人気ブログランキング |

青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アート( 137 )

ディセンダント3のファッションが可愛い

ディセンダント3を随分以前に録画してお正月に
ゆっくり観ようと思ってました。
それがバタバタ続きで、ゆっくりしたのは元旦のみ

ディセンダント3のファッションが可愛い_e0397389_14550796.jpeg
ディズニー・ウイランズ(悪役)が閉じ込められて
いるロスト島。いつも暗雲が立ち込めています。

ディセンダントの主人公マルを演じるのは
ダヴ・キャメロン、眠れる森の美女の悪役
マレフィセントの一人娘です。

左はイヴィ、白雪姫のイーヴィル・クィーンの娘
ディセンダント3のファッションが可愛い_e0397389_14552576.jpeg
イヴィのライダースジャッケットとミニフレア
ディセンダント3のファッションが可愛い_e0397389_14553847.jpeg
右の王子はベン、「美女と野獣」ビーストとベルの息子
ディセンダント3のファッションが可愛い_e0397389_14554911.jpeg
此処でマルにプロポーズします。
ディセンダント3のファッションが可愛い_e0397389_15234971.jpeg
それを見て嫉妬のあまり邪悪になったオードリーは
「眠れる美女」のオーロラとフィリップ王子の娘。
ディセンダント3のファッションが可愛い_e0397389_15240993.jpeg
この杖はマレフィセントの魔法の杖

ムラ染めのG ジャンベスト
ディセンダント3のファッションが可愛い_e0397389_14562353.jpeg
同じくムラ染めのスカート
ディセンダント3のファッションが可愛い_e0397389_14563123.jpeg
可愛い邪悪なイメージですね。
ディセンダント3のファッションが可愛い_e0397389_14565510.jpeg
かなりミュージカル仕立てなのですがドレスが
素敵で苦になりません。勿論とても凝っています。
ディセンダント3のファッションが可愛い_e0397389_14571370.jpeg
ディセンダント3のファッションが可愛い_e0397389_14572726.jpeg
このレースとサテンのオーバースカート付の
ドレスが今回多いデザインです。
ディセンダント3のファッションが可愛い_e0397389_14573977.jpeg
ウーマ「リトル・マーメイド」アースラの娘
ディセンダント3のファッションが可愛い_e0397389_14574998.jpeg
2で蛸になった子です、
ディセンダント3のファッションが可愛い_e0397389_14580196.jpeg
マルの父、マレフィセントと娘を捨てたハデスは
ディズニーアニメ映画「ヘラクレス」から
死者の国の神「ハデス」の登場。
ディセンダント3のファッションが可愛い_e0397389_14581270.jpeg
俳優はシャイアン・ジャクソン、
メチャイケメンです。

ストーリーは何て事は無いのですが、兎に角
衣装が素晴らしくかっこいいのです。
私が子供だったら絶対に憧れます。

カーラ・ソーンがデザインして子供服のコスプレ
衣装としても米国で売れている様です。

ディセンダント2の衣装スケッチです。
ディセンダント3のファッションが可愛い_e0397389_13410338.jpeg
ディズニーのサイトからお借りしました。



にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2020-01-10 09:00 | アート | Comments(6)

スパイラルガーデンでPLANT by edenworks


久しぶりにスパイラルマーケットに来ました、
ガーデンでは写真展みたい…
スパイラルガーデンでPLANT by edenworks_e0397389_16060433.jpeg
2Fのマーケット入り口のスワッグが目に入る。
スパイラルガーデンでPLANT by edenworks_e0397389_16063685.jpeg
やっぱり最近はこの鳥の巣の様な猿おがせの様な
オブジェな形状が流行の様です。

お正月の玄関飾りはこれで行こうっと😅

スパイラルガーデンでPLANT by edenworks_e0397389_16065705.jpeg
1Fの吹き抜けホールではこの様な展示が、
スパイラルガーデンでPLANT by edenworks_e0397389_16071874.jpeg
篠崎恵美さんというフラワーアーティストによる
インスタレーションの様です。

