人気ブログランキング |

青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

金王八幡宮と渋谷城址

先日の秋祭りの氏神様 金王八幡宮を訪ねてみました。
六本木通りから渋谷3丁目を並木橋の方へ下って
行くと 右手に大きな鳥居があります。
e0397389_14245837.jpeg
階段の上に 神門が見えて来ます。
e0397389_14251437.jpeg
江戸時代に春日局が作ったと言われている神門と社殿

人は入らない様にしていますが、結構大勢居ます。
e0397389_14253023.jpeg
正面に金色の龍
e0397389_14281204.jpeg
左には虎
e0397389_14281821.jpeg
右には象
e0397389_14282469.jpeg
社伝によれば1092年(寛治6年)
現在の渋谷の地に渋谷城を築き、
渋谷氏の祖となった河崎基家(渋谷重家)により
創建されたとされます。

渋谷氏(河崎氏)は大攻により源義家から
武蔵谷盛庄七郷(渋谷、代々木、赤坂、飯倉、麻布、
一ツ木、今井など)を賜わり

重家の代になって禁裏の賊を退治して
堀河天皇から渋谷の姓を賜りました。

この八幡宮は八幡通り(旧鎌倉街道)、青山通り 宮益坂
道玄坂(旧大山街道)を中心とする渋谷、青山の
総鎮守として崇めたてられています。

江戸時代には徳川将軍家の信仰を得、
特に3代家光の乳母春日局は神門、社殿を
造営したとされる。

江戸時代末期まではこの神社に隣接する
渋谷山親王院東福寺(天台宗)が別当寺であった。

図書は澁谷八幡と称していた。社名にある
「金王」は重家の嫡男常光がこの神社に祈願して
金剛夜叉明王の化身として生まれた事により
金王丸と称した事によるとされています。

金王丸御影堂です。
御祭神は渋谷金王丸常光
e0397389_14301368.jpeg
金王丸は源頼朝から義経追討の命を受け、文治元年
(1185年)に義経の館に討ち入り勇ましい最後を
遂げました。この中には木像が納められています。


渋谷城の本丸跡はそのまま金王八幡宮境内になっています。
1092年は平安時代で廃城は1524年(大永4年)

渋谷城の砦の石
e0397389_14291911.jpeg
あの渋谷川を水源に水堀を巡らされていた。
北条氏綱による関東攻略の際に、この城は後北条氏の
別働隊によって消失し、渋谷氏は滅んだ。


この渋谷城が有ったと初めて聞いた時、日本昔話の
絵面で道玄坂からの一本道が脳裏に浮かびました。

お日様がポカポカで毛皮のチャンチャンコを着た
ボサボサ頭の武士が歩いている風景、長閑です。
真田丸の草刈正雄のイメージに近いです。(^ω^)

此処には他にも色々見所がありました。
先ず拝殿脇の大きな金王桜
e0397389_14450343.jpeg
長州緋桜という桜で花びらは5〜7枚が普通なのですが
雄しべが花弁化したものも混じって一枝に一重と八重の
花が混じって咲く大変珍しい桜だそうで、又、一名を
憂忘桜(憂さ忘れの桜)とも呼称されていたそうです。

この桜は金王神社社記によれば、源頼朝の父義朝に使えた
渋谷金王丸の忠節を偲び鎌倉亀ヶ谷の館から
移植されたものとされています。


そしてこちらは芭蕉の句碑、調べてみたら、
しばらくは 花の上なる 月夜かな でした。
(満開の桜の上に月がさしかかっている。
 絶景の夜だなぁ)だそうです。
e0397389_14451382.jpeg
境内には神楽殿も有ります。
e0397389_14454729.jpeg
木の根元が祠になって向こうの景色が見えます。
神宿るって感じがします。

