青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

ロアラ・ブッシュでティータイム


女子会はお腹をすかせて1時頃のランチに
なってしまったので写真を忘れました。💦

店頭は春の写真でごめんなさい。
e0397389_16262169.jpeg

青山八兵衛はすし居酒屋で銘酒&山形牛が売りで、
ランチは握りか海鮮上ちらし丼がオススメです。
他にも色々、焼き魚定食やハンバーグもあります。

で、三人とも海鮮上ちらし丼になりました。
周りの方も皆同じ、お得感がある様です。
サラダバー付き、お味噌汁付きです。

写真は皆様の投稿の分ですが…
e0397389_11223266.jpeg
e0397389_11224090.jpeg
勿論ビールは飲みます。
ランチ生ビールは琥珀エビス!
(グラスはもう少し小さいです。)
e0397389_11224851.jpeg
周りは皆さん若い方達で、平日のお昼なので、
ビールは私達だけ、なんか得した気分です。

e0397389_11225646.jpeg
Mちゃんがお米が美味しいと言っております。
お刺身もそれぞれの魚が美味しいです。

甘エビの頭入りのお味噌汁。
e0397389_11230423.jpeg
これだけで2160円、他にも小鉢などが有りますが
三人共にもうお腹が一杯です。

お腹ごなしにお散歩、角を曲がった所に
アクアガールが有ったので入ってみます。

インポートのセレクトショップだったので高いと
思っていたら、オリジナルニットが有って
これがお手頃価格、ざっくりした編み地の
シルバーグレーのリボンが編み込まれたビッグセーターを
Mちゃんが、自分の快気祝いに(ポリーブを取った)

カシミア60%、ラクーン40%のワイン色のオフボディの
セーターをYちゃんがもうすぐ結婚記念日だからと、
パパのカードで。(笑)

私たちの会話に売場の女の子は笑いっぱなし、
その子のお母さんと私達は同年齢らしく、
お若いですねとリップサービス。
頭の中は20代のままかも…笑い皺に気を付けてね。

Mちゃんはまだ厚底靴を持ってるらしい、
Yちゃんはヒール党です。
三人共背は高くありません。

Mちゃんはベルコモンズにも居たので、
あの3丁目の角の更地を見たいと…
2020年に向けてホテルが建つらしいです。

さて3時になったのでティータイム、
渋谷4丁目のロアラブッシュに行きます。
港区と渋谷区の境目なのです。
e0397389_16353034.jpeg
5月18日のブログに書いた、あのミュージアム1999
ロアラブッシュ、エルテが一杯の美術館の様な建物です。
千葉常五郎邸、1934年に黒川仁三設計です。
地下のプールは今はワインセラーになっています。
e0397389_16355168.jpeg
入り口のライオンの噴水(と言うのでしょうか?)

入りにくいのを頑張って入る。誰も居ませんし…
あの二人は付いて来ない…表で写真を撮ってる。

入って直ぐのレセプションが向かいの鏡に映って、
どちらへ声を掛けていいのか…目が眩みます。

お茶をしに…と告げると、どうぞと案内される。
素敵な絨毯敷の螺旋階段、頭上にシャンデリア、
壁には絵画や壺が。(危なくてノー写真)

二階の広いお部屋は元寝室で先客が二人だけ。
e0397389_16360135.jpeg
美術館でお茶の感じです。

右の四角い大きな柱の中は一階の暖炉の煙突、
窓辺のここはバルコニーだったそうです。
今はサンルームになっています。

床も大理石ですが象嵌の様に真珠貝が
散りばめられてるように見えます。
少し光って…初めて見ます。
e0397389_16361135.jpeg
壁には勿論エルテだらけ。

