人気ブログランキング |

青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

ツイードワンピースが出来上がり


先日の土曜日にこちらをアップしてから、
山田五郎邸へ行ったり、孫とお散歩してたら
暑い日が続いてしまい、クーラーを入れて
火曜日から毎日少しづつ縫っておりました。

1日目 ファスナー付け
ツイードワンピースが出来上がり_e0397389_15025576.jpeg
一番先にファスナーを付けます。

背中心を4mmの運針で縫い合わせ、返し針をして
運針をレギュラーに戻して裾まで縫います。

ファスナーを仕付け糸で留めて、縫い合わせを
解いて専用器具で付けます。

裏地も片抑えに替えて際を縫って、こんな感じです。
ツイードワンピースが出来上がり_e0397389_15030493.jpeg
胸のダーツを縫い、
ツイードワンピースが出来上がり_e0397389_15032204.jpeg
裾の縫い代をアイロンで押さえる。
ここまでで、一番の難関は過ぎました(^ω^)

2日目は表地と裏地の方と脇を其々に縫い合わせて
ロック後ろ片倒し。
ツイードワンピースが出来上がり_e0397389_15092645.jpeg
裏地の裾は1cと1.5cの三つ折りに、両脇スリットは
20cなので手前で返し縫いで留めます。
勿論スリットも三つ折り始末。
ツイードワンピースが出来上がり_e0397389_15093458.jpeg
3日目
衿ぐりを毛抜き合わせに縫う。
ズレないようにしつけをしてから。
ツイードワンピースが出来上がり_e0397389_15132958.jpeg
ウレタンが入っているのでアイロンでピシッとならず、
縫い代に切り込みを入れて、表に返して衿ぐりに
コバステッチを掛ける。

アームホールは袖付け前に表裏揃えて、しつけをします。

さて、お袖を付けようとしたら、裏に書いて有った印
が何処かへ行ってしまった。表裏全く同じに見えます。

そんな時は原点に戻って、裁断した記録を…
切り口を合わせて確認して、前裏に消えない様に
切りびつけを。(初めからそうするべきでした)
ツイードワンピースが出来上がり_e0397389_15233012.jpeg
袖口のヘムをアイロン押さえして、袖下を縫って
ロック片倒し、袖山にイセ用の4mmステッチを
2本かけイセを寄せて見頃の合印と合わせて縫う。
ツイードワンピースが出来上がり_e0397389_15234027.jpeg
縫い終わったら、しつけを取ってロック始末。
ツイードワンピースが出来上がり_e0397389_15234836.jpeg
4日目ゆっくり裾と袖口を手まつりしました。
ツイードワンピースが出来上がり_e0397389_15292199.jpeg
出来た〜 着心地は抜群、いつでもOK同窓会、
寛いでゆっくり飲食出来そうです(^ω^)
ツイードワンピースが出来上がり_e0397389_15235557.jpeg
仕上げアイロンは夫に蒸気をかけてもらいます。

まだ残布が有るので、小物などを作ります。
先ずは…

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-10-08 09:00 | ハンドメイド | Comments(16)
Commented by uransuzu at 2019-10-08 09:32
わぁ、手間がかかるのですね!
でもその甲斐がありましたね、いい素材のプレーンなワンピースは永遠です。
案外、探すと無いのです、こんなの欲しい、、、
Commented by hanasdiary at 2019-10-08 09:44
わぁ  いいですね.。o○
こういう本格的なツイードのワンピースって
昔から憧れでした
すっごくステキです♪

作れはしないのですけど手順も興味津々で読ませて頂きました(アイロンが、、コバステッチ、、、フムフムと説明はとてもよくわかりました(´▽`*))

Commented by sonoma0511 at 2019-10-08 10:31
とても難しそう。縫製の技術は、中でも秀でていたでしょうね。プロでも個人差ははっきりしているでしょうね。
プロが縫製しているはずの有名ブランドでも
雑なものは一杯あります。ファスナーが引っ掛かるものは
汗をかきます。J〇〇ダなんかがそうです。
私のよく似たツイード半袖ワンピースは後ろボタン。三つくらいしか外さずに脱ぎ着しています。ボタンが取れたら💦・・と心配しながら着ていましたが、ずっとセーフ。
Commented by cenepaseri at 2019-10-08 10:44
> uransuzuさん
私も仕事ではあまり作った事が有りません(^ω^)
ツィードだったらカットワークや刺繍が入ってました。
自分のブランドでもあまりプレーンなワンピースは無かった。
意外と工場でファスナー付けが汚いと問題になったので、
今でもファスナー付けは恐々です。
学生時代は器具も無しに片抑えでスイスイと付けてたような…
Commented by blue721b at 2019-10-08 10:44
いいですね
キチンとしてて…
ツイードのワンピ
小さい頃から好きです

