人気ブログランキング |

青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

もう冬物?骨董通りのウインドウ


何時ものマックスマーラの青山通り側のウインドウです。
マックスマーラのマニアでは有りませんが、
このお店が 骨董通りの入り口なのです。

知的で上品、出来る女性のイメージかと思います。
女らしさと強さがあるミラノのキャリアウーマン。

残念ながら私はそんなタイプとは全く違い…(^ω^)

この暑いのに、何ともうコートが出ています。
このキャメルのは絶対カシミアに違いない…
e0397389_12254040.jpeg
キャメルと言うよりトープカラーですね、右はテラコッタ。

白いパンツスーツはピークトラペルでW打合せです。
e0397389_12255004.jpeg
完全トープカラーのドレスとコート
日本人には難しい色ですね、色白の方向けです。
e0397389_12254528.jpeg
白いシャツとワイドパンツ、左右の裾に大き目の
インバーテッドプリーツが入っています。

ショート丈の黒いスーツは裾を結ぶペグトップタイプで、
ベーシックながら少しアレンジして有ります。
e0397389_12255750.jpeg
その先にあるセレクトショップのドローイングナンバーズ
そろそろ秋の表情です、こちらも白いシャツ。
e0397389_12260707.jpeg
スリーブレスコートとワイドパンツ
左はきっとメンズかと…
e0397389_12261681.jpeg

その先のピンコ此方もシャツ、チェックですが、
ラップ風に見えるタイトスカートと合わせています。
e0397389_12262246.jpeg
チュールドレスと白Tにビスティエ、映り込み多し…
ハードなバックルのベルト使いです。
e0397389_12262887.jpeg
このトレンチコートは生地がバシバシで裾は
ペインティングが施されている様です。

目を凝らしたけれど、よく見えません。
e0397389_12263510.jpeg

IZAのセーターはおもわず笑ってしまいそう…
キャメルのセーターにレースをトッピング。
下はツィードの深いスリット入りのタイトです。

左の黒はチュールプリーツの下にトープの裏地。
e0397389_12264565.jpeg
ロココの花柄プリントのドレスがいっぱい。
e0397389_12315499.jpeg
サイドのウインドウは赤のセミフレアのOPとスカートです。
ハート柄のシャツ、前立てにフリル❤️
e0397389_12320394.jpeg
ブラックリトルドレスの様ですね、白い丸衿
クラッシックな襟付きのニット?とチェックの
切替のあるフレアスカートです。
e0397389_12321076.jpeg
ここまでインポートの商品は共通点はシャツ衿ですね
真面目でオーソドックスな雰囲気のある物を、少し
ひねっています。


ず〜っと秋物を打ち出しているドロワーは
かなり本格的に秋冬です。

深いパープル(チュリップ・ノアール)色のコート
ピンクのニットとパープルのチェックスカートです。
e0397389_12321709.jpeg
エメラルドグリーンの7部袖コートはやっぱりインを
ライムグリーンのタートルニットとグリーン系の
チェックのテーパードパンツとコーディネート。

この2体のコーディネートはお手本みたいなカラー
コーディネートですね。
e0397389_12322547.jpeg
週が明けた途端に変わったウインドウのコーディネートは
ネービーの大きなチェックのノーカラーコート、
右はボトルグリーンのOPもしくはセットアップです。
e0397389_12323106.jpeg
明るいパープルの小さめテーラーコートは大きな
エコファーのパッチポケットが付いています。

インは濃いモーヴ色(チュリップ・ノアール)のタートル
とパープル地プリントの車襞のプリーツスカートです。
e0397389_12323741.jpeg
ドロワーはやっぱり基本トラッドなのだと思いました。
真面目にセオリー通りになってますね。

秋冬のカラーは微妙なので、少しフランスの色名を
引用してみました。

普段はあまり使いませんが、日本の色名や
フランスの色名は由来が楽しいのです。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-08-08 09:00 | 青山界隈 | Comments(14)
Commented by sonoma0511 at 2019-08-08 14:29
沢山の写真ありがとうございます。
これがこの秋冬のトレンド!って掴み切れないですが、
組み合わせた服やコート類の、丈バランス感がポイントの一つでしょうか?一つ新しいアイテムを投入してお格好にならない💦クローゼットの中身が疎ましい。
Commented by cenepaseri at 2019-08-08 14:58
> sonoma0511さん
まだ秋の入り口かもと思います。
フラットカラーのワンピースは若々しいけれど、若い方向きですね。
グリーンやパープル、ベージュ〜キャメル、ブラウンなどのベイクドカラー、
レトロな花柄、やチェック、レジメンタルストライプ、要するに
よりクラシックを強調しているみたいですね。
コートも海外はトレンチ系ですが、ドロワーはまだまだ
ノーカラーのコクーンを押しているみたいですね、売れ筋?
チェック同士や全体柄を合わせる上級編が私は好きですが、
そんなのを着てる人は雑誌の中だけですね、似合う人も少ないし、
もっと心踊るトレンドが来て欲しいです…年々地味に。
Commented by NT-patientless at 2019-08-08 17:16
10年前の40度を記録した8月末の京都で
マックスマーラのカシミアのコート試着したん思い出してしもた
買う気満々やったのにNTのサイズ、32が無かって諦めましてんか

