青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々( 52 )

義父の術後一ヶ月検診に榊原記念病院へ


義父が退院して、一月目の検診に 私も付き添って。
雪の降りそうな不穏な空の色です。
e0397389_19243198.jpeg
調布の義父の施設へ迎えに行きます。

せっかちな義父はもう既に用意万端で待ってました。
タクシーを呼んでもらって、榊原記念病院に行きます。
e0397389_19265246.jpeg

赤ちゃんや子供、老人患者が多いので、
付き添いの人もいてかなり混んでいます。

カルテを持った人が、呼びに来てから、
検査に進みます、日赤病院に比べると
とても丁寧ですが、予定より遅れています。

ロビーの野菜工場は健在です。
e0397389_19342182.jpeg
ビーツもパセリも元気よく育っています。
下のはロメインレタスって書いてあります。
e0397389_19345683.jpeg
確かに野菜は育ち、入れ替わって新しくなっています。

義父は先月に比べると、かなり回復しています。
ただ、尿酸値や、血糖値が高くなり、せっかく
ひと月の入院の食事制限の結果も水の泡です。103.png

メニューからどう食べるのかが大切なのですが
言っても詮無いことです。98歳ですから…
苦労して良くなっても悪くなるのもあっという間です。


なんとかお昼過ぎに終わりました。
次の予約も完了して、又 タクシーで施設へ戻ります。
午後一時から担当のケアマネジャーさんと約束が…



急いで近くにある蕎麦屋の吉川さんへ、
何時もは早い目に行くので、
12時半過ぎては 初めてのことです。
とても混んでいました。

先日と同じお蕎麦メニューを、夫はとろろ蕎麦。
e0397389_08461183.jpeg

私は夫が少し助けてくれると言うので、鳥セイロ
e0397389_08485302.jpeg
ここのお店は、蕎麦も美味しいのですが、
おつゆもとても美味しいのです。
ただ量は私にはかなり多目なので、
夫が助けてくれないと、山菜蕎麦を食べるしか
なくなります。119.png

ガテン系のオジさんや、キャリアウーマンの
グループ、日活撮影所の方々までやって来る。
町外れのお蕎麦屋さんなのです。

急いで食べて、出てくると、
e0397389_08561375.jpeg
畑の中の木に鳥がいっぱいいます。
あれはヒヨドリでしょうか?

たまに来る調布の町外れの畑には
日頃見慣れないものがあるので
楽しみながらやって来ています。

ケアマネジャーさんが今年の誕生日が来たら
白寿ですね〜と

また年末になると寒くなるから感染症に
気を付けないといけません。

しかしこれから暖かくなると義父の得意な季節です。
1日1日大切に…食べたいだけ食べて…


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-02-17 09:00 | 日々 | Comments(7)

ルスカスが今年も咲きました


去年の2月12日にブログを始めました。
その時の最初の記事がこちらのルスカスの花でした。
e0397389_15235434.jpg
お正月の花セットに入っていた、不思議な花です。
葉っぱに見える所は枝で、いきなり小さな花が
咲きました。

もう枯れているかも知れなくて、
その辺に挿しておいたら。

いつの間にかまた咲いていました。
e0397389_15240172.jpg
とても小さな花です、虫かと思ってしまいます。
e0397389_15240662.jpg
小さな黄緑の花びらと、紫色の花弁が見えます。
小さな蘭の花の様です。
e0397389_15241037.jpg
表か裏に一つづつ咲くのです。

去年と同じ様に、クレソンを水栽培してます。

去年はこのままほって置いたら、
白い小さな花が咲いて、実が成りそこから取った
種子を撒きましたが 弱々しく育ちました。
左下の方の子です。太めで力強く伸びている3本が
今年のお正月の残りの子です。
e0397389_16522043.jpeg
なので今年は根が出ている下辺をカットして
コップに挿して、根が充分伸びたら、又
鉢に戻して株を増やします。

奥の赤いキャップは水栽培の栄養剤です。
効き目は??ですが…
e0397389_16522784.jpeg

コップに挿したクレソンの根がしっかり張って来たら
下の葉は邪魔なので取って水栽培の鉢に植えます。
(勿論取った葉は料理の彩り野菜に使います。)
賑やかになりました。
e0397389_16024956.jpeg
こちらのレッドジンジャーティーは米国産、
ドイツ産と飲み比べたら断然味が良くって。
e0397389_16524034.jpeg
夫はこれが苦手で、コーヒー時々紅茶を頂きます。
私は酸っぱい方が好きなので このハーブティは
ティーバッグを浸けたままで頂きます。温まります。

e0397389_16524922.jpeg
ソレイヤードプリントの手作りコースターも
年季を感じますね。そろそろ…


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-02-03 09:00 | 日々 | Comments(8)

