人気ブログランキング |

青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

国立新美術館へカルティエ、時の結晶


国立新美術館で12月16日迄のカルティエ、時の結晶
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14102750.jpeg
TVのぶらぶら美術館でもやっていたあのカルティエの
ミステリークロックや、プリズムクロックです。

光と目の錯覚を利用して、宛も中に浮いている様に
見えるけれども、台座や、装飾彫刻の中に隠されています。

入り口のイントロダクションは杉本博司の<逆行時計>
ミクストメディア(作家本人により逆効果され修復
された1908年製造の時計)個人蔵

杉本博司は小田原の江之浦測候所で有名な元々は
写真家ですが、今は現代美術家ですね。


平日午前中、雨寒でやや空いているものの、マダム達は
しっかり品質チェックして あーだこーだとかますびしい

1905年頃から最近迄のティアラやネックレス、時計等
ゴージャスそのものです。

最後の第3章は写真OKな所だったのですが、
逆に故宮博物院じみてて中々面白かったのです。




自然界からのインスピレーション



ネックレス 2001年 「オウム」リング1999年
個人蔵
ネックレスはホワイトゴールド、サファイア、
エメラルド、真珠母貝、ダイアモンド

下のオウムリングは4.61カラットのイエローダイア、
真珠母貝、ダイアモンド
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14141200.jpeg
「フラミンゴ」ブローチ 1940年

ルビー、エメラルド、サファイア、イエローダイア、
シトリン勿論ダイアもプラチナに散りばめて、
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14142348.jpeg
「バード」ブローチ 1948年

プラチナ、ホワイトゴールド、ダイアモンド
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14143411.jpeg
ブレスレット 2011年、ネックレス 2013年、
イヤリング2013年 それぞれ個人蔵

翡翠やアメシスト、エメラルド使い。
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14160733.jpeg

ネックレス 2015年個人蔵

イエローゴールド、41.99カラットのオレンジがかった
トパーズ、イエローブラウンダイアモンド、
ブラウンダイア、オレンジダイア、
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14162459.jpeg
ネックレス 2018年

51.48カラットのオーストラリア産オーバルシェイプ
カボションカットオパール、パープルサファイア
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14162984.jpeg

カルチャー……外の世界からもたらされたもの

「中国風」卓上シガレットケース 1925年

イエローゴールド、鍍金したシルバー、プラチナ、
螺鈿のプレート、ネフライト、珊瑚、ルビー、
ブラックエナメル、ダイアモンド
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14164274.jpeg

チャームブレスレット 1942年特注品

プラチナ、イエローゴールド、イエローダイアモンド
ダイアモンド、ルビー、サファイア、多色エナメル、
ムーンストーン、カラーダイアモンド、エメラルド、
オニキス、ブラックエナメル、アメシスト
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14165943.jpeg
カフリンク 2007年全部個人蔵
イエローゴールド、骨董の目貫、ダイアモンド
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14171600.jpeg
こちらはブレスレットと思います、
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_15301251.jpeg
ブローチ 2008年 個人蔵
37.06カラットのオパール、エメラルド、ダイアモンド
眩いので呆けていますが、ドラゴンです。
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_15303161.jpeg
「タイガー」クリップブローチ 1957年
      ブローチ 2007年 個人蔵
      ブレスレット 2016年 個人蔵

イエローゴールド、イエローダイアモンド、
ダイアモンド、オニキス、エメラルド
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_15304354.jpeg
左端の虎はニャンコみたいで可愛い、きっと子虎106.png


「タイガー」ネックレス 1986年
こちらも素材は一緒の様ですが、虎が大きな
イエローダイアモンドを抱いている様に見えます。
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_15305811.jpeg

ここからエジプトテイスト。

ネックレス 2008年 個人蔵
プラチナ、アンティークのブルーファイナンス(?)
オパール、オニキス、エメラルド、サファイア、
ダイアモンド……中々素敵
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_15311695.jpeg
右は「スカラベ」ネックレス 1990年
イエローゴールド、ダイアモンド

左下は「エジプトのサルコファガス」ヴァニティケース
1925年 イエローゴールド、ピンクゴールド、プラチナ
彫刻を施した骨、サフランエナメル、グリーンエナメル
ホワイトエナメル、ブラックエナメル、ダイアモンド、
オニキス、エメラルド、サファイア
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_15313120.jpeg
少しミイラの棺みたい…


右上「インセクト バイオニック」ブローチ 1999年
ホワイトゴールド、スモーキークォーツ、ダイアモンド

左「スカラベ」ブレスレット 1989年
イエローゴールド

中下「スカラベ」ブローチ 1925年
プラチナ、イエローゴールド、アンティークのブルー
ファイナンス、シトリン、オニキス、エメラルド、
ルビー、ダイアモンド
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_15313971.jpeg
右 ブローチペンダント 1013年
プラチナ、翡翠のプレート、サファイア、トルコ石
真珠1個、ダイアモンド

左下 ヴァニティケース 1924年
イエローゴールド、プラチナ、真珠母貝とトルコ石の
象嵌、8.82カラットの葉型に彫刻を施したエメラルド
一個、エメラルド、真珠、ダイアモンド、
ブラックエナメル、クリームエナメル、
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_15315672.jpeg
かなりの数の中から珍しそうな物を選んでみました
カルティエからしたら少し横道かも知れませんね。

