人気ブログランキング |

青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

西洋美術館前庭の彫刻と駅からの近道エレベーター


国立西洋美術館前庭の彫刻です。

オーギュスト・ロダン カレーの市民 
1884−88年(原型)1953年(鋳造)
ブロンズ、180×230×220 松方コレクション
e0397389_10291997.jpeg
オーギュスト・ロダン 地獄の門
1880−90年頃/1917年(原型)、1930−33年(鋳造)
ブロンズ、540×390×100松方コレクション
e0397389_10301035.jpeg
かなり昔ですが、パリで見た事があります。
考える人もいます。

もう一つ考える人、オーギュスト・ロダンの拡大作
1881−82年(原型)1902−03(拡大)1926(鋳造)
ブロンズ、186×102×144松方コレクション
e0397389_10365923.jpeg
館内にもう一つ小さめの考える人があって、
何方がどうなのか分からなかったけれど、
大きいのは拡大版だったのですね。

あちこちにあると思いましたが世界中で26箇所あり
日本でも、京都国立博物館、長島美術館、西山美術館、
静岡県立美術館、日本臓器製薬など6カ所あります。

大阪で隣の家の庭にこれが出来た時は驚きました。
私の部屋の窓からいつも見えました。

結局8年間眺めた事になります、普通家の庭に
考える人を置きます?
普通じゃ無いお家でした。


前庭の彫刻は 他にもブルーデルの弓を引くヘラクレス、
ロダンのアダムやエヴァ、松方コレクション等があります。


いつもと違う道で色々と見つけました。(^ω^)

あの正岡子規の記念野球場です。
e0397389_10540655.jpeg
正岡子規と言えば日本に野球を広めた方です。
きっかり1試合しか出来ない大きさの野球場です。

きっと此処で野球してたのでしょう。
色んな野球言葉を日本語にしてくれた方です。
e0397389_10542537.jpeg
その先に咲いていた十月桜
e0397389_10545037.jpeg
春四月と秋に2度咲くらしいです。
カラスがチャッカリ真ん中で収まっています。
e0397389_10544057.jpeg
上野の森美術館ではゴッホ展をやっています。
今日は疲れたので寄りませんが、そのうち来ます。
e0397389_10550098.jpeg
この向こう側に地下鉄に行くのに便利なエレベーターを
見つけました。…単に知らなかっただけですが…

普段は階段を登ってたのですが半年位 工事中で通れず
回り道をしていました、その通れない階段の手前の
ビルに見つけたエレベーターで Rフロアが此方と
繋がっていました。あの急坂を回避は嬉しい…🤣
e0397389_10551332.jpeg
もちろん帰りも使います。
上野駅の上に東京スカイツリーがクッキリと…



にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-11-14 09:00 | アート | Comments(12)
Commented by fsnoteak at 2019-11-14 09:23
「考える人」の本物を求めてロダン美術館へ足をはこびましたが
小さくてビックリしたのを思い出します。
世界に"オリジナル"が何体もあると価値が・・・^o^;
8年間眺められたら、隅々までお詳しそうですね。笑
日本に野球を広めたのが正岡子規!
それは知りませんでした。
勉強になりました。
Commented by liligohan at 2019-11-14 09:32
東京に地獄の門があるなんて知りませんでした!
私が富山で3年間通った小学校
(ノーベル賞の田中さん@島津製作所と同じ学校です)
の玄関前にもプチ考える人があり
毎朝考える人を見ながら登校しました。
娘の小学校はクラシカルにニノキンだったわ…w
Commented by cenepaseri at 2019-11-14 09:45
> fsnoteakさん
私は先に館内で小さなロダンを見て、お隣さんと同じサイズと思いました。
でももっと大きかった印象があったので、長年の疑問が解けました。
地獄の門の上にあるのと同じサイズでは無いのでしょうか。
初めて見た時小さい!と思いました。
子供の頃は何にも考えなくって、ネタに使ってた位です。
あの髪型、左の盛り上がりが気になってます。(笑)
Commented by sonoma0511 at 2019-11-14 09:49
上野の森は、ゆっくり回ったことはなく、三つ?の美術館
と博物館、東京会館?と言ったっけ、だけ。
上野の森美術館の木陰で、外人二人に挟まれてすられた。
お家の窓から考える人を観ていたから、パセリさんは研究熱
心になったのかしら?思考や、ものの見方が深いもの。
ナニコレ?だったかのテレビ番組に、登録できそう~笑
Commented by cenepaseri at 2019-11-14 09:54
> liligohanさん
私の小学校もニノキンでした😄最近は少なくなったけれど…
だからか、たまにマンションの(それも裏原)入り口に立ってたりしてw
学校に考える人はピッタリですね、
西洋美術館の地獄の門は原寸大でね、型で作るので全部本物、、、
Commented by blue-salvia2 at 2019-11-14 10:14
ぱせりさん、おはようございます〜♪

