人気ブログランキング |

青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

6月30日はビビの日

e0397389_16325750.jpg
右上にいる子の名前はBIBIです。
チンチラペルシャのシルバーで目はブルー。
お父さんはゴールデンで、お母さんがシルバーです。
本名はビビエンヌ・カルトブランシュ

本当はヴィヴィアンリーにあやかってヴィヴィにしたかったのですが、
母猫の2回目の子なのでBで始まりました。

代々木のショー関係の帽子のデザイナーさん宅で生まれました。
とっても活発な子で、他の子は皆お母さんにくっついているのに、
一人で部屋の中を走り回っていました。
抱っこしても スルリと腕からこぼれていきます。
お転婆すぎるからと他の子を薦められましたが、
一目惚れです。
e0397389_16331072.jpg
もっと小さい時の写真があるはずですが、
小さな籠の中で毛布に包まって眠っていました。

小さかったのでいつも眠っていました。
e0397389_16331855.jpg
懐いているかと、心配をしたデザイナーさんからお電話があり
仰向けに眠っていますと伝えると、
ああ、良かったと、人に慣れないかと思っていたみたいです。

この子の姉妹は菊池武夫さんにもらわれて行ったそうです。
人生はわからないものです。
e0397389_16333373.jpg
帰ってきて、バッグを放り出していたら、
側で眠ってしまいました。
あまりの可愛さに パチリ
e0397389_16334189.jpg
そおっと どけたら、薄眼を開けた。

生後半年目、精悍な感じです。
e0397389_16335257.jpg
ゴミ箱に何かある?
e0397389_16340258.jpg
ヌイグルミはやられっぱなし
e0397389_16341017.jpg
このアルフレックスの白い椅子は、爪磨でボロボロになりました。
爪磨き用の段ボールの板はあるのですが…
使ってくれません。


かなり大きくなってからはやや大人しくなりましたが、
私も夫も犬を飼っている家で育ちましたので、
夫は犬を躾ける要領で接します。
おかげで口笛を吹くと 飛んで来ます。

ご飯は好き嫌いが多くて、小さな猫のグルメ用でも
駄目な時があり、ピュッと逃げます。
2.5kgしか無い、気位の高い猫でした。
e0397389_16350694.jpg
クルマや新幹線の車窓が大好きです。
籠の中で、外に出して、と蝶番をペロペロ、
床が濡れてしまい根負けします。

そ〜っと出して窓際に、微動もせずに外を見ていました。
皆さんぬいぐるみと思われて 気づかれない事も。
e0397389_15343166.jpg
アトリエのアイロン台に乗っているビビです。
高い所から外を見ています。
夏なので、毛は少し濃いグレーです。
子供が嫌いで、娘以外は何処かへ隠れます。

パーティでも始めは居ませんが おひらきになる頃は
3m位に近づいていました。

私と娘が旅行すると、夫にベッタリだったそうです。
朝はクンクンと匂いを嗅ぎに来ます。
くすぐったいのです。

金魚鉢はいつも狙っていましたが捕まえられず、

これはインコにいいようにされているビビです。
e0397389_16361562.jpg
娘がセキセイインコのキララちゃんを仲間に入れました。
初めは狙っていたけれど、背中に乗せたら、インコの方が
気が強くて、すっかり言いなりになってしまいました。

自分が猫だと思っていなくて、抱いて
鏡を見せても、知らんぷりです。

牡猫などとんでも無く、戦い抜きます。
終いに牡猫が帰りたいよ!と泣いてしまいます。

夜は娘の枕で寝ている事が多かったかも。
娘の撮った写真です。
e0397389_16363523.jpg
それを娘がエッチングにしました。
e0397389_16364308.jpg
まだまだ写真はあるのですが

具合が悪くなってからのビビ
私の足元にいます。
e0397389_16365063.jpg
毛艶もなくなり、アトリエから動かなくなりました。

癌で 結構早い内に気がついて
近くの病院へ連れて行っていたのですが
手術は難しいとインターフェロンの注射だけ、

後から 中野の有名な医師を知り、そこなら
助かったかもと、思いました。

6月30日の香港返還の前日に行ってしまいました。
その日はとても暑い日でした。ビビ12歳でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2018-06-30 09:17 | 日々 | Comments(12)

