人気ブログランキング |

青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

クリスマスの準備の真っ最中です。


何時ものAOビルのDスタイルです。
11月に入って直ぐにクリスマス準備がスタート
e0397389_15201932.jpeg
オーナメントやポインセチア
e0397389_15204939.jpeg
大小のリース
e0397389_15203688.jpeg
この白いドアのオーナメントが可愛い
ホワイトチョコみたいです。
e0397389_15205965.jpeg
2〜3日してお買い物に行ったら内容が変わって
もう もみの木を売ってます。
e0397389_15211435.jpeg
オーナメントがすっかり変わって居ました。
e0397389_15212362.jpeg
売り切れでしょうか?
クリスマスのスワッグレッスンが開催だって…
e0397389_15213499.jpeg

此方はニコライバーグマンさんのお店です。
巨大なリースがタイヤの如く。
e0397389_15291369.jpeg
記念撮影用でしょうか?
林檎とコルクと松ぽっくりのイメージ
e0397389_15293311.jpeg
店内は天井からも下がっています。
e0397389_15301151.jpeg

ご近所で トナカイが親子で登場。
e0397389_15302183.jpeg
此方は歯医者さんです。等身大のサンタさんも。

暖かい日は入り口のテラスが待合室になるのかな…
e0397389_14032819.jpeg
人が座っているのを見た事はありませんが…

去年のクリスマスの店頭です。
ニコライバーグマンさん、毎年素晴らしい。


そういえば今年はまだOHMOTOビルの前は静かです。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-11-16 09:00 | 青山界隈 | Comments(12)
Commented by uransuzu at 2019-11-16 09:50
ニコライバーグマンさんは、撮影スポットを意識していらっしゃるのでしょうね。
行ってみようかな~♪
今年は、暑い日が遅くまで続いたせいか、まだクリスマス飾りがしっくりきません。
あ~、そういえば、年賀状の注文や、お歳暮の準備もしないといけないのだったわ。
と思いながら、週末ダラダラと過ごしています。
Commented by cenepaseri at 2019-11-16 09:58
> uransuzuさん
よく撮影している方々がいらっしゃいます。
こちらでもランチが出来ます。
お昼なら是非お声掛けください。
ふふふ、もうおせちも年賀葉書も用意してまーす。
図案は少し迷ってますが…
Commented by sonoma0511 at 2019-11-16 15:36
今年はやっぱり温かいですね。去年はもう薄手のコートを
来ていたと思うが・・・
私は、昔から、リースを飾っていましたが、未だかって
リースも、お正月の玄関飾りも、丸ごとは買ったことがな
い。ケチなのか、お仕着せが嫌いだから、自分で考える。
だから、ショボいのだけど~笑
パセリさんは、簡単に見事なものを作ってしまいそう💛
Commented by cenepaseri at 2019-11-16 17:47
> sonoma0511さん
今年はいつもより街中も遅い感じがしますね。
私もリースやお正月の飾りもいじりたがりです。
一応基本の物は手に入りにくいので購入しますが、
あれば作りたいです。
私は講習会とかは苦手なので、我流の見様見真似です。
sonomaさんの方がお得意そうですね〜。
Commented by artfarmandgarden at 2019-11-16 20:07
ぱせりさん、やっぱり冬の月
11月はいい感じですね。
きっと、ぱせりさんの楽しさがお写真に出るので
こちらまで楽しさが伝わってきます。
Commented by Diary-17 at 2019-11-16 20:07
講習会苦手…分かります。
パセリさんならば受ける方ではなくて講習する側でしょう。
一度だけ此方で受けた事がありますが、参考にはなりました。
早いですね。もうクリスマス🤶
Commented by cenepaseri at 2019-11-16 21:03
> artfarmandgardenさん
一寸遅めの冬の月でしょうか。
私は立冬生まれなので、冬が来ると何故か私の季節が来たと
感じます。寒がりなのですけれど…
Commented by cenepaseri at 2019-11-16 21:12
> Diary-17さん
そちらでは未だ?なのでしょうか?
風船カズラの蔓を何かに使えないかと考えた事も…
針金の様な固さです。
講習を受けているとあれこれ発想が飛躍して、ご迷惑をお掛けしてしまうので、勝手に作って楽しんでいます。
Commented by gallery-asaba at 2019-11-16 23:48
どちらのお店も、華やかにクリスマスの準備をされていますね〜。
ほんと、白いドアのオーナメントは、ついかじりたくなっちゃいますね(笑)
皆それぞれ可愛いです。
何故でしょうね、見ているだけで心ワクワクしてしまいますね。
だけど、もう一年が終わってしまうのかと思うと、焦りも感じます。