日が陰って、渋い照明が撮影を困難にしています。
撮ったけれど、意味不明になったので消しました。
e0397389_16381080.jpeg

エルテは40年前にスパイラルで展覧会もあって
ファッション業界でも 再大流行しました。
このお部屋も建物もみんなアール・デコです。

テーブルはピンクの大理石、奥のバーカウンターも
あちこちがピンクの長〜い大理石。
昔どこかでこの様なピンクの大理石はイタリアからって
聞いたことが有ります。そこは不明らしい…
色々、お店の方に尋ねながら…

お茶とケーキをお願いします。

Mちゃんはアイスコーヒーとガトーショコラ
e0397389_16382025.jpeg
 
Yちゃんはコーヒーとチーズケーキ

e0397389_16383115.jpeg
私はアイスコーヒーとベリーのムース。
e0397389_16384099.jpeg
ふわふわっと軽くて、カロリーノーカウント
な感じです。三種のベリーとマスカット、無花果
お皿もシンプルなアール・デコ調。

いつの間にか私達だけになったので、
綺麗なガラス工芸を 撮影する。
e0397389_16384715.jpeg
なんて言ったら良いのでしょうね。
見せ方も綺麗すぎるアートです。

これは器です、割れ山椒の様な形にカットしてあります。
どこの誰の作品か、とにかく聞き出したら全部で…
ツアーガイドの様になってしまいます。
e0397389_16391158.jpeg
この部屋は夕方からは会員制のバーになります。
昨年までは会員以外はパーティーのお招きが
無いと入れませんでした。

こちらも殆ど貸切状態の穴場でした。
私ももう少し探検したかったのですが、
また誰かと 来た時に続きを…

二人もこちらには大喜びです。
きっとまた誰かと来ようと思っています。
お得な平日ランチもあります。
他のお部屋も見てみたいです。

1階では今夜のパーティーの準備が着々と
進められていました。
それでお花屋さんのトラックが有ったんですね。

のぞいて見たい気持ちを抑えて
澄まし顔で おいとましました。


にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cenepaseri | 2018-11-05 09:00 | アート | Comments(14)
Commented by Grace-K52 at 2018-11-05 09:34
今日は。
大昔に結婚式や何かのパーティで、何度か訪れたことがある「ハウス1999」。
今でもこんなに素敵なお屋敷だとは存じませんでした。
会員でなくてもランチがいただけるのですね!
お写真を拝見して、また是非行きたくなりました。
ご紹介、ありがとうございました。
Commented by fsnoteak at 2018-11-05 11:53
ロアラブッシュ、とても素敵で
会員制というのが納得です。
豪華な気分でのお茶、素敵ですね。
ポリープを取られたと、
お大事になさってください。
美味しいランチと素敵なTea Timeが
癒しのお薬ですね。
Commented by Diary-17 at 2018-11-05 12:14
こんにちは
パセリさんのお宅から徒歩圏内でこんなに濃厚な1日が過ごせる事が楽しいですね。
お友達の皆さん達との会話が聞こえてくる様です。
Commented by cenepaseri at 2018-11-05 12:34
> Grace-K52さん
私は近所に住んでいながら、ご縁が無くってTVの番組で紹介されていたのを見て、
とても行きたく思っていました。
パーティーは存じ上げませんが、夜も地下のバーのピアノ演奏など
少しの時間を優雅に過ごせそうです。
ご近所さんもおっかなびっくり来られるそうで、皆様入りにくいと仰るようです。
私だけじゃなかったのですね、次回は堂々と(笑)夫以外とランチに行きます。
Commented by cenepaseri at 2018-11-05 12:45
> fsnoteakさん
本当に素敵なティータイムでした。
お手入れせずにお手入れされた物を見たりできるって最高です。
青山の他のお店と変わらないお値段で、静かにゆっくり、目の保養も…