デニム素材のベレー帽を作ります。

この前、ベレーの方が私には似合いそうだと
思い、レースの帽子の下のベルトを取って
レースにグログランリボンを直接付けました。
e0397389_14520758.jpg
こんな感じで、被って見たらとても似合います。

ついでにコムデOOOOのベレー帽もお直しをしました。
e0397389_14521594.jpg
すっごく良くなり、キチンとかぶれます。
それでもやっぱり風が吹いたら飛んで行きそうなので、
黒いコームはそのままにしました。
嬉しい!夏の帽子が増えました。

ブラウンデニムの残反があるので、エプロンを作ろうと、
奥から出して貰いました。

その前にこれでもベレーを作ろうと。

パターンが完成したので、これで簡単にベレー帽子ができます。
e0397389_14522117.jpg
私のサイズは58cm、1~2cm普通より大きいのですが…
上の天布は直径25.7cmで縫い代は1cm、
下のカーブしているサイド布は真っ直ぐな紙を
切り込んでカーブさせました。

上辺41cm、下辺30cm高さ8cmで2枚、縫い代は1cmです。
これは58cmのサイズですので、自分のサイズで、
下辺を調整してください。

裏地をつけるときは表と裏をそれぞれ裁断します。
デニムなので、裏無し、
e0397389_14522964.jpg
サイド布の端を合わせて縫って、天布も接ぎ合せます。

グログランリボンは3〜4cmのものを使います。
これは4cmで、60cm(縫い代各1cmです。)
e0397389_14523561.jpg
リボンを輪に縫って内側にこんな風に付けます。
帽子の裾は少しイセ混み気味にします。
下辺の1cm中側とリボンの端を縫います。
e0397389_14524360.jpg
あっという間に出来上がりました。
e0397389_14525210.jpg
しかし、レースのような可愛さが無い…
私はハンチングとかは嫌いです。
夫に昔の鉄道員の帽子みたい?と尋ねると、
昔の年寄りの頭巾みたいと言います、もっと悪い。

エプロンが出来上がったら一緒にアレンジして
可愛くしてあげるからねー。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2018-06-29 08:55 | ハンドメイド | Comments(8)

ベランダの植物達、時季外れ?の子も

ベランダの紫陽花がグリーン色になり、
少しカサカサして来ました。
なのに一輪ブルーなので、
パセリの花と一輪挿しに
e0397389_14173332.jpg
紫陽花が大き過ぎたのか、パセリが見えないです。
他の紫陽花のアナベルは綺麗なグリーンに、
e0397389_14264801.jpg
そこに見えるのはガーデニア、咲き忘れた一輪です。

パセリは元気に咲いています、このままで勝手に増えます。
e0397389_14175452.jpg
バジルの白い花も咲いています。トマトのアイコはまだ青いです。
e0397389_14184932.jpg
オクラは寒かったので中々大きくならず
e0397389_14184365.jpg
また一輪咲いて居ます。
e0397389_09281846.jpg

オリーブの実は膨らんできました。
e0397389_14182519.jpg
気まぐれモリンガはまあまあの調子です、
水は殆どやらずです。

小さいモリンガ
e0397389_09292157.jpg
大きいモリンガ
e0397389_09290421.jpg
140cm位の先に葉が 繁ってきました。
e0397389_09291303.jpg


時季外れのミニシクラメン、2〜3本咲きます。
e0397389_14183532.jpg

風船葛はものすごく元気で伸びています。
e0397389_14185876.jpg

次々に小さな白い花が咲き、
風船もいっぱい膨らんで来ました。
e0397389_09285467.jpg
昨日今日と風が強くて、荒れ放題です。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2018-06-28 09:08 | 青山界隈 | Comments(2)

蒔絵展2018

日曜日の帰り道に福井青山の表で蒔絵展のお知らせが。
e0397389_09424791.jpg
この日が最終日だったので、見る事にしました。
うるさい孫連れですが、

福井青山のアンテナショップの2階です。
e0397389_09455521.jpg
入り口で署名して、
e0397389_09450743.jpg
ここは多分プロのコーナーです。