ある日の夕食


ある日の夕食です。
台湾へ行く前に冷蔵庫の掃除を兼ねて
作った物の数々です。

タジン鍋 鳥もも肉とブロッコリー、パプリカ
ジャガイモ、人参、大蒜、トマト缶、白ワイン
オリーブオイル
e0397389_19555914.jpg
鯖の塩焼き
e0397389_19561040.jpg
ほうれん草の胡麻和え
e0397389_19560568.jpg
卵はやっぱりフワトロ・オムレツです、
当然サルサソースとガーリックチップですが、
タジンソースと妙に合いました。
e0397389_19561712.jpg
先日NTさんが作ってらした、鶏肉の味噌漬け。
いつもお正月に作りますが、冷凍してたのを
今回は趣向を変えて切らずに一枚で焼いてみます。
e0397389_15061652.jpeg
然し、火を通そうとして焦がしてしまいました。

本当にワンパターンになり易い我が家の食卓です。
タジン以外は全部 夫が作った…105.png

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-01-29 09:00 | 日々 | Comments(14)

義父が先週始めに退院しました。


なんか食べる物の話題ばかりですが、

先週の土曜日に夫は独りで義父の病院に行き、帰りに
例の讃岐うどん屋 一合まいたへ行って大変美味しかったと。
大阪から食べに来ている人まで居たらしい。
e0397389_14063592.jpg
一日置いて月曜日に、義父が退院しました。
私も一緒に出掛けました。

先に調布の施設へ寄って杖と洋服を用意して
早目に やって来たら又お休みでした。145.png
今日が最後の機会なのに…

角のお家の庭木にはメジロが沢山遊んでました。
とても速いのでこの中に数羽はいるはずですが…
e0397389_14065872.jpg
今日がラストの榊原病院です。
e0397389_14070920.jpg
退院は14時なので、院内のレストランでランチです。

夫はヒレカツカレーで
e0397389_14071846.jpg
夫は中々美味しいと言ってますが、私は味見は出来ません。

私は小親子丼&蕎麦セット
e0397389_14072765.jpg
お味は薄めですがアッサリ目で
お蕎麦はやっぱり吉川が美味しいです。
夫が隠れた名店と呼んでいます。

根が食いしん坊なのです、あれもこれも食べたくなって…
然し、帰って来てからは体重増です。149.png

夫にはもう自分も年齢的に一人前以上
食べられないから残せと見離されました、
食べ物を捨てる事に少し罪悪感を感じます…

旅行中は強行スケジュールで食べても大丈夫でした。
圓山大飯店のお部屋に体重計が有ったので計ったら
去年のベスト体重を記録しました。110.png

帰って来たら2〜3日で+2kg…何故でしょうね。
夫は全く変わらずだと言ってますが…


着替えを済ませて、お支払いも済ませて、先生を待ちます。
義父は時間になってもすっすっと行かないから
口を尖らせて御機嫌斜めです。

次回の診察の予約書も貰って、先生とお話ししてから
一応車椅子で1階まで行き、タクシーで施設まで帰ります。
その先はしっかり自分一人で杖を突いて歩いてました。
毎日リハビリで100mを4回やってたらしい。

皆にお帰りなさいと言われて ここが一番落ち着くと
嬉しそうな表情です、病院食は美味しく無かった…
腎臓の数値が良くなって、もう大丈夫と言われてます。

今夜から義父は食べ放題です。(^。^)

そうして水曜日にまた夫はケアマネさんと打合せに
施設へ出掛けて行き、風邪を引いて具合が悪くなり
帰宅後、掛かり付け医院に行きました。

夫は帰って来た翌日から一日置きに調布詣で、
身体も悲鳴を上げます、私は止めたんですけど
言うことを聞かない人ですから…


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-01-28 09:00 | 日々 | Comments(8)

圓山大飯店と4日目は忠烈祠儀仗兵交代式から

圓山大飯店に到着したのは夜9時でした。
写真が窓ガラスに反射して撮れなかったので
朝の写真です。
e0397389_15281387.jpg
こちらは日本統治時代の圓山神社(護国神社)です。
戦後蒋介石の奥さんがホテルにして、5つ星で
かつては世界でトップ10だったらしい、
今も台湾では由緒正しくて有名人の写真がずらりです。