向こうが正面で注連縄があるのです。
でも此方の方がリアルに見えます。
e0397389_14452966.jpeg
そして少し戻って近くにある渋谷山東福寺
e0397389_15020599.jpeg
右に曲がって、かなり閑静なお寺です。
e0397389_15021154.jpeg
承安3年(1173年)創建の渋谷区最古の天台宗の
お寺です。木造仏や銅造仏があるそうです。

宝永元年(1704年)の銘がある梵鐘
e0397389_15022554.jpeg

本堂脇の木、大きなコブが有ります。
e0397389_15023684.jpeg
何で、私は穴とかコブとか木になるのでしょうね、
娘もそうで、どうでも良い物が気になってばかり…

境内には池から水が流れています。
e0397389_15024371.jpeg
もう直ぐ咲きそうな白い曼珠沙華
e0397389_15025279.jpeg
さらっと流すつもりで出かけて、後から調べたら
知らなかった事がどんどん出てきて、長くなって
しまいました。

渋谷城が有ったは昔から知ってましたが、
京都の検非違使に行っての武勲とか お話が一杯で
歴史に疎いので言葉不足も多々有りそうです。

境内には宝物殿も有り例大祭に使われる鳳輦等
色んな宝物が所蔵されています。

渋谷駅から300mの所ですから、時間があったら
訪ねてみるのも一興です。
カフェ等は有りませんが…


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-09-25 09:00 | 青山界隈 | Comments(14)
Commented by Diary-17 at 2019-09-25 09:51
渋谷駅からたったの300mでこの様な歴史的に渋谷を語れる場所があるとは思いもしませんでした。
勿論、渋谷出身である方々ならばご存知かもしれませんが、代々住んでいらっしゃる方も少ない事でしょうね。
ブラタモリもビックリのパセリさんのお散歩ブログです。
本当に興味深く楽しい。
1000年前の渋谷をタイムトリップで見て見たくなります。
Commented by sonoma0511 at 2019-09-25 11:17
ブログというよりも文献ですね。それを咀嚼してここに
記述するだけでも大変な作業です。読ませてもらっても
前後してスクロールしています。鎌倉、頼朝とも繋がりが
深いのですね。渋谷を起点として鎌倉街道につながるコース
を歩いていた番組を思い出しました。
Commented by cenepaseri at 2019-09-25 11:20
> Diary-17さん
私も1000年前の渋谷が見てみたいです。
娘は知っていた様ですが、若い時ってそれ以上興味が
広がらない様ですね、地元なのに知らない昔の武蔵の国です。
青山渋谷は代々住んでいる方はかなり少ないですね、大体は戦後昭和で、
明治から住んでいらしても奥様はよそから来た方が多いです。