琥珀に蒔絵のペンダント・トップ。
すっごく綺麗、これは皆様にお見せしなければ、
直ぐに受付に行き、写真は?OKでした。
e0397389_09425860.jpg
凄すぎ
e0397389_09430672.jpg
何に使うか分からないけれど綺麗です。
e0397389_09431475.jpg
こちらはグラス
e0397389_09444244.jpg

手吹ガラスに漆絵
e0397389_09442042.jpg
箸置き
e0397389_09440980.jpg
これはとても綺麗、石かも、文鎮に使えます。
e0397389_09454287.jpg

棗に蒔絵
e0397389_10011324.jpg
e0397389_10012564.jpg
e0397389_10014078.jpg
それぞれ作者のお名前が 多分ここから生徒さんの作品です。
e0397389_10015092.jpg
文箱
e0397389_10020109.jpg
これはなんと バイオリンです。
e0397389_10020809.jpg
これは飾り盆?
e0397389_10021662.jpg
酒杯?
e0397389_10022799.jpg
外苑前にも蒔絵教室があるそうです。
e0397389_14042963.jpg
綺麗でもっとゆっくり見たかったけれど
お孫さんから2度目の呼び出しが、

なんと恐竜の帽子です。
親子で買う買わないでもめています。
e0397389_10132243.jpg
後ろに尾っぽも付いていて、さっき外人の男の子が買って行って
これがラストワン、「おじいちゃんには内緒よ」と
私が買います。

福井は恐竜の化石もたくさん出て有名です。
入り口の恐竜博士と記念撮影です。
e0397389_10134002.jpg
手に貰った恐竜シールを持っています。
「この本に前に字が書いてあったんだよ」
そんなわけない、「あっちへ行ってよ、」
と言ってもしっかり写り込んで邪魔をしてます。
e0397389_10134712.jpg
向こうに見える、歯のような突起は
恐竜の歯のイメージオブジェだと、
ここが出来てかなり経ってから判りました。
それまでは、何の事やら…


にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2018-06-27 09:17 | アート | Comments(10)

表参道から、みゆき通りを通って

表参道交差点から、原宿を背にして根津美術館の方へ。
この道はみゆき通りと言います。

角の布団屋さんはもうやっていません。
第一マンションズは建て替えが予定されていますが、
ここは向田邦子さんが住んでたマンションです。

右にバレンシアガ、
e0397389_11312521.jpg
隣がアレキサンダーマックイーン、
e0397389_11313492.jpg
道向かいにトッカのお店があります。
娘に買ったことが何度かあります。
私には全く似合いませんが、
可愛くて、手が混んでいるので良く見に行きました。

すぐの信号を渡るとコムデギャルソンです。
e0397389_11314358.jpg
センスの良い外国の方が…

石膏像が無造作にオブジェしています。
e0397389_11315039.jpg
道向こうにはMIU MIUが、プラダの若い子ブランドです。
e0397389_11320300.jpg
その次がステラ・マッカートニー、みなさん御存知
あのポール・マッカートニーの娘さんのお店です。
e0397389_11321291.jpg

次の信号の手前の角が青山ランドマークにもなってると
思われるプラダのビル。
e0397389_11322059.jpg
以前は右のほうの通路から入ったけれど、今は直接入れます。

信号を渡ると、LA PERULAとその向こうに
引っ越ししてきた、バス ストップ。

ここで道を右に曲がります。
周囲は一変して静かになります。

左にマークジェイコブス、右にソニアリキエル。

ケイトスペードのお店は残念ながら無くなりました。
私は彼女の小気味良いジョークのテイストが好きだったのですが
数年前にブランドが彼女の手を離れてしまい、先日のあの事件です。
まだまだ才能豊かな方なのに、残念です。

以前はMIU MIUだった所に
ドルチエ&ガッバーナのお店が来ました。
e0397389_11324961.jpg
ここを右に曲がると右に、レッドバレンチノ。
左にロベルトカバリがあります。

少し行くと、前にバス ストップがあった所が
e0397389_11345394.jpg
1Fがピザ屋に2Fがポロ・ラルフローレンに、
なっていました、壁にあった大時計はなくなっていました。
脇にあったお花屋さんは
e0397389_13110396.jpg
大きなオリーブの木が、

サボテンの植え込み、
e0397389_11350142.jpg
なんとカフェになっています。
しかもガラガラ、表通りは人でいっぱいなのに。
e0397389_13181839.jpg