正面の階段です、ここを登って右側に宴会用の
広めの個室が有ります。
ブティックやアクセサリーのお店もこの上です。
e0397389_15411679.jpg
お花は山の様な蘭です。
e0397389_15290865.jpg
天井
e0397389_15285818.jpg
まるで宮殿みたいです。

入って直ぐのねぶた?お正月と関係がある?
e0397389_15283759.jpg
e0397389_15284387.jpg
その先のフロント
e0397389_15285146.jpg
ピアノと蘭のあるロビー
e0397389_16260210.jpg
私たちは2階です、入り組んで居て迷子に
なりそうです。部屋までの廊下のサイドロビー
e0397389_15302545.jpg

お部屋も、この蚊取りテントは何?ベビー用かな
やっぱり夏は蚊が多そうですね、少し今日は寒いけれど
暑いよりうんと良いです。
e0397389_15304119.jpg
デスク
e0397389_15304928.jpg
オリエンタルではありますが中国過ぎません。

e0397389_15311342.jpg
シンプルですがシックです。
e0397389_15311973.jpg
明日はゆっくり8:40の出発です。
最終日です、故宮博物院の前に忠烈祠に向かいます。

翌朝です、朝食はこちらです。
e0397389_15504328.jpg
とっても美味しそうなので、私はこれだけよそいました。
ツアーの連日の倍、普通生活の3倍は有ります。
e0397389_15505456.jpg
クロワッサンの右のアーティチョークに似た
サボテン石蓮花、抗酸化作用があるそうです。
すごく柔らかくて初食感でした。
機会があったら育てたいです。
e0397389_15505987.jpg
フルーツはスイカと棗、スイカは瑞々しくって甘い、
棗は少し固い、半分は夫の分ですよ。

ふと横の人が写真を撮った、女性一人で3皿並べて
皆さんデザート用にバナナやお芋を持っている…
一体、あの身体でどれだけ食べるのでしょう…


食後は夫は部屋で電話、実は昨夜病院から電話が
あったと、娘から連絡があったのです。

私はホテルの外観の写真を撮りに行きます。

神社だった名残の門。
e0397389_15510874.jpg
振り向けば
e0397389_15511837.jpg
狛犬の阿吽
e0397389_15512652.jpg
そしてホテル
e0397389_15513400.jpg
中央のお庭にはお花がいっぱいです。
e0397389_16213676.jpg
赤い花、
e0397389_16223961.jpg
こちらは
e0397389_16220056.jpg
これは黄色いブバリアでしょうか
e0397389_16221103.jpg
泉水が有ります。
e0397389_16225256.jpg
岩の側にシュウメイギクでしょうか?
e0397389_16225775.jpg
そしてお部屋に戻ったら、電話は義父の退院の
連絡でした、驚異的な体力です。



今日はこれから忠烈祠へ8:40に出発して9時に
衛兵交代式が始まります。すぐ側なので
あっという間に着きました。

ここ国民革命忠烈祠は辛亥革命や中華民国建国や
中国大陸での日中戦争での戦没者の英霊を祀っています。
日本の靖国神社の様な所です。
e0397389_16314447.jpg
紺色の制服の空軍の衛兵が見合っています。
ぷっと噴き出さないのかなあって誰かが言ってます。
日替わりで陸、海、空軍が担当するそうです。
e0397389_16315295.jpg
始まりました、見るのは2度目の辻堂マダムが
次は此方とベストショットを教えて下さいます。
e0397389_16315917.jpg
e0397389_16321207.jpg
忠烈祠大殿の方へ
e0397389_16321940.jpg
鼓楼です。
e0397389_16322682.jpg
e0397389_16323715.jpg
e0397389_16324396.jpg
戻ってきました。
e0397389_16490677.jpg
銃剣をバトンの様に振り回しています。
e0397389_16331603.jpg
門番の二人を残して去る一団です。

観客は韓国人が多いです、何故でしょうね。
中国のミサイルは台湾に向いて並んでいるそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-01-24 09:00 | 日々 | Comments(2)

台湾3日目は台南から十分と九份へ

e0397389_17114246.jpg
台湾3日目は超てんこ盛りなので 前倒しして
高雄の蓮池潭は昨日に行っていたのですが、
朝は7:30に出発です。旧正月が2月5日なので
ホテルのロビーも真っ赤か。