この前、東京へ行った時に
上野方面にしようか迷っていました。
こうして見ると、時間を掛けて
ゆっくり行きたくなります。

隣家の庭に考える人って…??
立派なお屋敷のお宅だったのでしょうか?
一般市民のような家庭では考えられません。笑
Commented by cenepaseri at 2019-11-14 10:14
> sonoma0511さん
私も上野は昔からあまり好きでは無かったのですが、
娘がバレエを習って居たのでスターダンサーズの公演などで
怖いけれど、よく夜に出かけました。
今は美術館なので朝から出掛けられてまだマシです。
私の物にこだわるのは父方の遺伝だと思います。
父も直ぐに感化されて、伊吹に居た時、太平寺と言う所にあった
円空仏を見て、自分でも作れると思ったのか、裏にあった桐の木を
切って、彫り始めて直ぐに諦めました。(笑)かわいそうな桐の木…
ひょっとして、それが嫁入り用の木?
Commented by Diary-17 at 2019-11-14 10:55
お隣のお家も凄いけれど、それよりお父様、凄い行動ですね。やはり、芸術家の血は争えないですね。
上野の駅前を渡るとレストランが有るビルがありその脇の階段又はエスカレーターだった様な……を上がると上野公園です。
その一階に中華レストランがあったのですが、結構美味しかったです。(10年前の話ですが)
Commented by cenepaseri at 2019-11-14 10:57
> blue-salvia2さん
上野は動物園の向こう側が芸大とか近くて雰囲気がいいですね。
隣家の庭は御庭造りが面倒だからか周りに木を植え、芝生にロダン。
おじいちゃんが田舎から米俵を担いで東大へ、官僚から天下り
大阪O場センタービルの社長さんをやっておられました。
腰の低い優しい方でした。お嫁さんは大きな温泉ホテルの娘で
と〜ってもお洒落さんでした、多分彼女の発想ですね。(笑)
でも良くある 有りふれた郊外の住宅地です。
Commented by cenepaseri at 2019-11-14 11:10
> Diary-17さん
え〜10年前から有ったのですか?脇階段とエレベーターです。
(JRならホームからエスカレーターですが、)多分そこだと思います。
3Fまでレストランが入っているビルです。
あの坂が辛かったけれど、この次はルンルンです。
父はその円空仏がとっても気に入ってしまったらしい、
その彫り方を忘れ無いうちにと思ったのでは…
生の木で彫れる訳ないですよね(笑)
Commented by gallery-asaba at 2019-11-15 01:36
レポートお疲れ様でした。
ありがとうございました。
これだけの数鑑賞されたら、さぞ疲れられた事でしょうね。
かなり見応えがありましたね。
そうなのですね、正岡子規が野球を広めた人なのですね。
秋にも咲いてくれる十月桜は、嬉しいけれど何だか少し寒そうですね。
8年間眺められたロダンの像のお話、とってもユニークです!
Commented by cenepaseri at 2019-11-15 09:13
> gallery-asabaさん
普通の展覧会よりは数が多いのは東京博物館でも分かっていたのですが、
松方コレクションは半端無く、まだ毎年購入されて増えて行ってます。
新しい作品も写真は撮ったのですが、インパクトに欠けてたので…
正岡子規の肝心な事はそんなに知ら無いのですが余計な事だけ…
オリンピックが終わった頃、ロダンが流行ったのですかね?