120年以上の間、大きな宝石が発見されたら、
真っ先に此方に来たに違いありません。

大きな石の名前を調べてみたら結局全部書く事に
なりおさらいをした気分です😄
こんな事ブログが無かったら絶対しませんね〜

展示は鎌倉時代の古布や掛け軸に置かれていたり
展示方法はユニークで流石 杉本博司と思います。

しかしいかんせん暗過ぎで、ほとんどお化け屋敷に
入る感じで、行く先は係の方に聞く事も有ります。

夫は早々と出口に居ました、宝石は詰まら無かった
みたいです(^ω^)

お昼時は混むので早目にお蕎麦屋さんへ、


にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-11-29 09:00 | アート | Comments(14)
Commented by uransuzu at 2019-11-29 11:23
わぁ、凄い❣️
私もパセリさんから見せてもらわないと、こんなにしげしげとカルティエの宝石を見ることはなかったわ。
ドラゴンのブローチ、実物を見たい、目が潰れるかも(笑)
タイガーのクリップブローチくらいなら、欲しい、と呟くくらいは許される?爆
Commented by cenepaseri at 2019-11-29 13:06
> uransuzuさん
本当に写真と作品リストを比べてじっくり見られるなんて事は
滅多に有りませんから、大きな宝石が惜しげもなく使われていて、
持ち主はモナコ公国くらいしか不明でした。
日本人はダイヤにはプラチナですが、イエローゴールドの方が
目立つのですね、ミュージアムショップでイミテーションの
ブローチをと思いましたが、流石売ってませんでした(笑)
Commented by sonoma0511 at 2019-11-29 15:10
目もくらむし、警備も厳重でしょうね。横浜のホテルの宝飾
展で盗難もあったばかりですし。友達のささやきがなければ
、目が点になったまま一周するだけの私。ご主人様と同じ
つぶやきかも。個人蔵のお方はモナコ公国の方達?流石。
ダイヤモンドにプラチナ、プラチナというのは、日本人だと
言われるのですか、やっぱり本場でもそうだと思うけれど。
パセリさんのレポート、書き写す部分だって、全体を掌握
しなければポイントが定まらない。そこが凄いと思います。私は書き写すのだって省略削除で、リポート失格です。いつもありがとうございます。
Commented by cenepaseri at 2019-11-29 16:19
> sonoma0511さん
飾ってある宝石には名前と番号しかなくって、大きな宝石が何かしらと
調べたら、際限無くなってしまいました💦
書いていたら、彼方の方はゴールドがお好きだとつくづく思いました。
色も豊富で柔らかいから加工も楽です、プラチナはお地味なんですね、
最近はゴールドの方が高いかと、、、
モナコ大公のコレクションはプリズムクロックでした。
名前を明かしてるのは僅かです。
カルティエパリ、ロンドン、ニューヨークとゴージャスな物や変わったものは
自身で持っている様です。どれだけお金持ちなのでしょう…
Commented by Diary-17 at 2019-11-29 17:55
確か、他のブログでも目にした様ですが、パセリさんのブログは奥が深く、見応え読み応えがあります。
楽しませていただきました。

美術展は大体は個人所有の提供で成り立つのですね。

マイセンのコレクションも日本は個人からの提供で成り立つと聞きました。2、3日前にドイツのザクセン王の宝物館に賊が侵入したそうです。

Commented by cenepaseri at 2019-11-29 20:21
> Diary-17さん
ドイツの宝物館に賊が入ったのはニュースで知りました。
4人組だとか、こんなに有名な宝物を盗んですぐに捕まりそうですが…バラさない事を願うばかりです。
カルティエは、時計や、ライターもあり、ダンヒルなどの方が好きだったので微妙です。
Commented by gallery-asaba at 2019-11-29 23:57
まばゆいばかりですね!
ぱせりさん、レポート大変でしたでしょう⁈
お陰様で、普段目にする事のない素晴らしい宝物を見せてきただきました。
文字通り目の保養をさせて頂き、ありがとうございます。
まずご縁のない宝石だけど、やっぱり素晴らしいですね。
楽しく拝見しましたよ。
Commented by reonrie at 2019-11-30 08:46
この展覧会見たかったんですー☆彡
レポートありがとうございました。行くかどうか検討中です♪
Commented by cenepaseri at 2019-11-30 09:12
> gallery-asabaさん
ありがとうございます、勿論正統派のティアラやネックレス、
パンテールシリーズも盛り沢山でした。
写真可の所はバラエティゾーンな感じだったので、和風の印籠みたいなのも。
沢山ありすぎでこれでも絞ったのです…光ってるし見辛かったと思います。
説明が無かったら何だかわかりませんね〜大変時間は掛かりました😅
何しろ まだ左右人差し指しか使えません💦
大昔タイピングも習ったのに…
Commented by cenepaseri at 2019-11-30 09:18
> reonrieさん
良かったです、大変暗いので気を付けて下さい。
行くならお一人がお勧めです、絶対にはぐれます。
全部で300点以上ありました。
Commented by olive07k at 2019-12-02 08:45
うわーォ@@
素晴らしいです♥
Commented by cenepaseri at 2019-12-02 09:07
> olive07kさん
御縁はありませんが目の保養です(^ω^)
Commented by myumama3434301 at 2019-12-03 00:34
男の方は、たぶん宝石は、興味が無い💦

というか、奥様に、これが欲しいと言い出すのを恐れてるのかも知れません😁

あっ、我が家だけかっ🤣笑
Commented by cenepaseri at 2019-12-03 09:54
> myumama3434301さん
そうですね、日本の男性はカルティエだったら時計だけかも知れませんね。
宝石が似合う手をしてらっしゃるから、そりゃ不安かも🤣
私は指の長さは普通なのですが、ポッチャリ手なので、
ゴージャスなタイプが似合いません、メレかと思える物がピッタリ😭