人気ブログランキング |

青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

唐三彩 ー シルクロードの至宝


日比谷の出光美術館に夫と唐三彩を見に行きました。
e0397389_12573568.jpeg
前にも松岡美術館で素晴らしい唐三彩を見てますので
そんなに期待はしてなかったのですが、

此方も全部 出光美術館所蔵で、全体では131作品もの
多さでした。
e0397389_12574483.jpeg
館内は松岡美術館と異なりカメラは禁止の様です。
しかし警備の脇で素知らぬ顔で撮っている方はいました…
e0397389_12575170.jpeg
唐三彩は二十世紀初頭の中国で鉄道敷設工事中に
偶然発見され、その存在が知られる様になりました。

緑釉・褐釉・白釉(透明釉)がかけ分けられた華麗な
装飾が魅力的な多色釉陶器です。
e0397389_12575972.jpeg
此方の唐三彩は唐時代(618〜907)の王侯貴族の墓の
副葬品と、遼三彩やペルシア三彩も展示されています。

シルクロードを通じた東西文化交流を
象徴する美術作品なのです。


絵葉書ですが、あまり種類も無くって…

三彩貼花騎馬人物文水注 中国 唐時代 H35.2cm
e0397389_12581779.jpeg
手が竜手になっています。


三彩貼花文万年壷 中国 唐時代 H20.2cm
e0397389_12580883.jpeg
扁壺や、三彩胡人や三彩騎鴕人物などが多いのですが、
特集コーナーでミニチュア明器の世界が珍しかったです。

唐時代はかなり作陶も色合いも凝っていたのが遼の
時代に入ると技術的レベルが下がります、
イランの物もやや…

時代が下って清時代になると又良くなります。
これは民族性や治政者の所為だと思います。

因みに松岡美術館の唐三彩は此方です。

此方の美術館は丸の内の9階なので見晴らしが
とても良いです。
e0397389_12582641.jpeg
皇居です、まだ入った事が有りません。

e0397389_12583553.jpeg


ふと見つけた。窓辺の脇に収蔵庫が有りました。

館内に陳列されていないけれど、これは立派な
唐三彩です、誰も居ないし カメラ×が無かったので…


三彩家屋 唐時代
e0397389_12584405.jpeg
中に立つ女性が珍しいですね。
屋根瓦が有る唐の町屋です。



三彩壺 唐時代
e0397389_12585007.jpeg


なぜか日本の桃山時代の備前大甕
備前焼は大好きです。
e0397389_12585939.jpeg

その他にも引き出しに大量の破片が有りました。
此方の美術館で修復もされているのでしょうね…



にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-07-16 09:00 | アート | Comments(6)
Commented by Diary-17 at 2019-07-16 17:03
中国政府がシルクロード再建計画を立てていますが、これ又経済と軍事戦力拡大?チョット懸念しています。
ペルシャの古美術を見ると日本の伊万里などに通うものがありホッとする事があります。
Commented by cenepaseri at 2019-07-16 18:46
> Diary-17さん
シルクロードはペルシャ人が中心で、道はかつては自然に出来ました。中国が今更 御膳立てするのは如何でしょう?
インド洋の首飾りもしかりです。見え見えですね〜
チベットやウイグルの人達が、心配です。
香港も、どうなるのでしょうね〜
Commented by gallery-asaba at 2019-07-16 22:20
女子会で行かれた松岡美術館の唐三彩、覚えています。
こちらの唐三彩も、素晴らしいですね。
好きなのですよ。
Commented by cenepaseri at 2019-07-17 09:10
> gallery-asabaさん
唐時代のミニチュア明器は4〜5cmの大きさの煎茶器の様で可愛くて
浅羽さんなら喜ばれるかと思いました。
松岡美術館に唐三彩は30点余りですが大きくて迫力がありますが、
此方のは小さい物が多くて、使えそうな物ばかりです。
集める方の好みが反映されていますね、
使える、そう考えると又別の感覚で楽しめます。
Commented by olive07k at 2019-07-17 09:18
一般公開されたりした時に 出向いたことが
あります。

昔むかしは 田舎から 上京してきた親戚など
まず、皇居 参拝から、でした。

日比谷 丸の内 界隈も
雰囲気が好きなのに 行けておりませーん(涙)
Commented by cenepaseri at 2019-07-17 10:43
> olive07kさん
皇居へ行ってらっしゃるのですね、私の従兄弟も一昨年京都から来て 紅葉の季節に
乾門から通り抜けたと、娘はイタリアからの友人を連れて行きました。
申し込んだら中にも入れるそうですね。
大昔又従姉妹が京都から遊びに来た時は原宿のペニーレインへ
感覚が間違ってる?んですね〜