青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

中原淳一さんの手袋を見にヒカリエへ


手ぶくろさんの11月7日のブログを見て
渋谷のヒカリエに行ってきました。

中原淳一さんは私たちのお母さん世代の
最も有名なデザイナーの一人です。

私が何も説明もしなくても皆様ご存知ですね。
でも彼が手ぶくろ市出身とは知りませんでした。

渋谷ヒカリエへは青山からは青山通りを下って行きます。
宮益坂で横断歩道を渡ります。
e0397389_15244194.jpeg
渡った所の花壇です。GSの手前です。

右手にタパスのお店、陽気な感じで
いつか行ってみたいけれど…
e0397389_15244889.jpeg
直ぐの左を曲がってエスカレーターで上がると
ヒカリエの4Fです。
宮益坂の上はヒカリエに繋がっていて、
渋谷駅からはいつもここを通り抜けます。

そこからエスカレーターで下って
有りました。 中原淳一コーナーです。
e0397389_15245646.jpeg
中原淳一さん×キティちゃんのコラボアイテムが
有りました。


中原淳一ワールド全開です。
色んな雑貨がいっぱいです。
ファイルや便箋、カレンダー、ポーチ。
e0397389_15250590.jpeg
傘、タオル、マグも缶バッジまで、


有りました、手袋! アルタクラッセさんの商品です。
赤と黒、オフ白もあります。
折り返しの部分にキュートな猫の刺繍入りです。

e0397389_15251277.jpeg
下の段では彼のデザインのブラウスや
プルオーバーが並んでいます。

大ファンの方が二人であれこれ探しています。

とうとうフレンチスリーブのブラウスを見つけて
きゃー素敵!と小声で騒いでます。

中原淳一さんのイラスト通りのデザインです。
そりゃあ 嬉しいに違いありませんね。

e0397389_15251743.jpeg
手袋可愛いです。(グリーンは無い、しつこい)
ニットのタイプも皮革タイプもあります。

プレゼントにも良いな…と思います。
きっと大事にして貰えそうですね。



中原淳一さんの奥様は元宝ジェンヌの葦原邦子さん。
ひまわりソレイユの本は古本屋さんで買ったので
私はリアルタイムではお二人の事は存じません。

青山に引っ越した時、青山通りの
ユアーズの向かい側あたりでした。

住んでいた南青山3丁目のアパートに
向かう角にとんがり帽子の時計台が
天辺についた青い建物が 有りました。

1Fはブティックで、狭い階段を上った3Fが
シャンソン歌手の中原蒼二さんのお店でした。

遊びにおいでと言われて、一時 入り浸って
いました。お姉様の芙蓉さんも参加して、
お喋りしたり、蒼二さんの歌を聴いたりしていました。
色んな有名無名の方がお客様でみんなが
お友達になってしまう様な楽しいお店でした。

でも私が忙しくなっていつの間にか疎遠になって…
本当にすぐ近くに居たのですけれども…



ヒカリエでこの子が (collexってアバハウスらしい)
アラビア陶器やロイアルコペンハーゲンに
押され気味で、肩身が狭そうでした。
e0397389_15252447.jpeg
ポーランドの小皿です。
アバハウスのオリジナルの絵らしい。
e0397389_16005710.jpeg
30%オフでしたので…
オーバルの器も有りました。

あんまり増やすと叱られます。
直径10cm可愛いサイズです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