高雄から台南に向かいます。約50km、約1時間です。
途中のバスの車窓からIT長者が作った博物館です。

奇美博物館です、奇美実業創立者の許文龍氏が
1992年に設立しました、少年の頃の夢を実現した
動物から武器、甲冑、楽器、芸術品まで
展示されているそうです。
e0397389_17115284.jpg
台湾の別名はポルトガル語でフォルモサ 美麗島。
まだこの島が地図に載っていない時に見つけたのが
大航海時代のポルトガル人で、水を調達に来た。
原住民はフィリピン、インドネシア系の様です。
e0397389_11123197.jpg
そして16世紀の明時代になって倭寇の根拠地の
一つになり、台湾の戦略的重要性に気が付いた
オランダやスペインが領有した。
オランダ統治時代は1624年〜1662年です。
e0397389_17121167.jpg
台南市は台湾の古都で、鄭成功の祀られている
延平郡王祠があります。
e0397389_17125557.jpg
日本人の田川松を母に持つ、鄭成功は1624 年に
肥前の平戸に生まれて7歳で父の住む明に戻った。

全ては書けないので、由来です、興味のある方は
拡大して見てくださいませ。
e0397389_10554238.jpg
立派な男子だった鄭成功は皇帝に気に入られて
明の隆武帝から国姓鄭の名を賜った。

この頃清が攻めて来て皇帝は自死し父は清に寝返り
戦いに負けた鄭成功は軍の立て直しの為台湾へ進出して、
e0397389_10555068.jpg
オランダと戦って勝ち、ここ台南に承天府を設けた。 
勿論寝返った父は清に即殺された。
当然で裏切り者は向こうも信頼しません。

夫が言うには歌舞伎の演目で国性爺合戦で
日本人ならかなり知ってるらしい…私は初耳ですが
e0397389_10555875.jpg
鄭成功の統治時代は1662〜1683年僅か21年です、
彼は37歳で早世しました。
しかし建国の父として皆に尊敬されています。

その後の清は1683〜1895年の212年間です。
日清戦争で日本に割譲され日本統治時代は
1895〜1945年の50年で かなりここは
日本の影響を受けたのではないかと思います。
e0397389_17122370.jpg
これは中国っぽいけれど

これは三方ではないかと思います。
e0397389_17122937.jpg
これは御神酒を入れる瓶子でしょう?
e0397389_17124341.jpg
日本の御神輿もあります。向こうは中国の物。
e0397389_10561741.jpg
鄭成功をお祭りしています。
e0397389_11073139.jpg
手前の仏像です、なぜ黒い?何故こんな服を?
とスーさんに聞いたけど???でした。
e0397389_11073914.jpg
イタリアやスペインの黒いマリアやアンデスと
共通点が?なんてすぐに考えてしまいます。

庭には梅が咲いています。
e0397389_10562573.jpg
外も池があって綺麗です。
e0397389_10560882.jpg
その後台中まで約170km、約3時間のバス移動。
e0397389_11232225.jpg
台中駅に着きました。
台中から台北は台湾新幹線で約150km 、1時間です。
e0397389_11235951.jpg
日本とほぼ一緒です。

セブンでビールを買って、もしくはスタバでコーヒーを
e0397389_11343323.jpg
ロイヤルホストは駅弁を売ってます。
e0397389_11344405.jpg
しかしスーさんはもっと美味しい駅弁を
調達して来ました。

ホームから見た景色です。まだまだ余裕が有ります。
e0397389_11240713.jpg
やって来ました新幹線。
e0397389_11241339.jpg
車内もほとんど同じです。
e0397389_11241872.jpg
私達のお隣の3人連れは静岡の富士市からで、
御夫婦と奥様の妹さんです。旦那様が80歳で
きっと一番年長だと、とてもそうは見えません。

義理の妹さんは米国のコロラド州からの参加です。
昔4年程台北に住んでたらしい、真っ赤な服の
超面白い、破天荒な小さめの田嶋陽子似です。
お顔は中では一番老けたお嬢さん。
パキパキして居て超合理的でお若いです。

ご夫婦はコロラドに娘二人を高校から留学させて
義妹さんにお世話になった弱みがあるのだそうです、
コロラドから避寒に1ヶ月の静岡ご滞在。

車内で和風駅弁を食べました、写真は忘れました。
焼き鯖とメンチカツと玉子焼のあっさり多目の駅弁です。

ふと横を見ると、隣の80歳3人グループが食後に
おにぎりを食べてます、あの小さいコロラド嬢も…
細くて背の高い旦那さんも…すごい食欲です。

そう言えば皆さん太っている人は居ません。
背が高くて細い人は数人居ますが。
e0397389_11345195.jpg
台北に着きました。スーさんは東京駅を作った人が
台北駅を作ったと言ったので辰野金吾?と聞いたら???