テーブルに置かれた、枝や花、
これでスワッグを作ったり
スパイラルガーデンでPLANT by edenworks_e0397389_16073338.jpeg
ポプリにしてボトルやドーム、フレームに
アレンジできるという事らしい。
スパイラルガーデンでPLANT by edenworks_e0397389_16074654.jpeg
中央の此方の中で、二人の女性が何やら、
演劇のパフォーマンスの様に透けています。
スパイラルガーデンでPLANT by edenworks_e0397389_16080085.jpeg
どうぞと言われて入って見ると、天井から
吊り下げられた大きなモミの木。ブレてて💦
スパイラルガーデンでPLANT by edenworks_e0397389_16081763.jpeg
間伐採されたモミの木。それを刈り取った枝、
これらは捨てられる物だそうで。
スパイラルガーデンでPLANT by edenworks_e0397389_16084766.jpeg
ドライフラワーも花屑の様です。
スパイラルガーデンでPLANT by edenworks_e0397389_16083413.jpeg
ゴミからスワッグや、ポプリに再利用して
スパイラルガーデンでPLANT by edenworks_e0397389_16090504.jpeg
こんな風に花を棄てず、次に繋げる”コンセプトショップ”
Re Arrangement
スパイラルガーデンでPLANT by edenworks_e0397389_16092322.jpeg
此方では持ち込まれた花もドライフラワーに
急速乾燥して再アレンジしてくれるそうです。



入り口のコーナーで、見つけた可愛い焼物
スパイラルガーデンでPLANT by edenworks_e0397389_16273282.jpeg
絵がとても可愛いですね。
スパイラルガーデンでPLANT by edenworks_e0397389_16275341.jpeg
スパイラルガーデンでPLANT by edenworks_e0397389_16314472.jpeg
此方も拙さが素敵です。
スパイラルガーデンでPLANT by edenworks_e0397389_16280496.jpeg
このお皿はコンちゃんか?
スパイラルガーデンでPLANT by edenworks_e0397389_16281805.jpeg
瓶だって、着想が素敵😄
スパイラルガーデンでPLANT by edenworks_e0397389_16282927.jpeg
いいお値段しています。



にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-12-25 09:00 | アート | Comments(12)

山種美術館 東山魁夷の青 奥田元宋の赤 ー色で読み解く日本画ー


夫と久しぶりの山種美術館です。
山種美術館 東山魁夷の青 奥田元宋の赤 ー色で読み解く日本画ー_e0397389_14243203.jpeg
今回は東山魁夷の青 奥田元宋の赤
色で読み解く日本画です。
山種美術館 東山魁夷の青 奥田元宋の赤 ー色で読み解く日本画ー_e0397389_14240666.jpeg
東山魁夷の「年暮る」1968年の絵で、京都です。
川端康成に「京都は今描いていただかないと、
なくなります。京都のあるうちに、描いておいて
ください」と進言されて。「京洛四季」を描き。

京都市役所の隣の京都ホテルオークラから
東山方面を眺めて「年暮る」を描いた。
山種美術館 東山魁夷の青 奥田元宋の赤 ー色で読み解く日本画ー_e0397389_14260696.jpeg
垢は奥田元宋の「奥入瀬(秋)」奥入瀬渓流の
紅葉を微妙に色調の異なる赤い絵具を使い分け
見事に表現しています。
この絵は横長なので、部分です。

絵の展示と日本画の絵具や筆の展示もあって
如何やって描いたのかが想像されます。

色のテーマは青と赤だけではなく、緑や黄、黒、
白、銀、金と8色です。


絵葉書ではなくファイルですが、😅

青のテーマで、東山魁夷、「秋彩」1986年
山種美術館 東山魁夷の青 奥田元宋の赤 ー色で読み解く日本画ー_e0397389_14262154.jpeg
緑のテーマで東山魁夷「月出づ」1965年
山種美術館 東山魁夷の青 奥田元宋の赤 ー色で読み解く日本画ー_e0397389_14263903.jpeg

青のテーマで川端龍子「黒潮」
山種美術館 東山魁夷の青 奥田元宋の赤 ー色で読み解く日本画ー_e0397389_14354033.jpeg
此方は屏風になります。
山種美術館 東山魁夷の青 奥田元宋の赤 ー色で読み解く日本画ー_e0397389_14360273.jpeg
飛魚の目や柄が超リアルで、きっと本物を見て
描いたと私は思います。😄

ここからはパンフレット。

右下の宮廻正明の「水花火」2012年
投網の瞬間を描いています。
この方は現在 東京芸大教授です。
山種美術館 東山魁夷の青 奥田元宋の赤 ー色で読み解く日本画ー_e0397389_14265391.jpeg
奥入瀬(秋)はこんなに長いのです。