ちゃんとキチンと作られるんですね
しかも 素早い

裏付きなんて 考えただけで
もう挫折です 笑
Commented by cenepaseri at 2019-10-08 10:55
> hanasdiaryさん
ありがとうございます。なかなか腰が上がらないのです。
すぐに脇道に逸れて…手順をブログに書いておき時々見て居ます(^ω^)
先先のアイロンは習った訳ではないのですが、出来上がってから
モノサシを当てるより、簡単なのですよ。
最後にヘム上げをする前にピンで打って丈を確認します。
それでもやっぱり長過ぎたり短かったりしますけど…(涙)
Commented by cenepaseri at 2019-10-08 11:12
> sonoma0511さん
私はそんなに上手くはありません、縫製の授業は叱られてばかりでした。
有名なオートクチュール屋さんのブラウスの工賃はウチで出す
サンプル工賃と一緒でした。その工場も上手くはない所です。
上手い人は凄いです、見たらわかります。
京都で有名人のオーダーをしている方が(縫うのは80代の方だそう)
うちのシルクのサンプルを見て感心して居ました。
でも量産はそうはいきません。(涙)
中国生産が増えて、彼の国ではサンプル代は無償なので、
その上、上手かった人もお年でどんどん辞められていくのでどうなるのでしょうね、
JOOダは今は生産している会社は量販店が主流だから…中国製だときっとそうですね。
Commented by cenepaseri at 2019-10-08 11:15
> blue721bさん
そんなに早くは無いです、道草ばかりして居ます。
根を詰めて刺繍などして居た頃は 肩が凝って居ましたが、
今は締め切りはブログだけ(^ω^)
Commented by blue-salvia2 at 2019-10-08 15:20
ぱせりさん、こんにちは〜♪

実家で同居していた義姉が洋裁をやっていたのを
いつも横で眺めていました。
こうして、ぱせりさんの手順を見ていると
義姉の隣りで見ていたのを思い出します。
まち針で止めるだけで、真っ直ぐに縫えるし
(私どんなに丁寧にゆっくり縫っても曲がります)
プロはミシンのスピードが速いです。
お遊戯会で着る衣装ならミシン糸をイチイチ切らずに
ガンガンと縫って行き、後から糸を止めています。
義姉も型紙から起こして縫っていましたが
目が悪くなってからは一切洋裁をしません。

ぱせりさんのように洋裁が出来なくても
型紙から洋裁が縫えるとオシャレが楽しくなりますね。
布地屋さんに行くと、素敵な布地が多くて
やりたくても才能が無さ過ぎるので眺めて帰って来ます。
Commented by Diary-17 at 2019-10-08 15:27
出来ましたね〜。とっても素敵!
こういうシンプルなデザインのワンピースは無地物よりもツイードが断然格が有りますネ。
カシミア混で本当に贅沢品。😍
東欧ではヨーロッパのブランドを手掛ける縫製工場が多いのですが、本社から必ず製品管理責任者が駐在していました。(私が知っている頃)
それでも、その頃はボタン付けが甘くて、日本製だとボタン付けはちょっとやそっとでは糸は解けず、使用しているうちに違いが分かれました。
今は、メイドインジャパンを探す事も難しいのでしょうね。

私の半袖ワンピースはノースリーブにお直ししようと思っているのですが、自分で挑戦してみたい気持ちに駆られています。
でも、素人がやって失敗したら……。肩パットも外したのでその分肩も厚み分減らすべきですよね。となると…🧐💦
やっぱりお直し屋さんに頼もう!
Commented by cenepaseri at 2019-10-08 15:53
> blue-salvia2さん
何とかなりますよ、慣れれば出来ます。
職業用ミシンはとっても使い勝手が良いのですよ。
2年前までは全部他人任せで、子供のスカートくらいしか縫ってません。
って言うか忙しくて自分の迄考える余裕が無かった。
今はゆっくり、考えながら。
でも目は悪いかも、Hazukiルーペで糸を通してます(^ω^)
Commented by gallery-asaba at 2019-10-08 16:03
わぁ〜、出来上がりましたね!
こちらのワンピースだと、色々なパターンのお洒落が出来ますね。
どの様にコーディネートされるのか、とっても楽しみです。
小物、何を作られるのか、ワクワクで〜す。
Commented by cenepaseri at 2019-10-08 16:14
> Diary-17さん
カシミヤが少し入っているだけでも表面の滑らかさが違いますね。
コートのボタン付けは根巻きが何回以上とかブランドによっても特色がありますね。
日本では擦れても解けないように最後の玉結びを根巻きの中に入れます。
外国へ縫製を頼む時は糸の始末も書いておかないと何をするかわかりません。
でももうC国は人件費の高騰で、又、B国やI国へ。
半袖ワンピースで肩パッドが着いてたら多分肩幅も狭めなければならないと思います。
袖下はそんなにくってはいないと思います。
肩パッド入りなら、袖山高め、袖ぐり大きいと手が上がりませんから。
多分、肩とアームホールの修正で済むと思いますが、自分では難しいでしょうね。
着ながらで無いとピン打ちが出来ません、誰か信頼できる助っ人が必要です。(笑)
そして裏地が付いていたら引っくり返して、う〜む。
Commented by cenepaseri at 2019-10-08 16:21
> gallery-asabaさん
ストレッチが効いているので一杯食べても大丈夫そうです。(笑)
初冬に合わせる軽いコートがいるかも〜ロングカーデでもと思っています。
小物は一つ作りました。バッグは大きさを検討中です。
モコモコ生地は買ってあるのですが、暑くて見たく無い(涙)
ホコリも出るのでもう少し寒くなってから…と言ってる間に真冬?
Commented by taekamede at 2019-10-08 23:19
こっくりとして素敵なツイードですね!
アルパカのワイルドでいて素朴な優しさ、いいですよね~。
いつもながら。丁寧でいて熟練したソーイングの手順、勉強させて頂きました(^o^)/
私も冬服挑戦しなくてはと思います!
Commented by cenepaseri at 2019-10-09 08:40
> taekamedeさん
この素材はデザインとピッタリでした。
カシミアが少し入っていますが梳毛タイプなのです。
アルパカは又別の生地で有りますがそちらは紡毛でコート向きです、
端切れを何とかして少しでも片付けなくては…
今素材別シーズン別に分類中です(^ω^)