もう少し行くと、以前 福井青山荘があった所が
ファッションスクエアになっています。
ここは人だらけです。
e0397389_13182653.jpg
突き当りは福井県アンテナショップです。
焼き鯖寿司が美味しいです、お箸や、和傘など
福井の物がいっぱいです。

右脇は望洋楼、美味しいらしい、
行ったことは有りませんが…
一度行きたいと思っています。
e0397389_13302151.jpg
左右はブティックばかりでしたが、
今は飲食店が多くなりました。
e0397389_13303153.jpg

フィリップ・リムがかろうじて残っています。
この中だけは別世界です、優雅に時が流れています。
e0397389_13183537.jpg
この裏の路地にサカイのブティックもあります。
ここ数年は行ってませんが…

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2018-06-26 09:19 | 青山界隈 | Comments(6)

iL PRimariOでお茶します

朝の買い物は行ったけれど、雨が降っていたので、
もう一度 娘と孫を誘って 紀伊国屋へ、買い物に。
イル プリマリオのお茶券をいただいていたので、それで 誘いました。

行く途中で、ランボルギーニが止まっています。
e0397389_15490633.jpg
日曜日の午後は骨董通りはスーパーカーが多いのです。

マックスマーラはもう秋?
e0397389_15491535.jpg
AOビルB 1にあるカフェです。イル プリマリオ
e0397389_15594662.jpg
孫はパイナップルジュース、

いつもはブラックのアイスコーヒーだけれど、
今日は私はアイスカフェラッテ、美味しいです。
e0397389_15493270.jpg
娘はマロッキーノ
e0397389_15494030.jpg
カフェマキアートにブラックチョコ入り、
上からココアパウダーが振られています。

今週末に夫が訪問先に持って行く手土産は
毎度おなじみになってしまうので、
紀ノ国屋ではなく違うお店に行く事に。

表参道交差点近くの桃林堂、
前から美味しそうと思っていました。
e0397389_16082812.jpg
賞味期限が4日間だったので、また今度にします。

こうなればヨックモックしか無い、
e0397389_16084185.jpg
手前の喫茶室には、待っている人が多数です。
娘と孫はここのクッキーが好物です。
クッキーの詰め合わせは10月まで持つそうです。
お互いにクッキーを買って、帰ります。

帰り道のスタバの前に フェラーリが、
e0397389_16085577.jpg
右のクルマの名前は何?
e0397389_16090261.jpg
フォードって書いてあるけど…
少年も写真を撮っていました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2018-06-25 09:27 | 青山界隈 | Comments(8)

プリントの手法のお話を

プリントの発達には目覚ましいものがあります。
インポートのプリントは本当に綺麗です。
何が違うのでしょう?

プリントの手法ですが
従来だと、手捺染、もう殆どやっていませんが
92cm幅や112cm幅で1人が1枚づつ1版づつ重ねて
シルクスクリーンの様に色を置いてゆきます。
日本の着物もこのやり方です。

桐生へ行った時にW幅の手捺染をやってらっしゃるのを見ました。
2人が生地の両端に立ち、プリント枠を渡して捺染、
京都からのMDは「信じられへん」と言ってました。

でもインポートではW幅のプリントです。

ドットやストライプは継ぎ目のないマシーンプリントが
多くて、安価ですが、ロットが大きいです。昔は3000mでした。

最近はスクリーンプリントが多いです。
送りを付けた柄であまり大きな柄には不向きです。
e0397389_15005582.jpg
昔はロットが800mでしたが 今は500m位で出来ます。

もっと簡単なのが昨日出て来ました転写プリント
少し古いですが、図案の一覧表です。
e0397389_14504730.jpg
e0397389_14510754.jpg
これは図案が紙に乗っていて写し絵みたいに
生地に転写します。1ロールは大きなロットですが
サンプルは何mでも可能です。

たまたま ここにあった着分残りのプリント地、
かなり薄いポリエステル・オーガンジーの50デニールです。
なぜ薄いかと言えば、表だけの転写なので 糸がえりが起こるから
普通の生地だと裏側の白い部分が縫い目で見えることがあります。
e0397389_14514373.jpg
e0397389_14512360.jpg
絵描きさんの筆のタッチそのままにプリントされます。
色数の制限もなくて、ボカシも自由自在です。
e0397389_14515464.jpg
ロマンティックな表情が受けて、かなりヒットしたことがあります。
生地値段は高いのですが、ペーパーは全て欧州からなので。