こういう変な客の為にマックスマーラはクソ暑い中でも
カシミアのコートをディスプレイしはるんやと思いますで~(笑)
Commented by cenepaseri at 2019-08-08 18:48
> NT-patientlessさん
マックスマーラは、40年位前に日本に登場した時から、
クソ暑い8月から冬のコートをディスプレイしています。
9月から寒くなる欧州とは違いますが、NTさんみたいな人が
いるからですね〜
まぁ単に、得意アイテムだからと思います。
1970年代にも、マックスマーラは日本進出しています。
一度撤退して2度目の挑戦です。負けない気が満々です。
マックスマーラは、日本の東京スタイルかなぁと思います。
Commented by Diary-17 at 2019-08-08 20:19
早速、青山散歩😍
楽しいです。
マックスマーラはコートで出発した会社なのでやはり会社のプライドを感じます。
10年ちょっと前に六本木ヒルズで「Coat 」だったかしら、マックスマーラのコートの歴史、アーカイブな展覧会が有り御招待を受けて行ってきましたがとても興味深かったです。記念に厚いキャンバス布でて身持ちが皮のエコバッグを戴いて未だ持っています。(物持ち良し)
しかし、素敵だけれどパンツの幅がワイド過ぎてマネキン人形にしか似合わない様な気がします。笑
Commented by liligohan at 2019-08-08 22:06
チュリップノアールってなんだかとても素敵な響きですね♪
黒に近いチューリップの色かな…?
どれもこれもオシャレで、暑い京都で
ドカタみたいなカッコでクーラーの下でダラダラしている私は白目むきそうw
Commented by myumama3434301 at 2019-08-08 23:30
カシミヤのコート🤣
まだまだ夏なのに~💦

って、我が家にもファーの予約会のお知らせが届きましたわ😰
このクソ暑いのに、行ってられるかーい😁笑

Commented by gallery-asaba at 2019-08-09 00:17
どちらのウィンドウも素敵ですね。
もうすっかり秋冬物ですものね。
色名も奥が深くて、中々お洒落ですね。
早く涼しくなって欲しい!



Commented by cenepaseri at 2019-08-09 09:03
> Diary-17さん
マックスマーラの歴史、知りませ〜ん。
東京スタイルだって浅草橋辺で創業した位しか知りません。
三愛があの飛行機燃料会社の三愛石油と一緒なのは知ってます。(関係無いか…)
黒いパンツは座っているのでプリーツが開いて幅がより一層広く見えます。
シルエットはきっと綺麗だと思います。確かにマネキンには一番似合いますね。
物持ちが良いのはよ〜く知っています(^ω^)
Commented by cenepaseri at 2019-08-09 09:14
> liligohanさん
そうです、あの黒いチューリップの色です。
ニールドブルー(ナイル河のブルー)とか、石油の燃える色(これもブルー)
昔 山田夏子さんのフランスの伝統色の講義を受けて感激しました。
京都は蒸し風呂みたいですね、京都盆地の下は琵琶湖に匹敵する水が有るそうです。
だからお茶の水も良い水が井戸から取れると、寒暖が激しいですね〜
Commented by cenepaseri at 2019-08-09 09:22
> myumama3434301さん
そうです、あの角っこのMAR'Sビルが出来てマックスマーラが7月に
カシミアコートをディスプレイした時はすっごいヒンシュクものでした。
しかし、頑張りますね〜もう26年です。
ファーですか、ギンギンに冷えた中でやるんでしょうね〜
Commented by cenepaseri at 2019-08-09 09:35
> gallery-asabaさん
フランスと日本は色の名前が一杯あって、微妙な表現がありますね。
この感性はこだわり続けたい大切な国の歴史の一つですね。
この暑いのに、冬物だなんて信じられませんね。
欧州は秋が日本より早く来るから、インポートはさっさと秋になってます。
台風が右にそれる様になったら猛暑も一服らしいですね。
Commented by reonrie at 2019-08-10 17:43
会社が青山から勝どきに移ってしまったので、青山には足を運んでいませんので、なんだか青山勤務が懐かしくなりました。
会社が骨董通り沿いにあったので、もうこのような素敵な服を見られないかと思うとさみしいです
Commented by cenepaseri at 2019-08-10 21:20
> reonrieさん
青山から移る会社も多いですね〜
どこかのんびりしていて村的なところですね。
たまにはお散歩してくださいませね〜