山種美術館 東山魁夷の青 奥田元宋の赤 ー色で読み解く日本画ー_e0397389_14271004.jpeg
右の田淵俊夫の「輪中の村」1979年も良い作品です。

千住博の松風荘襖絵習作や加山又造、川合玉堂
などお馴染みの素晴らしい絵が有ります。

ここ山種美術館は同じ方の作品でも選りすぐりで
ある事が最近とみに分かってきました。
近所にあって本当に幸せです。

常陸宮邸も秋深くて最早冬枯れです。
山種美術館 東山魁夷の青 奥田元宋の赤 ー色で読み解く日本画ー_e0397389_15440651.jpeg
銀杏並木も最後の輝き、夫は銀杏を探してる😅
山種美術館 東山魁夷の青 奥田元宋の赤 ー色で読み解く日本画ー_e0397389_15445158.jpeg
この辺の銀杏はメンズオンリーですね。😅


にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-12-14 09:00 | アート | Comments(8)

国立新美術館へカルティエ、時の結晶


国立新美術館で12月16日迄のカルティエ、時の結晶
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14102750.jpeg
TVのぶらぶら美術館でもやっていたあのカルティエの
ミステリークロックや、プリズムクロックです。

光と目の錯覚を利用して、宛も中に浮いている様に
見えるけれども、台座や、装飾彫刻の中に隠されています。

入り口のイントロダクションは杉本博司の<逆行時計>
ミクストメディア(作家本人により逆効果され修復
された1908年製造の時計)個人蔵

杉本博司は小田原の江之浦測候所で有名な元々は
写真家ですが、今は現代美術家ですね。


平日午前中、雨寒でやや空いているものの、マダム達は
しっかり品質チェックして あーだこーだとかますびしい

1905年頃から最近迄のティアラやネックレス、時計等
ゴージャスそのものです。

最後の第3章は写真OKな所だったのですが、
逆に故宮博物院じみてて中々面白かったのです。




自然界からのインスピレーション



ネックレス 2001年 「オウム」リング1999年
個人蔵
ネックレスはホワイトゴールド、サファイア、
エメラルド、真珠母貝、ダイアモンド

下のオウムリングは4.61カラットのイエローダイア、
真珠母貝、ダイアモンド
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14141200.jpeg
「フラミンゴ」ブローチ 1940年

ルビー、エメラルド、サファイア、イエローダイア、
シトリン勿論ダイアもプラチナに散りばめて、
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14142348.jpeg
「バード」ブローチ 1948年

プラチナ、ホワイトゴールド、ダイアモンド
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14143411.jpeg
ブレスレット 2011年、ネックレス 2013年、
イヤリング2013年 それぞれ個人蔵

翡翠やアメシスト、エメラルド使い。
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14160733.jpeg

ネックレス 2015年個人蔵

イエローゴールド、41.99カラットのオレンジがかった
トパーズ、イエローブラウンダイアモンド、
ブラウンダイア、オレンジダイア、
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14162459.jpeg
ネックレス 2018年

51.48カラットのオーストラリア産オーバルシェイプ
カボションカットオパール、パープルサファイア
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14162984.jpeg

カルチャー……外の世界からもたらされたもの

「中国風」卓上シガレットケース 1925年

イエローゴールド、鍍金したシルバー、プラチナ、
螺鈿のプレート、ネフライト、珊瑚、ルビー、
ブラックエナメル、ダイアモンド
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14164274.jpeg

チャームブレスレット 1942年特注品

プラチナ、イエローゴールド、イエローダイアモンド
ダイアモンド、ルビー、サファイア、多色エナメル、
ムーンストーン、カラーダイアモンド、エメラルド、
オニキス、ブラックエナメル、アメシスト
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14165943.jpeg
カフリンク 2007年全部個人蔵
イエローゴールド、骨董の目貫、ダイアモンド
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_14171600.jpeg
こちらはブレスレットと思います、
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_15301251.jpeg
ブローチ 2008年 個人蔵
37.06カラットのオパール、エメラルド、ダイアモンド
眩いので呆けていますが、ドラゴンです。
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_15303161.jpeg
「タイガー」クリップブローチ 1957年
      ブローチ 2007年 個人蔵
      ブレスレット 2016年 個人蔵