ポリーブは友人が取りました。
私は1年半前に憩室炎で2週間の点滴入院をしましたが、
まだ、再発の可能性があります、欧米の方とは違って、盲腸の上なので、
慢性虫垂炎の感じです(虫垂炎は高2で取っています)食べ過ぎ注意なのです。
Commented by cenepaseri at 2018-11-05 12:54
> Diary-17さん
私達には珍しいけれど、
ダイアリーさんはこの様な建物に住まわれているのですものね。
日本では洋館は寒いと言って建て替えが進んでいます。
お手入れが出来ないのでしょうね。
このティールームは遠くのバーカウンターに男性が待機していて、
私達だけで話したい放題で、久々に賑やかだったに違いありません。
独身の友人から もしもの事が有ったら、スコティッシュ・ニャンコの
花見ちゃんのお世話を頼まれてしまいました。(ポリーブ除去で弱気になってる)
Commented by Diary-17 at 2018-11-05 16:47
こんなお城みたいな家には住んでいませーん。笑
ヨーロッパの古い家は天井が高くて寒いかもしれない。でも100年を越す古い建物は大抵、二重窓で今は何処でもセントラルヒーティングで冬も温かいです。新築だったら床暖房も流行っています。
Commented by NT-patientless at 2018-11-05 17:02
あんね2~3日住むとこ交換せぇしません?
素敵キラキラ青山ばっかりやったらメリハリが
あらしませんやんか。そやしド田舎のボロ・アパートに
滞在してみはって、その酷さも書いてみはったら
より幅が出ますで~

すんません、私の中の”ひんねす”が言わせました(笑)
Commented by purikitirox at 2018-11-05 19:47
ぱせりさん、松岡美術館にもまた行かれて
いい女子会でしたね~
ロアラブッシュは昔ランチしたことありますが、
もう久しく行っていません。
ぱせりさんたちのように素敵なティータイム過ごしに
行きたいなあ。
その前に福井の望洋館(名前間違ってたらごめんなさい)で
焼き鯖寿司もね!
Commented by gallery-asaba at 2018-11-05 21:49
松岡美術館の唐三彩馬、素晴らしいですね。
気心の知れた仲間との女子会は、楽しさも一入ですよね。
盛り上がった会話や笑い声が伝わってきそうです。
ランチも美味しそう!
ロアラブッシュは、以前ご紹介下さった時に行ってみたいなぁと思っていました。
建物も調度品も素晴らしいですね。
ケーキもどちらも美味しそうだし、ほんと素敵ですね。
Commented by cenepaseri at 2018-11-06 09:01
> Diary-17さん
欧州の寒さの中での生活はセントラルヒーティングなのですね、
暖炉だけでは凍えてしまうに違い無いと思います。
ダイアリーさんのお宅はもっとモダンですね、でも何処かで
シャンデリアらしき物を見た様な…
Commented by cenepaseri at 2018-11-06 09:13
> NT-patientlessさん
ひんねす、へんねし、って言ってた様な、京都弁は発音が微妙ですね。
私は欧州の侘しい安宿も好きです、5つ星ホテルよりず〜っと趣が有りますし…
立派なホテルはあれこれ見張られている様な所が一番嫌です。
日本のホテルもどちらか言うと小さな所かビジネスタイプの方が無機質でいいです。
そやけど田舎の家は虫が入って来るのが辛い…(そんな事ない?って?)

Commented by cenepaseri at 2018-11-06 09:22
> purikitiroxさん
女子会はこのところ私企画が多いので、例を挙げて何処にする?と尋ねると
松岡美術館に決まりました。上野か多摩の動物園や、深大寺植物園も候補でしたが。
福井望洋楼で焼き鯖寿司付きの蕎麦ランチして、
青山ブックセンター若しくは山陽堂で本を探して、
ロアラブッシュでティータイム。それ最高ですよ。(平日限定ですが)
Commented by cenepaseri at 2018-11-06 09:29
> gallery-asabaさん
はい 唐三彩馬は最高でした、兵馬俑みたいな感じかと思っていたら、
形も色も素晴らしい物でした。
私達の若い頃アンティークが大流行りでした、ロアラブッシュは古いものが
イキイキと若いままの姿で建物と共に存在しています。
浅羽さんのお得意分野ですものね、是非チャンスがあればご一緒したいです。