最初は日本でもやっていましたが。(かなり前)
売れませんでした、柄と生地が合わなかった。

やっぱり図案はヨーロッパには敵いません。

染色の染料は皆インポートなのだそうですが、
日本の生地の基準が厳しいから綺麗なカラーが
出来ないと言われていたけれど…


ところが最近デジタルプリントが現れて、
大きさや柄にもっと制限が無くなりました。

日本の着物の様な手描きも出来ます。
仕事でよくパネル柄のワンピースをデザインします。

その場合にはパターンを先におこして、
パターン入りの図案依頼をします。
e0397389_15485986.jpg
グレーディングを考えて、花の位置がMでもLLでも
違和感の無いようにします。
この状態のものとカラー指図で図案屋さんに
図案を作成してもらいます。

コンピューターのお陰で日本画かと思われるレベルの
図案が上がります。(下は少しボカして撮りました)
これは多色使いのプロ用インクジェットプリントです。
e0397389_08401892.jpg
プリント下生地がもっと良かったら、彼の国の水や技術が
もう少し良かったら、もう少し図案通りに上がるかと…
部分ですが、図案は とっても綺麗です。
e0397389_08404243.jpg
以前にコレクションショーでのドレスに画家がその場で
絵を描く、デモンストレーションがありましたが(D&G)
きっとこの方法で、量産したのでは…と考えます。



余談ですが、刺繍の場合もそうで、柄を置きながら考えます。
e0397389_14521534.jpg
何回かやり直して完成します。
刺繍の場合は図案と、糸のカラー、
刺繍糸の振り方向を指示します。
e0397389_08411309.jpg
これはボツのカラーです、私は好きですが…

にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2018-06-24 09:07 | アート | Comments(10)

インポート生地屋アクートさんへ行きました。

宝塚のブロ友さんから、紹介された生地屋さんへ行きました。
手前のフローレンスさんで、「お茶をしない」と言われて
お茶する前に、2人で直ぐ近くのアクートさんへ、

地図を見てたら、彼女がきっと此処かもと、
此処は彼女が毎日通っている道らしい
洋服のオーダー店かと思っていたと。
今は嬉しいセール中です。
e0397389_16153335.jpg
輸入生地商のアクートさん、

かなりお安くなっています。
お客様も多くて、早く来れて良かった。
e0397389_14175242.jpg
カラフルな生地
e0397389_16161992.jpg
半期に一度のセールです。
明治通り沿いのインポート生地屋さんより、
バリエーションが豊富です。
有名ブランドの生地もいっぱいあります。
e0397389_16162925.jpg
一緒に行ったフローレンスさんはさすがの目利きで、
自分で探すより、彼女の手元を見ている方が、
掘り出し物が手っ取り早い、お店のオーナーの原さんも
「数を見てらっしゃるのね…」と。

私もマイブランドをやってる時は
インポート素材も展開していましたが、
此処は卸で買うより安いかも…
e0397389_16164688.jpg
ストレッチコットンやシルクのプリント、ジャカード地
コットン・レースにサマー・ファンシーツイード。

自分のものを探すのに夢中になり、
レポートが お座なりになったので、
私の戦利品を ご紹介します。

シルクプリント、端の版の確認カラー枠が
可愛いと、フローレンスさんがデザインのアイディアを出す。
…もしもし、私 デザイナーなんですけど…
e0397389_14264649.jpg
こちらは綿ストレッチのプリント
簡単Iラインのワンピースかな…
帽子とお揃いの、
e0397389_16170874.jpg
綿シフォンのプリントは、フローレンスさんと
被ってしまいました。

彼女は他にも綺麗な転写プリントを選びました。
日本でも転写プリントは有りますが、
ペーパーは全てフランスからの輸入です。
e0397389_16165945.jpg
転写プリントは色数が多かったり ボカシが入っているのが特徴です。
綺麗な絵画調が多いです。

現在では日本の生地屋さんは不調ですが、
ヨーロッパでもそうらしいです。
スイスプリントは日本の購入量が減ったので、
プリント屋さんが減っていますと 原さんが仰っていました。