イエローゴールド、イエローダイアモンド、
ダイアモンド、オニキス、エメラルド
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_15304354.jpeg
左端の虎はニャンコみたいで可愛い、きっと子虎106.png


「タイガー」ネックレス 1986年
こちらも素材は一緒の様ですが、虎が大きな
イエローダイアモンドを抱いている様に見えます。
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_15305811.jpeg

ここからエジプトテイスト。

ネックレス 2008年 個人蔵
プラチナ、アンティークのブルーファイナンス(?)
オパール、オニキス、エメラルド、サファイア、
ダイアモンド……中々素敵
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_15311695.jpeg
右は「スカラベ」ネックレス 1990年
イエローゴールド、ダイアモンド

左下は「エジプトのサルコファガス」ヴァニティケース
1925年 イエローゴールド、ピンクゴールド、プラチナ
彫刻を施した骨、サフランエナメル、グリーンエナメル
ホワイトエナメル、ブラックエナメル、ダイアモンド、
オニキス、エメラルド、サファイア
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_15313120.jpeg
少しミイラの棺みたい…


右上「インセクト バイオニック」ブローチ 1999年
ホワイトゴールド、スモーキークォーツ、ダイアモンド

左「スカラベ」ブレスレット 1989年
イエローゴールド

中下「スカラベ」ブローチ 1925年
プラチナ、イエローゴールド、アンティークのブルー
ファイナンス、シトリン、オニキス、エメラルド、
ルビー、ダイアモンド
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_15313971.jpeg
右 ブローチペンダント 1013年
プラチナ、翡翠のプレート、サファイア、トルコ石
真珠1個、ダイアモンド

左下 ヴァニティケース 1924年
イエローゴールド、プラチナ、真珠母貝とトルコ石の
象嵌、8.82カラットの葉型に彫刻を施したエメラルド
一個、エメラルド、真珠、ダイアモンド、
ブラックエナメル、クリームエナメル、
国立新美術館へカルティエ、時の結晶_e0397389_15315672.jpeg
かなりの数の中から珍しそうな物を選んでみました
カルティエからしたら少し横道かも知れませんね。

120年以上の間、大きな宝石が発見されたら、
真っ先に此方に来たに違いありません。

大きな石の名前を調べてみたら結局全部書く事に
なりおさらいをした気分です😄
こんな事ブログが無かったら絶対しませんね〜

展示は鎌倉時代の古布や掛け軸に置かれていたり
展示方法はユニークで流石 杉本博司と思います。

しかしいかんせん暗過ぎで、ほとんどお化け屋敷に
入る感じで、行く先は係の方に聞く事も有ります。

夫は早々と出口に居ました、宝石は詰まら無かった
みたいです(^ω^)

お昼時は混むので早目にお蕎麦屋さんへ、


にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-11-29 09:00 | アート | Comments(14)

家に飾ってある絵


家に飾ってある絵とそのエピソードです。

この絵は私が独立した時に商品の下げ札にしようと
描いて貰った絵です(前に載せたかもしれませんが)

売り出し中のイラストレーターで、出来上がったら
本人に愛着が生まれて版権は譲るが絵は譲ら無いと…

丁度展覧会を予定しておられて、危うい所、
アイデアは私の小さな切抜きのモノクロ写真。
なので3倍近くお支払いして譲って貰った。
家に飾ってある絵_e0397389_10090906.jpeg
これは下げ札の他、名刺や、絵葉書を作りました。
下げ札は この人が太めなのでLサイズの服と間違え
られ、名刺も一枚辺りの単価も高過ぎ、モノクロに…

今は玄関に置いて有ります。



リビングのTVの上に飾ってある絵です。
この絵の裏にShuseiー和 と言うサインが有ります。
子供がラグガキした様な いい絵でしょう?