[PR]
by cenepaseri | 2018-11-13 09:00 | 青山界隈 | Comments(10)
Commented by taekamede at 2018-11-13 09:54
イラストと同じデザインの手袋、プレゼントに送ったら喜んでもらえること間違いないですね!
隠れ家のようなシャンソン歌手のお店で、楽しい出会いがあったんですね。入り浸れる陽気な雰囲気のお店って素敵ですね~。
Commented by ハジメ at 2018-11-13 10:07 x
 おはようございます。
 中原淳一はとても好きで、料理本、スタイルブック等々ずいぶん買い集めました。特にブラウスが大好きで、今でも十分通用するデザインだと、眺める度に思うのですが。。
 その料理本の中に掲載されている中原淳一のエッセーで、エプロンを毎日取り換えて普段着のおしゃれを楽しもう、という提案があって、なんてすてきな発想なんだろーと感心しました。それで、何枚かエプロンを新調してとっかえひっかえ着ています。エプロンって、面白い絵柄やデザインが施されていて、楽しいアイテムだと思っています。
 ブログの話題から外れたコメントになってしまい、スミマセン・・
Commented by cenepaseri at 2018-11-13 10:44
> taekamedeさん
たえかさんもきっとそうだったに違いありません、私は若い頃 人懐っこいのか
すぐに友達になってしまったので、お隣さんに行く感覚でした。
仕事帰りか、家に帰って、着替えて2分みたいな感じ(笑)
Commented by cenepaseri at 2018-11-13 10:53
> ハジメさん
私もエプロンが好きです。毎日仕事中はエプロンをしているので、
コーディネートの一部です。
きっと 私よりも中原淳一さんの事を良くご存知ですね。
息子さんの蒼二さんは私が洋服のデザイナーの卵だったので
目にかけて頂いたのかも知れませんね。
それまでは中原淳一さんはイラストレーターと思っていました。
1950年調のキュートなファッションですね。
Commented by Diary-17 at 2018-11-13 12:34
子供の時にこのイラストのぬり絵で遊んでいたと思います。ただ、似ているイラストだったのか定かでは有りませんが……。
実はその頃子供の私には彼のイラストはアイラインがキツすぎて好きな絵では有りませんでした。笑
イラストレーターだと思っていたらデザイナーだったのですね。モデルはヘップバーンかしら?

パセリさんは70年代のあの頃の青山をスイスイと通り抜けた人なのですね。青山…大人の街でしたね。
Commented by uransuzu at 2018-11-13 13:29
ぱせりさん、
ご紹介とリンクをありがとうございます。
中原淳一さんには2男2女がいらして、
今は、亡くなった息子さんのお嫁さんが社長として頑張っていらっしゃいます。
娘さんのすみれさんは、手芸作家としていまだに活躍中、ひまわりやなどにも作品を置いていらっしゃいますよ。
若いデザイナーや芸術家などが青山で夢を語り合っていたのでしょうねぇ。
Commented by cenepaseri at 2018-11-13 13:48
> Diary-17さん
それはきっと中原淳一さんのイラストと思います。
他には内藤ルネさんとか高橋真琴さんがおられましたが
大人っぽいのは彼だけです。(私は高橋真琴のファンでした)
モデルはあの頃のモデルさんだろうと思います。名前は出て来ませんが、
私は京都よりも東京が合っていたと思います。みなさん気取っていなくて
さっぱりしていて、優しかったです。
若い頃は 高円寺でも飲み屋のおばさんに跡取りになれとか、
原宿の地下のブティックを、などと誘いは多かったです。(笑)
Commented by cenepaseri at 2018-11-13 13:59
> uransuzuさん
もう蒼二さんや扶桑さんはお亡くなりになったのでしょうか?
青山通りは1980年近くにはかなりの範囲が地上げにあってしまったので、
残念なことにかなり変わってしまいました。
免震装置を考え付いたばかりの建築家やスポーツ選手、俳優さんや歌手
色んな方が集っていました。今思えば夢の様なお話ですね。
Commented by 426evecooky at 2018-11-14 07:10
中原淳一さんは私たち世代の人気イラストレータでした。
モデルは、ヘップバーンと思っていましたが、実は
大内順子さんだったと思います。彼女は交通事故でお顔に
ケガをされ,トレードマークの大き目のサングラスをおかけだったとか?今はどうしていらしゃるのかな~
Commented by cenepaseri at 2018-11-14 08:58
> 426evecookyさん
教えて頂きありがとうございます。
大内順子さんは20年ぐらい前にファッション通信?というTV東京でやっていた
海外コレクションショーの番組でファッションジャーナリストをしてらっしゃいました。
仕事柄長年見続けていました。
モデルさんだった、交通事故に遭ったという事は知っていましたが…
少し調べましたら 残念ながら4年前に80歳で亡くなっていらっしゃいました。