でも全く似たところが有りません、ガセネタかも…

免税店よりこちらが見たかった中正紀念堂です。
e0397389_11345665.jpg
初代総統の蒋介石の中正紀念堂の向かいにある
免税店で烏龍茶の試飲です。
e0397389_11350418.jpg
値段は高山茶などは驚くぐらい高いのです。
唯、今一美味しくなくって、静岡のおじさんと
やっぱりお茶は大井川だね〜と盛り上がる。

市内にあった、アンティーク屋さん。
e0397389_11351000.jpg
ここで降りたいです〜、偽でもなんでもいいから
お土産より 変な雑貨を見たいです。
e0397389_11351447.jpg

そして十分へ向かいます。約45km、1時間位です。
e0397389_13210657.jpg
19日にアップした天燈上げの十分です。
ここは10人が移住して来て色んな役割を
10等分したから十分だそうです。

十分はローカル線の平渓線が走っています。
1時間に一本、街の真ん中を走っています。
笛の音が聞こえたら電車が来た合図だからと
ベトナムか?と突っ込みたくなる風情です。
まるで夜店、橋の上では花火をあげています。

線路伝いにお店に着いて、筆を渡されて、
天燈は一面づつ4人で書きます。
e0397389_13211739.jpg
頑張れ台湾と書いた人も、世界平和を願った方も
e0397389_13213360.jpg
かなり大きくて油を浸した布に点火して飛ばします。
雨がシトシト、空気が悪くて、寒くて喉が痛いです。

そして雨の降る中 九份へ、もう私はボロボロ…
駐車場から150段の階段を上がります。
狭い通路ですがすれ違いは余裕で手すりも有ります。

私の前を一人で参加のいつもウンウン頷いている方が
登って行きますが、時々フラつき、夫が手を貸しています。
落ちて来られたら私は止める事は出来ません…怖
e0397389_13214908.jpg
そして千と千尋の阿妹茶楼(あめおちゃ)です。
ジブリの千と千尋の神隠しの映画の湯婆婆の
温泉宿のモデルと言われています。

ここはまだ途中なので、もっと上へ登ります。
e0397389_13215673.jpg
岸壁に沿って建っています、下は海が近いです。
お店は日本と同じく土産物屋、ジブリ中心で
千と千尋のカオナシや、黒猫のキキ等の模倣品。
台湾は以前は著作権や特許侵害は問われなかった。
今はきっとダメです。やっぱりそれは買えません。

少し降りてくると横道があります。
e0397389_13222158.jpg
ここはかつてゴールドラッシュに湧いたところで
この穴もレストランに続いていたらしい、
今は怖いので入りません、と言ってるのに
夫はずんずんと入って行きます。…あ・戻って来た…
e0397389_14141161.jpg
その階段下のウインドウです
e0397389_13224006.jpg
売り物ではない様です。
e0397389_13225005.jpg
あめおちゃ前の広場で見た黄色い車
e0397389_13225616.jpg
何と清掃車、こんな夜に回って来て
皆さん、ゴミを手渡しています。
e0397389_13230754.jpg
これは見ようとして見られないものですね。

そして今夜の夕食は阿妹茶楼のお向かいの九份茶語
e0397389_13231421.jpg
一回はお茶席です。
e0397389_13232188.jpg
7時から2階でお食事です。
この後、約40km、約1時間かけて台北のNo.1の
圓山大飯店(グランド)まで戻って泊まります。

とっても長い一日でした。
ブログも長くてすみません…

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-01-23 09:00 | 日々 | Comments(6)

六合夜市と北投石


私達は夜は早めに眠くなるので、
オプショナルツアーはやめておこうと考えていました。
21:00からはつらそうだと、しかしホテル到着が
20時で1時間早くて、殆ど全員参加みたいでしたので
気が大きくなり参加する事にしました。

しかし、手を挙げていた人が少し心変わりをして
ホテルの向かいの日本居酒屋へ行ったらしい。
20人弱位でスカスカのバスのまま出発に。
e0397389_13464591.jpg
スーさんの後を金魚のフンの様に繋がって行きます。

その場で焼いてくれる海鮮です。スーさんからは
危ないからと、実話を紹介されて止められています。
e0397389_13465313.jpg
これは何の串かは不明ですが、モツなのは確実です。