描いた方は湘南が生んだ秋元しゅうせい画伯、
その昔銀座のギャラリーで個展を開かれてた時に、

モデルのアンリに誘われてオープニングパーティへ、
そこでこの絵に出会って一目惚れしてしまい、
娘の情操教育上 良いかと思って…購入しました。

空に浮かんでいるのはUFOです、世界の人が盆踊り。
この方は横尾忠則さんらとUFOを研究してた様です。
家に飾ってある絵_e0397389_10093673.jpeg
絵のことは出てきませんが ネットで調べてみたら
最近はひょうたんスピーカーなるものを考案して
有名らしいです、それが何なのかは知りませんが…



娘は8歳ぐらいからお絵描き教室へ通って居ますが
此方は、そちらの先生がお辞めになる時頂きました。

87.Reiとありますがお名前は失念致しました。
家に飾ってある絵_e0397389_10101520.jpeg
そしてそれからン年、娘の予備校画塾での絵です。
飾ってあると まあまあだと思ったけれど、一寸…

もう少しマシなのは嫁入り時に持って行きました。
家に飾ってある絵_e0397389_10103106.jpeg

絵本の学校で習ったエッチングでBIBIの版画です。
家に飾ってある絵_e0397389_13505779.jpeg
これはニュアンスがとても似ていると内輪では人気が
有りました。
家に飾ってある絵_e0397389_13511406.jpeg

此方はその後、大変大きな絵なのです。
娘は動物シリーズを描くのが好きで、

鳥だと言ってますが…モアみたいな飛べない鳥。
キャンバスは平面では無く布が畳んで塗り込められて
凸凹して居ます。額装してよと言われても、高そう…
家に飾ってある絵_e0397389_10104109.jpeg
此方は結構最近です。模写だと言ってましたが、
昔に比べたら大分絵らしくなって来ています。
家に飾ってある絵_e0397389_10110011.jpeg
他にも友禅作家から絵描きさんになられた方の絵等、
諸々有りますが、壁は狭く飾りたい物は多くて…


にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-11-17 09:00 | アート | Comments(10)

生誕100年藤本能道展に菊池寛実記念智美術館へ

此方の美術館へは 半年ぶりにやって来ました。

この美術館を作った菊池智(1923ー2016)が最も
集中して蒐集したのが藤本能道の作品だそうです。
生誕100年藤本能道展に菊池寛実記念智美術館へ_e0397389_15425209.jpeg
藤本能道(1919ー1992)は東京美術学校(東京芸大)
で工芸図案を学んだ後、色絵磁器の大家である富本憲吉
(1886−1963)らに師事し、作陶の道に進みました。

菊池智美術館には藤本の代表作と言える貴重な作品が
多数含まれています。

今回は生誕100年記念 生命を描いた陶芸家
藤本能道展が開かれました。
その作品です。(パンフレットからですが)

もだえ(オブジェ)1956年 青梅市立美術館蔵
生誕100年藤本能道展に菊池寛実記念智美術館へ_e0397389_15441894.jpeg
幻の食器 1976年 菊池寛実智美術館蔵

1976年に再々された茨城県下の植樹祭の折に、
菊池家の宿泊施設にお泊まりになられた昭和天皇、
皇后陛下の晩餐用に菊池智が製作を依頼した
総数230ピースからなるディナーセット。
生誕100年藤本能道展に菊池寛実記念智美術館へ_e0397389_15444110.jpeg
晩餐の使用後は限られた機械のみ公開され、この度は
10年ぶりの展示になります。

写真は1992年作家の生前最後の個展で、此方の
西洋館で撮影されたものです。

今回はワンセットのセッティングと、
其々のセットピースで揃えてありました。

まあ これが素晴らしく、大変モダーンな感覚です。
昭和天皇と皇后様だけがお使いになった食器です。

きっとお料理も凄かったと思われますが、この器の
素晴らしさに御目を奪われられたに違いありません。

この下の様な翡翠や山の鳥が描かれています。
素晴らしい手描きなのです。

色絵翡翠文八角筥 1979年 個人蔵
生誕100年藤本能道展に菊池寛実記念智美術館へ_e0397389_15434545.jpeg
翡翠が水面に映っています。
生誕100年藤本能道展に菊池寛実記念智美術館へ_e0397389_15440111.jpeg


雪代釉色絵山帰来鶉図六角大筥 1982
               菊池寛実智美術館蔵

生誕100年藤本能道展に菊池寛実記念智美術館へ_e0397389_15440664.jpeg


霜白釉釉描色絵金彩焔と蛾図扁壺 1990年
             菊池寛実智美術館蔵

此方の炎に蛾が飛び交う絵は速水御舟を
思い出させます。
生誕100年藤本能道展に菊池寛実記念智美術館へ_e0397389_15445224.jpeg
梅白釉釉描色絵金彩花と蝶図六角小筥 1991
               菊池寛実智美術館蔵
生誕100年藤本能道展に菊池寛実記念智美術館へ_e0397389_15450077.jpeg
12月1日までです。土曜日には47年前に御弟子に
なられた方のトークショーが2時からありました。