もう一つ、国学院大の近くに広い渋谷氷川神社が有ります。
鬱蒼と茂った氷川神社は赤坂氷川神社も興味深いです。
國學院の博物館も先日ぶらぶら美術館で少し放送してましたが、
興味深く、一度は行かねばと思っています。(^ω^)
Commented by cenepaseri at 2019-09-25 11:26
> sonoma0511さん
本当はもっと時代を書くと長くなってしまうのでかなり端折りました。
探せば探すほどどんどん出て来ます。(^ω^)
鎌倉街道を歩いた番組が有りましたね〜
山の中を通ったり、物々交換をしてるのも有りました。
歴史に疎いので、文献に書いてあるままです。
時代の前後関係に無知ですから、お勉強中ですが、すぐ忘れます。
こうやって書いておけば、何とか…
Commented by liligohan at 2019-09-25 14:10
うーん、すごい、ほんとに
ダイアリーさんがおっしゃるように
立派なブラパセリとして放映されて良いレベルですね!
数年前にたまたま渋谷で金王八幡さんのお神輿に出くわして、ひゃー、渋谷にもこんな行事があるんだな〜とビックリしました。
恋文横丁までは知ってたんですけどねw
あと、友達のおばあちゃんがハチ公にエサをやってた、とか笑笑
それよりずっとずっと前の渋谷のお勉強になりました!
Commented by cenepaseri at 2019-09-25 16:12
> liligohanさん
この辺は高樹町町会、日赤通りは笄町町会と其々町によって
大人と子供のお神輿が揃っています。出店は日赤通りだけ、
昔は北青山3丁目の善光寺でも有ったのですが。
敬老の日は子供神輿がとてもうるさいのです。
一番大物はこの金王神社に有る御神輿です。
そこも写真は撮ったのですが、あまりに長くなりすぎるので割愛しました。
平安末期の武蔵の国です。まだ戦国時代の青山大膳の守は居ません。
この辺は原宿村と渋谷村でした。
ハチ公の時代の長閑な渋谷も見てみたいですね。東急のロープ・ウエイも…
戦後の映画で少し見られるととても嬉しい(^ω^)
Commented by gallery-asaba at 2019-09-25 16:51
歴史に疎くてこれだけのレポートが出来たら、もう十分だと思います!
金王八幡宮って、歴史のある立派な神社なのですね。
建物も素晴らしいです。
金王桜は、一重と八重の花が一本の木に咲くのですね!
憂さ忘れの桜、いいなぁ〜。
いつも思います、ぱせりさんの探究心は凄い‼︎
Commented by sokokoko at 2019-09-25 21:02
まとめてくださった由緒ある歴史を真剣に目で追い、最後の「カフェ等はありませんが…」でつい笑ってしまいました…!
心の中で10イイネ❤を送らせてイタダキマスm(_ _)m
Commented by cenepaseri at 2019-09-25 21:03
> gallery-asabaさん
数年前から時々こちらに参りますが、
詳しくは知りませんでした。
金王八幡宮も、こんなに綺麗だったとは
知らなかったです。
前に来た時は、お正月や、冬でした。
金王桜は長州からの桜のようですね〜
憂さ忘れの桜の花は是非とも見たいですね。
分からないととことん走ってしまいます。
これも性格ですね〜
Commented by uransuzu at 2019-09-26 05:31
へぇ〜、ほぉ〜と、感心しながら読ませていただきました。
あの渋谷から300メートルのところに!
いつか、地図を併記していただけると、より分かりやすいかと、、、あ、自分で地図を見ます、すみません^^
Commented by cenepaseri at 2019-09-26 08:42
> sokokokoさん
表通りには地味〜にポツポツ有りますが、境内には茶店の椅子の様な物があり
休んでる方も、外国の方も来てるし、社務所はあってもおみくじくらい。
愛想無しの渋谷近くの忘れられた杜です。
だって渋谷駅前の渋谷警察署と同じ渋谷3丁目に有るのに…です。
Commented by cenepaseri at 2019-09-26 08:57
> uransuzuさん
渋谷駅から渋谷警察側の六本木通りを登って行き、
2つ目の信号の先になります。
夫も地図があったら良いのにと言ってました。
私、地図マニアなので いつもナビをやっています。
最近少し 勘が鈍って反対方向へ行く事も増えました。
方向音痴の夫が高笑いして居ます。
今度はややこしい所は地図付きで😄
Commented by fsnoteak at 2019-09-27 10:01
渋谷にこんな渋いところがあるんですね。
見た目も経歴も立派!
都会の、特に渋谷の喧騒からは別世界。
昔渋谷区に住んでいたのですが、
東京生活は忙しさに追われるばかりで
cenepaseriさんにご紹介いただくいろいろな場所、
行ってみたいところばかりで、逃した感いっぱいです。
Commented by cenepaseri at 2019-09-27 10:34
> fsnoteakさん
渋谷区は広いですね、ここは渋谷との境目で、
大昔は原宿村と渋谷村、ほとんど渋谷文化圏です。
古探訪も、美術館巡りも最近やっと楽しめています。
関西人の関西知らずが東京でブラパセリしています(^ω^)
きっと何十年経ってもあの神社は変わらないと思います。