何処からかとても臭い匂いが臭豆腐でした、
私にはとても無理、つらすぎます。
でも美味しいと言われていますが…

水蛙ってあります、蛙?
e0397389_13465903.jpg
これは白いゴーヤと緑のパパイヤ
e0397389_13470548.jpg
海鮮が多いけれど、なま物は危険ってすぐにわかります。
e0397389_13471284.jpg
もうもうと立つ蒸気
e0397389_13504083.jpg
スリに注意と言われているし…
e0397389_13504661.jpg

イカやエビの串焼きです。50$は約185円です。
e0397389_13505267.jpg
これは日本のお好み焼きみたいです。
e0397389_13510155.jpg
此方はきっとたこ焼きみたいな
e0397389_14243591.jpg
ミミズクの小さなランタン
e0397389_14244047.jpg
子供服や、水着も売ってます。
品質は驚くほど酷いらしい…
e0397389_14244727.jpg
焼き鳥、水餃子なんでも売ってます
e0397389_14245456.jpg
果物屋さん、左のブツブツ緑のが釈迦頭です。
手前のは棗、真ん中に丸い種が有り味は林檎と
梨の固いのを掛け合わせた様な味です。
e0397389_14250006.jpg
e0397389_14250667.jpg
これは一杯飲み屋でしょう、赤提灯が目印です。

e0397389_14251297.jpg
これは砂糖きびジュースの店
e0397389_14251994.jpg
e0397389_14252550.jpg
カラスミも売ってますが…見た目が…?
タラコかもしれません。
e0397389_14253064.jpg
ただ見てるだけの夜市に不満の方が多いのです。
前に来た時は自分達だけで買い食いしたのに…と
私はとても無理かも…





昼間に免税店に連れて行かれました。
どうやらコースに織り込み済みの様でした。
そこでは写真は駄目だと言うので、ネットから、

台湾の北投温泉と日本の秋田の玉川温泉にのみ取れる
ラジウムを含有した北投石は日本人が発見した。
e0397389_16204407.png
日本では特別記念物に指定されているので、
台湾でしか買えないとブレスレットや
ネックレスを勧めます。

リンパに良く効いて肩凝りや癌にも効くと言います。
玉川温泉の岩盤浴のお持ち帰りです。

このお店では最初にその人のマイナスイオンを計測して
次にブレスをして計測します。

最初は私で383、ブレスをしたら1500以上になった、
次に夫が計測したら同じ383でした、そしてブレスを
付けて測ったら、あららブレスの上を計ってます。

夫が計測場所が変だと、最初は手のひら、次はブレスに
掛かっているじゃないかと、物言いが付きます。
これはどうやらマジックの様です。

何年か前に台湾で買ってとても身体にいいと言ってた
辻堂マダムのブレスは計測値0だと言われた。
薄いコーティングだと効き目が無くなるのかしら…

でもマダムは平ちゃらでした、泣き真似をしてます(笑)
皆様大人です、笑ってはぐらかしてマイペース。

なんか怪しい…考えるに、その北投石を粉にして
コーティングしている様です。そう言えば10年位前に
仕事先の方からお風呂に入れるのを貰った事が有り、
少しは使ったけれどよく分からなかった…

こんなデーターです。
e0397389_16203535.png
ツアー仲間の看護師さんに「どう?」って聞いたら
「後でね」って答えたので…納得。

私たちのツアーではお一人様お買い上げ、55000ですって
お母さんにお小遣いを貰って来たから、お土産だそうです。
スーさん 少し渋いお顔でした。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-01-22 09:00 | 日々 | Comments(0)

台湾2日目の午後は高雄へ

高雄へ向かってバスは走って行きます。
途中で台湾で最大のお寺の横を通りました。

台湾の4大宗教の1つと言われている佛光山の
佛光山佛陀記念館です。
e0397389_15182141.jpg
お寺が延々続きます。とても広いお寺なのです。
e0397389_15183701.jpg
e0397389_15184416.jpg
これは観世音菩薩と思います。
e0397389_15505594.jpg
日月潭から高雄へは約200km、約3時間の行程です。
台湾は九州より狭いのですが、プレート同士の
ぶつかり合いで出来ているので険しい山が多くて、
至る所で立派な褶曲のオブジェが見られます。