元々京都でお仕事をされてた方ですが、入って少し経ち、
今まで覚えた事は全て捨てる様にと言われたとの事です。

量産とは何も彼も 全く違う世界なのですね。
つくづく奥の深い世界です。


にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-11-15 09:00 | アート | Comments(9)

西洋美術館前庭の彫刻と駅からの近道エレベーター


国立西洋美術館前庭の彫刻です。

オーギュスト・ロダン カレーの市民 
1884−88年(原型)1953年(鋳造)
ブロンズ、180×230×220 松方コレクション
西洋美術館前庭の彫刻と駅からの近道エレベーター_e0397389_10291997.jpeg
オーギュスト・ロダン 地獄の門
1880−90年頃/1917年(原型)、1930−33年(鋳造)
ブロンズ、540×390×100松方コレクション
西洋美術館前庭の彫刻と駅からの近道エレベーター_e0397389_10301035.jpeg
かなり昔ですが、パリで見た事があります。
考える人もいます。

もう一つ考える人、オーギュスト・ロダンの拡大作
1881−82年(原型)1902−03(拡大)1926(鋳造)
ブロンズ、186×102×144松方コレクション
西洋美術館前庭の彫刻と駅からの近道エレベーター_e0397389_10365923.jpeg
館内にもう一つ小さめの考える人があって、
何方がどうなのか分からなかったけれど、
大きいのは拡大版だったのですね。

あちこちにあると思いましたが世界中で26箇所あり
日本でも、京都国立博物館、長島美術館、西山美術館、
静岡県立美術館、日本臓器製薬など6カ所あります。

大阪で隣の家の庭にこれが出来た時は驚きました。
私の部屋の窓からいつも見えました。

結局8年間眺めた事になります、普通家の庭に
考える人を置きます?
普通じゃ無いお家でした。


前庭の彫刻は 他にもブルーデルの弓を引くヘラクレス、
ロダンのアダムやエヴァ、松方コレクション等があります。


いつもと違う道で色々と見つけました。(^ω^)

あの正岡子規の記念野球場です。
西洋美術館前庭の彫刻と駅からの近道エレベーター_e0397389_10540655.jpeg
正岡子規と言えば日本に野球を広めた方です。
きっかり1試合しか出来ない大きさの野球場です。

きっと此処で野球してたのでしょう。
色んな野球言葉を日本語にしてくれた方です。
西洋美術館前庭の彫刻と駅からの近道エレベーター_e0397389_10542537.jpeg
その先に咲いていた十月桜
西洋美術館前庭の彫刻と駅からの近道エレベーター_e0397389_10545037.jpeg
春四月と秋に2度咲くらしいです。
カラスがチャッカリ真ん中で収まっています。
西洋美術館前庭の彫刻と駅からの近道エレベーター_e0397389_10544057.jpeg
上野の森美術館ではゴッホ展をやっています。
今日は疲れたので寄りませんが、そのうち来ます。
西洋美術館前庭の彫刻と駅からの近道エレベーター_e0397389_10550098.jpeg
この向こう側に地下鉄に行くのに便利なエレベーターを
見つけました。…単に知らなかっただけですが…

普段は階段を登ってたのですが半年位 工事中で通れず
回り道をしていました、その通れない階段の手前の
ビルに見つけたエレベーターで Rフロアが此方と
繋がっていました。あの急坂を回避は嬉しい…🤣
西洋美術館前庭の彫刻と駅からの近道エレベーター_e0397389_10551332.jpeg
もちろん帰りも使います。
上野駅の上に東京スカイツリーがクッキリと…



にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-11-14 09:00 | アート | Comments(12)

モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ


ハプスブルグ展を出て、常設の松方コレクションへ
勿論お目当てはクロードモネの睡蓮、
これは部分です。筆のタッチが素敵です。
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_10163141.jpeg
モネのお庭は ビデオではモネは6名の庭師と一緒に
作ったと言ってました。色々と総動員ですね。