Commented by cenepaseri at 2019-11-17 06:46
> gallery-asabaさん
心ウキウキする時期です、段々と寒くなるので、
温かさが嬉しいのですね〜
クリスマスが一年のフィナーレのような気がします。
あんまり早いので困りますけれども…
Commented by rosebudteaset at 2019-11-17 19:15
薄荷です、こんにちは。

パレードの際の雅子さまのお召しのジャケットの襟について
お尋ねしたいことがあってコメント欄にお邪魔したのですが、
今日の記事のあとに書く内容ではないのでこちらにお邪魔します。

さてさて、ジャケットの襟の件です。
何となく、花びらモチーフをたくさん作ってそれを幾重にか重ねて
平たいコサージュを連ねたような襟だなと思い、よく見える画像を検索していました。

そうすると、あの襟はラッフルと書いている週刊誌があるが
それは違うというブログにヒットしました。
この日のブログのタイトルは「紀子さま気品のあるローブデコルテ…」
ブログ主は、60代の方のようで、ラッフルというのは、こんなものだと画像を貼っていらっしゃいます。
私も、このブログ主の貼っている画像のものがラッフルだと思っていました。
雅子さまが別の日にお召になっているドレスの襟です。

コメント欄をずっと下まで読んでみてください。
ファッション業界に長くいらっしゃったパセリさんからすると面白い展開かも。

ラッフルというのはどうもフリルと同意語で、幅の広いものをラッフルと呼ぶようですが、
日本では、フレアスカートを作る時のようなパターンで作った波打ったフリルのことを
当時ラッフルと呼んでいたのでしょうか?
日本独自の狭義的な使い方でテレビやファッション誌にそう書いていたので
私たちはそう呼んでいただけのことでしょうか。
現在70歳の私はファッション業界には全く無縁ですが、
フリルとラッフルは割と分けて使っていた言葉だった気がしますが、
どうもあのブログを読んで思うことは、あれは当時の日本独自のファッション用語だった気がしてきました。
Commented by cenepaseri at 2019-11-18 09:55
> rosebudteasetさん
パレードの雅子さまのジャッケットの襟はおっしゃる通りです。
花弁モチーフをギャザーを寄せて付けています。
ラッフルはあのイカ風のローブデコルテで、パターンはグルグルした渦巻型です。
ただ、あのパレードのお襟が付ける側と外側のパターンがカーブしているかも知れませんね。
ドレスなどで幅広い目でボリュームを持たせる時にフラウンスと呼ぶカーブしたフリルにします。
真っ直ぐのものだと付ける側がゴロゴロになるので、、
フラウンスはフリルの仲間と思います、決してラッフルでは有りません。
念の為に1991年発行の田中千代服飾事典で検証しました。
まあ、TVなどで使っている言葉は結構出鱈目ですし、職場が違うと用語も違います。
初めての方と打ち合わせして へ〜っと思う事が多いですよ(^ω^)

この方は衿ぐりを大きく開けたい様ですが、皇室のデザインは
一般の様に簡単ではないと私は思います、時刻やその目的も違うので。
私も若い頃はダサ〜と思っていましたが、美智子様のデザイナーは
私の大好きな植田逸子さん、このかたは凄い方です、雅子さまのデザイナーは
調べたけれど、不明でした。
欧州の様に胸を出す習慣もありませんから、衿ぐりを大きく開ける事は
出来ないかもです。アカデミー賞とは違うかな…