今も山間は週一で地震があるそうです。
褶曲の美しさはピカイチでした。
延々と斜めのギザギザがありました。


やっと高雄に到着です。
此方は1913年に8年の月日をかけて完成した、
単軌鉄道で全長1526m、幅7.6m。当時アジアで
最長の鉄橋でした。
e0397389_15185105.jpg
鉄道の上が歩けます。怖いけれど…
この先は鉄橋は途切れています、2005年の台風で
壊れた様です。
e0397389_15185564.jpg
下には池があって湿地植物園になっています。
e0397389_16160884.jpg
側には名前は知りませんが綺麗な花、台湾では
年に2回花が咲くらしいです。
e0397389_16161568.jpg
陸橋の下のパパイヤの木、実がなってます。
こんなに細いのに ここは熱帯気候なのです。
e0397389_16162001.jpg



高雄にある蓮池潭にやって来ました。
名前の通り蓮池の中に龍虎塔が有ります。
e0397389_16163025.jpg
龍穴から入って虎穴から出て来ます。
1974年に作られたものです。
e0397389_16163590.jpg
年中ハスの花が咲いています。
e0397389_16164172.jpg
龍穴の中は地獄絵図です。
閻魔様に調べられている悪人達。
e0397389_16164508.jpg
牛頭や馬頭にお仕置きをされています。

e0397389_16165113.jpg
第六天の魔王?
e0397389_16165637.jpg
赤鬼 青鬼
e0397389_16170531.jpg
龍穴の地獄を抜けて
e0397389_16300520.jpg
一方の虎の穴は天国の様です。
e0397389_16313320.jpg
地獄に比べて 意外とツマンナイです。
e0397389_16313951.jpg
有名な人なんでしょうけれど…
e0397389_16330926.jpg
地獄と違って聞いた事がない名前ばかりです。

e0397389_16315063.jpg
こちらの屋台で釈迦頭という甘い果実を買って帰り、
次はささっと美麗島駅の天井画を見に地下鉄の駅へ
行きます。

かなりとっぷり日が暮れて来ました。
高雄市の地下鉄の駅でパブリックアートで有名です。
世界で最も美しい駅ランキングで2位になっています。
e0397389_16373400.jpg
イタリアのステンドグラスアーティストの作品です。
e0397389_16373947.jpg
e0397389_16374484.jpg
e0397389_13314340.jpg
e0397389_13315191.jpg
鑑賞し終わって夕食は中華です。
台湾料理も中華も区別が付きません。
e0397389_13381088.jpg
香港では上海、北京、広東、四川とキチンと特徴が
有ったのに、どれも同じ様な感じです。
味が薄いとガイドのスーさんに言ったら、最近は
健康のために薄味だと、ちょっと違うけれども…

ホテルへ寄って荷物を降ろしてそれから
オプショナルツアーの六合夜市です。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-01-21 09:00 | 日々 | Comments(9)

台湾の2日目はあの日月潭へ

朝から雨が降っている台中市です。
今日は夕方には高尾に行きます、北回帰線を越えて
亜熱帯から熱帯の地域に入ります。

でも冬は寒い日が来るらしいのですが今年はまだ、
今日は16度〜21度くらいだそうです。

まずすぐ近くの宝覚寺に向かいます。
ここは日本時代のお寺で臨済宗なのです。
笑う金色に輝く大仏様が有名です。
e0397389_23292918.jpeg
そこに入れこのようなお寺がありました。
こちらはこのお寺を守る為に上からコンクリートの
お寺を被せました。
e0397389_23304248.jpeg
この黄色い花は黄金木と言う木です。
そこにウズラのような鳥が居ます、キーウイの鳥は
見た事は無いけど、そんな感じです。
人を怖がらずに歩いています。
しかし、後から飛んでるのを見ました。

こちらが黄金に輝く大仏様です。
弥勒菩薩の化身と言われる布袋様です。
e0397389_23315288.jpeg

お寺の中はお釈迦様です。
e0397389_23324691.jpeg

サイドに岳飛と関羽の像が有りました。
e0397389_12570405.jpg
確か顔の赤い方が関羽で、商売の神とされています。
帳簿を考えて、そろばんを発明したそうです。

日本の中華街でも関帝廟に関羽をお祀りしています。
e0397389_12570921.jpg

ガイドさんが昨日、彩虹眷村で迷子札を配られて、
みんなで自分の携帯で電話をテスト、皆繋がらなかった。
私はドコモで、この会社だけは繋がりました。

夫のガラ系も台湾だからここからは海外電話になるので
注意のメールが来て、迷子になっても安心です(笑)
Wi-Fiはホテル以外は全く繋がりません(涙)