以前kitaoniさんが3年で作ったと仰ってた。
その頃重機があったかどうかは知りませんが…

クロードモネの作品

並木道(サン=シメオン農場の道)
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_10352085.jpeg
雪のアルジャントゥイユ
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_10210023.jpeg

舟遊び
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_10374964.jpeg

陽を浴びるポプラ並木
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_10213442.jpeg
ポントワーズの橋と堰
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_10424989.jpeg
特別に譲って貰ったという睡
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_10433080.jpeg
黄色いアイリス
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_10254831.jpeg
セーヌ河の朝
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_10273800.jpeg


幻の対策と言われる<睡蓮、柳の反映>
此方はモネが1916年に製作された油彩画で
パリのオランジュリー美術館にある全長90mの
睡蓮の大装飾画の一部、
<木々の繁栄>にに関連する習作の一つ。
柳の木が逆さまに映り込んでいる池の水面を
描いたもので、2016年にルーブルで発見されて
松方コレクションであると判明し、17年に松方家から
西洋美術館に寄贈されました。
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_13162047.jpeg
左のおじさんが動かないので、仕方なく…


お昼時刻が近づいたので、館内のカフェすいれんへ
早めなのに行列です、しかし混み合っては無く
一定間隔を空けて中へ案内しています、ゆっくり…
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_10403129.jpeg
窓辺の席で、店内は7割程度埋まっています。

お庭の木には珍しい小鳥、四十雀でしょうか?
雀くらいで綺麗な小鳥。

お皿をキャンバスに見たて、モネの睡蓮を表現した
サラダ仕立ての睡蓮という一品料理があったけれど
私はカニクリームコロッケが得意ではないので、
睡蓮つながりは諦めて…

二人揃って一日20食限定の松花堂弁当にしました。

和風スープ
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_10405176.jpeg
お弁当は少なめで私サイズ、夫は少し物足りないでしょうね。
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_10410554.jpeg
しかしカロリーはたっぷりかも知れません。
右下は角煮、その上の丸いのは鶏肉の湯葉揚げ。
お魚は鯖、野菜の煮っ転がし等々、一見はヘルシー

デザートはマシュマロ入りのババロアと
とっても美味しいコーヒー(これは○)
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_10411913.jpeg
国立博物館のレストランメニューの方が私は好みかも
しかし何事もやってみないと分からない。

ランチ後もまだ見ていない作品が一杯なのです。

夫は此方の内藤コレクションに魅入っています。
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_11302170.jpeg
私も好みではあるのですが、ここにはもっと観たい絵が
沢山有るので、先へ進みます。

ゴーギャンだっけ?
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_11260555.jpeg
牛、誰のかは忘れました。
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_11274302.jpeg
藤田嗣治 有る女
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_11280081.jpeg
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_11281198.jpeg
上も下も有名な画家です。曖昧なので💦
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_11282359.jpeg
デュフイのモーツアルト
モネの睡蓮を見て カフェすいれんでランチ_e0397389_11283256.jpeg
しっかり知ってると思っていてもあやふやで…

夕方まではもう足が持ちません、午後早めに紀ノ国屋で
お買い物をして帰りましたら、工事は終わっていました。
良かった〜



にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-11-12 09:00 | アート | Comments(18)

国立西洋美術館でハプスブルグ展


上野の国立西洋美術館へやって参りました。

ハプスブルグ展の看板は あの有名な青いドレスの王女
マルガリータ・テレサ、幼い頃からウィーンの宮廷に
嫁ぐ事が決まっていたスペイン王女。
この作品は許嫁に彼女の成長ぶりを伝える為に描かれた
そっくりな緑のドレスの王女もあります。
国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_14094721.jpeg
青いドレスの方はディエゴ・ベラスケスの作です。

今日はマンションの水道工事の為、朝9時から
夕方5時迄の断水なので、纏めて美術館巡りを
する事にしました。(o^^o)

国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_14100820.jpeg
撮影不可ですのでパンフレットから有名な作品を
国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_14103447.jpeg
時代の古い順です。
国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_14105144.jpeg
国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_14111148.jpeg
国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_14115874.jpeg
このフェリペ4世の娘が先程のマルガリータ・テレサ

