、お料理と同じですね〜
Commented by cenepaseri at 2018-09-26 12:46
> mary_snowflakeさん
私は昔も今も変わらず作業班です。私などは衣装だけですが、
TV局勤は大変だと思います。ディレクターをやってた方は
靴を履く暇が無いと突っかけで打ち合わせに来ましたよ。
もう今は皆んなバタバタとはして無いでしょうけれども…
Commented by pikorin77jp at 2018-09-26 13:45
凄いですね~~~ こんなCM
の作品を作っていらっしゃったんですね!
Commented by cenepaseri at 2018-09-26 14:02
> pikorin77jpさん
80年代はバブルへ向う時代で広告費も潤沢でした。
結局は服を作って居ただけなのですが、時代と共に
変化しました。
Commented by NT-patientless at 2018-09-26 15:02
早速リクエストに応えて下さって有難うございます!
あははは、カメヤマの社長の意向か はたまた配慮の為か
新郎が居ないところが受けますな
うちはテレビを置かなくなって長いので
最近の姿を知らないせいか、中田嘉子もそんなに違和感なく見れますわ

モロゾフのを拝見した時は、全体を見たいって思ったんですけど
ふむふむ、なるほど見えている箇所だけで満足しておいた方が
いいこともあるんですね

月並みな表現しか出来なくて申し訳ないんですが
どれをとってもプロの仕事って凄いですね
只々感心してしまいました
他にも、まだまだ驚くようなものが有りそうなんで
これからも楽しみっすよ♪
Commented by grace83188 at 2018-09-26 15:12
パセリ様こんにちわ。
素晴らしいお仕事♡
懐かしい映像です。その頃は私は、
「これもどなたか作っているのだろう、」
なんて、思ってもみなかったボー〜ッと生きていた時期です。チコちゃんに怒られますね。(笑)

何ひとつとっても、〝手〟で作られているんですよね。。。

歩いてこられた道を楽しみながら思い出せるなんてとても素敵です。
もっともっと見せてください。
Commented by cenepaseri at 2018-09-26 15:31
> NT-patientlessさん
古い資料を引っ張り出すと、え、こんな物がと色々思い出します。
すっかり忘却の彼方に行ってるものが多くて、記憶が繋がって行きます。
亀山ロウソクのキャンドルサービスが一人でというのは、昨日気付きました。
この頃はまだあまり二人でと言うのは流行ってなかったのでしょうね。
それか社長の思惑か?
モロゾフのポスターのドレスはパッと見た目には分かりませんが
オーバースカートを少しめくると、驚きます。
もっと面白い仕事もあったのですが、お見せ出来る資料がありません。
楽しくお仕事をさせて頂いた良い時代でした。
Commented by cenepaseri at 2018-09-26 15:42
> grace83188さん
私怖いもの知らずなので何でも受けてしまいます。
ぎりぎりセーフの時だってありますけれど、大体何とかなりました。
一緒に仕事をしてくれたスタイリストやパタンナーさんのお陰です。
勿論縫ってくれた方々も、
チコちゃんは先日知りました、良いキャラで大好きです、
あの方関西弁が少し有りましたね。
Commented by bluerose-lace at 2018-09-26 16:04
コマーシャルの裏には大変なご苦労があったのですね。
要望に応えて、何でもつくられるなんて凄いです。
積み重ねて来られたのですね。
Commented by cenepaseri at 2018-09-26 16:38
> bluerose-laceさん
若くて元気いっぱいだったので、楽しく仕事をさせて頂きました。皆んなでワイワイ知恵を絞り、何とかなったような、、
ただ、スタイリストさんは夜中でも昼夜問わずなのでそれが一番大変だったような気がします。
Commented by gallery-asaba at 2018-09-26 18:36
お忙しくお仕事をされていた頃のお話、とっても楽しく読ませて頂きました!
中田さんや高見山さんのCM、覚えています。
色々なご苦労や苦心がおありだったのですね。
年月が経った今のぱせりさんも、ガッツのある所、全然変わっていらっしゃいませんね〜。
Commented by olive07k at 2018-09-26 20:12
ブンブン、そうだったかも♪
あの頃の鈴屋は 現代(今)のルミネのような センス☆
ツナと玉葱のサンドが懐かしいです!
Commented by cenepaseri at 2018-09-27 09:27
> gallery-asabaさん
少しでも覚えていて頂けてとっても嬉しいです。
あの頃は私の周りはオキテ破りの面白い人ばっかりで、苦労はあったかも知れませんが、
忙しくて考えたりする暇がありませんでした。
私は誰かと競争する事が苦手なので、人は人 全くゴーイングマイウエイと思っていました、
今の私にガッツありました?へ〜それは嬉しいです。

Commented by cenepaseri at 2018-09-27 09:36
> olive07kさん
あの頃の鈴屋はブランドコーディネートの発想が無くて、アイテム毎に担当が違うので
バラバラでしたが、よく売れていて忙しかったです。
ブンブンのフロアは楽しかったですね、スマイルバッジが流行っていたので、
工作機もあったし、小さいぬいぐるみも売ってました。