電話が通じない人は周りにいる台湾人にこのカードを
見せる。「私は迷子です、この電話番号に連絡して下さい」
と書いてあるそうです。


そこから約1時間半 75km離れた山の上にある日月潭へ
台湾山脈の近くにあるほぼ山間の地です。

台湾のハイライトスポットです。

e0397389_12572007.jpg
元々は水深1〜2mだったのですが、水不足で
川から田へ農民が水を運んでいるのを見た日本人が
改良工事をしてダムを造って水力発電所を作りました。
e0397389_12574056.jpg
月潭と日潭の2つが繋がって水深27mの湖になりました。
水面の標高は748mあります。
e0397389_12574571.jpg
温泉もあって素敵なホテルが点在しています。
日光の中禅寺湖みたいな感じです。

生憎の曇り空ですが、普段はエメラルドグリーンの
湖水で、遊覧船も出ています。
湖底ではスマホやカメラが魚より多いと言ってました。

もちろん遊泳禁止ですが、年に一回だけ中秋の名月の
日に許されて、世界中から泳ぎに来るらしいです。
e0397389_12575077.jpg
湖畔に降りて行く階段にいっぱい付けられている
鈴かランタンの様なかわいい形の絵馬です。
e0397389_12575925.jpg
そしてここは文武廟、孔子と関羽と岳飛が
祀られています。

1938年 日本統治時代にダム化して湖面が上昇する時に
別々にあった2つの廟を移動させ一つになったらしいです。
e0397389_12580311.jpg
1999年の地震でかなり廟が痛んでかなりの方々が
浄財を寄附をした、その名前が石材に記名が有り、
日本人名もかなり有りました、修理は未だ続行中。

e0397389_13422682.jpg
ここは蘭の花が多い所の様です。そして安い…
供物には飴が多い、誰かが質問したけれど、
ここでは当たり前過ぎたらしくて
ガイドの須(スー)さんは困っていた。

e0397389_13423446.jpg
e0397389_13424047.jpg
e0397389_13424579.jpg
この左の竹は もしや幸福の竹ミリオンバンブー、
並んでケーキの様になってて様になっています。
e0397389_13425411.jpg
一番奥の上まで来ました、九匹の龍です。

e0397389_13430246.jpg
こちらではコインをこの水盤に投げ入れて祈願します。
夫がやって2度目に成功しました。

何を祈ったかは内緒です。

日月潭の元家具屋で飲茶ランチです。
黒檀で有名ですが、今は切ってはいけないそうです。
このブーゲンビリアの向こうの誰かが指を
指しているのが1999年に植えられた、黒檀の木です。
非常に成長が遅いので、緻密で重たいのです。
e0397389_15214749.jpg
黒檀の箸や靴ベラの他、翡翠などのお土産屋も
レストランと一緒に山の中でやっています。
象嵌等の古典的な中国家具も有ります。
e0397389_15214196.jpg
何かランチに問題があったらしくて、後から私達の
テーブルの人だけお詫びに黒檀のお箸を貰ったのですが、
何があったのか知ってる人は一人だけで、ガイドさんも
言ってくれません。聞かない方がいいらしいです…
そのあと彼女は豚肉を一切食べられなくなった。

一体何が…でも聞いたらきっと食べられなくなるかも…
これから一路高雄へ約200km、3時間かかります。

続きます。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-01-20 09:00 | 日々 | Comments(10)

昨夜 23時頃に台湾から無事帰って来ました。

昨日はブログをアップできなくてすみません。

何せ私にとってはテンコ盛りのハードなツアーでした。
生まれて初めてのガイド付きツアーで、情報は多いし、
朝早くから 夜遅くまで引っ張り回されて、
新鮮でしたが、疲れました。
e0397389_11303773.jpg
その上に 一行がキャラが濃くって面白過ぎ。
私も少々 変わっていますが もっとユニークで、
いつも爆笑もので、頑丈な人達でした。

ビールは大体台湾ビールです、たまに、麒麟
e0397389_11303125.jpg
よく食べる人が多くて、感心しました。
お料理は絵面がイマイチで、あんまりOOOOOかったので
撮ってません。
e0397389_11304237.jpg
3日目が雨が降って山中の十分で天燈上げして、
e0397389_11305008.jpg
e0397389_11305410.jpg
千と千尋のモデル地の九份にいき、風邪を引きました。
e0397389_11305826.jpg
先程掛かり付け医院に行って来ました。

混んでいて殆ど皆インフルエンザの様でした。

旅行日記は順次あげさせていただきますね。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-01-19 11:36 | 日々 | Comments(10)