その孫に当たるマリア・テレジア
国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_14121877.jpeg
マリアテレジアの娘のマリー・アントワネット
この絵はやっと自分好みの画家に出会えたので
母に送った作品だとか…
国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_14125251.jpeg
最後の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世
国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_14130975.jpeg
国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_14143829.jpeg
エリザべトはその薄幸の妃、愛称シシィ

その他様々な絵画や宝石、小物などでした。
国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_14505462.jpeg
ミュージアムショップでは
国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_14523425.jpeg
国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_14525281.jpeg
アウガルデンのマリアテレジアのカップオブソーサー
お好きな方にはたまりません。
国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_14530296.jpeg
アップで、
国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_08300818.jpeg
国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_08303112.jpeg

ドレスになる様な丸いハンカチーフ
国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_14531241.jpeg
国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_08304684.jpeg
アクセサリー類、ウィーンですから…
国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_08335243.jpeg
国立西洋美術館でハプスブルグ展_e0397389_08340513.jpeg
神聖ローマ帝国から始まったハプスブルク家は
数世紀にわたって広い領土と多様な民族を統治した
ヨーロッパ随一の名門なのです。

私よりきっともっと詳しい方がおられるでしょう…


にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-11-11 09:00 | アート | Comments(16)

孫のポスター入選とハロウイン



小一の昨年に続き、夏休みの自由宿題の
交通安全の児童画コンクールで入選しました。

一人づつ賞状を手渡され、
孫のポスター入選とハロウイン_e0397389_11260077.jpeg
ピーポくんと記念撮影です。
去年の服は小さくなってシャツは新調、上着は
一寸小さめですが、これが最後の着用ですね。
孫のポスター入選とハロウイン_e0397389_11260332.jpeg
今回の絵は「免許を返してくれてありがとう」
とコピーが入っています。
折しも先月、夫が免許を返納しました。
孫のポスター入選とハロウイン_e0397389_11261059.jpeg
絵では免許証がニコニコと帰っていますが、
免許証を取るのも大変ですが、返すのも一苦労、
規定の大きさの写真と、返納料金が掛かります。

それって非常に面倒くさい事ですね、これでは返納者は
増えませんね、運転しない様に念の為に返したいのに、
ハードルを高くしてどうするのでしょうか?


その表彰式の日、学校の近くでハロウインの行列に、
参加した孫と友達。お菓子も一杯貰って御機嫌です。

去年 ゲゲゲの鬼太郎スタンプラリーで買って貰った
大人サイズの鬼太郎のちゃんちゃんこを着て
頭に目玉のオヤジを乗せています。
勿論 道では夏に私が買ってあげた下駄を履いて、
孫のポスター入選とハロウイン_e0397389_11261316.jpeg
この仮装は老若男女に非常に大ウケしたらしいです。
おじいさんが「おお、ゲゲゲのきたろ〜」っと、
小さな女の子から「目玉のオヤジが居る」とお声が。

大大満足の孫です。102.png102.png
鬼太郎と目玉のオヤジは昔も今も大人気みたいです。

目玉のオヤジが小さくて見にくいから、写真を送ってと
娘に頼んだら 孫の頭に長時間 結えられていたので、
かなり変形しちゃってた💦

もう少しちゃんとしてたのに〜とは娘の言
遠目だったらまだマシだった?
孫のポスター入選とハロウイン_e0397389_11261970.jpeg
で、お友達は何の仮装?と疑問に思って聞いた、
だってラグビーなら分かるけれど、サッカーぽいし…

そうしたら、彼は午前中にサッカーの試合があって、
急いで駆けつけてくれたらしいです。☺️



この10月は娘一家も運動会やら同窓会やらと
何かと忙しく毎年恒例のカボチャ重さ当てクイズも
孫は不参加、
孫のポスター入選とハロウイン_e0397389_15304693.jpeg
私がちゃっちゃっと適当に書いて、去年は確か
あんなに大きくって60kg少しだった。よ〜し、と
孫のポスター入選とハロウイン_e0397389_15305462.jpeg
見事に外れた😅

何と54.1kg。大きさの割に重い、見かけだけでは
分からないものです。くじを引いて帰りました。
孫のポスター入選とハロウイン_e0397389_15311185.jpeg
クジは2個黄色の玉が出て、お買い物券ゲット166.png


昨年の表彰式の様子はこちらです。
随分大きくなったのが一眼でわかりました。

来年も頑張ってね。

にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-10-31 09:00 | アート | Comments(14)