ファストファッションの影響です、
すっごく高いか、プチプラか、中間がありません。
良い物を、少しお安く自分で縫おう!(友達に頼むとか)

そうして 良い物を作る技術を無くさない、
そこが大切です、1度無くなったらもう出来ません。


3着分で安めのOP1着のお値段でした。
信じられない!
でも まだこれから頑張って縫わなくちゃ…

原さんに 御礼を言って帰ります。

芝さん 御紹介有り難うございました。
フローレンスさんも喜んでくれました、
一緒に行って良かったです。

ファンシーツイードも良いのがいっぱいで、
秋物も楽しみです。



出た所のお店、ウエストでお茶をしました、
いつも混んでいるお店だそうですが、

壁にはシャガールの絵、他も凄い絵ばかりです。
オノ・ヨーコさんのお友達の店らしい、
写真がいっぱいあります。


フローレンスさんへ戻ります。
e0397389_16172027.jpg
又々、目がチラチラ
e0397389_16181495.jpg
蛇革のポシェットと財布。

私は 小物好きなのです。
e0397389_16180518.jpg
これは?とアンテプリマのビーズのバッグ。
e0397389_16183266.jpg
綺麗だけれども、重そうです。
もっと軽いタイプがいいなぁ..
e0397389_16182273.jpg
やっぱ、籠かな、小さなスパンコールの籠です。
e0397389_16184422.jpg
軽いタイプの籠の誘惑には負けてしまいます。だって安いんだもん。
一期一会って言うでしょ、言葉の使い方間違ってるかしら?

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2018-06-23 09:32 | 青山界隈 | Comments(14)

続雨の日のバッグのカバー


この前に作ったのが上辺が長過ぎたので
Rさんのバッグに着せて、クリップで留めました。
裾は10cm程 長くして、底をカバー出来る様にします。
e0397389_14314631.jpg
それからその分をカットしてパターンを調整致します。
e0397389_14320656.jpg
8cm幅を狭くして、10cm丈を長くする。
バッグの底はかなり広いので、どうしても
極端な形になります。

カットするともっと…
e0397389_14322130.jpg
針金人形のセーターか、と思わせるような風情です。
パターンは幾何学なので、
形と面積を同じにすれば 良いのです。
なので、袖みたいな部分をカットして、
こんな風に 2パーツにします。
e0397389_14323468.jpg
合い印は大切だけど、透けているので付けられません。

カッターで縫い代5mmで裁断します。
こんな感じです。
e0397389_14324313.jpg
この生地は縫い易いのが長所です。
昔、ミセスの子供服という雑誌からの依頼で
子供のサロペットに透明ビニールの胸ポケットを
付けた時はミシンが進まず 困りました。

「シリコンの粉をかける」が正解なのでした。
洋服は新たな事が覚えられるお仕事なのです。

出来ました。考えるのは長いけれども
縫うのはすぐです。気は使いますが…
e0397389_14325690.jpg
ゴムの長さは もう一度、試着してカットします。
もう一回ぐらい微調整が有るかも知れません。

と、思っていたら、Rさんがお見えになり、
今日はバーキンで無く、違うバッグで。
でもピッタリで、「ボリードにもピッタリ」と仰るので、
「これがボリードというバッグなのですか?」と聞くと
「ううん、これはアブサン」え〜一体いくつ持ってるのですか?

そう言えば2ヶ月前はシャークを持ってらした。
「出掛けて雨が降ると皆さん抱えて大変なのよ。」
「これは良い、機内で床における」と喜んでお帰りに。

友達のスタイリストもエルメスのコートや服が大好きです。
エルメスのパーティに招かれると、やや気を使った服装で出かけます。
彼のブランドの魔力でしょうか?

私も食器やシンプルなバッグは憧れます…
ズ〜っと憧れているのも 良いかなと思っています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2018-06-22 09:35 | ハンドメイド | Comments(8)

ヒルクレスト 瀬間けいさんと青山のギャラリー通り

ギャラリーパレットさんを出て、青山通りの方へ、
青山フロラシオンの近くへ出ます。

右へ行くと 有名なイラスト展のメッカ スペース・ユイ、
私も服の展示会をしたことが有りました。(場違いで大変 失礼しました)
e0397389_11240807.jpg
今日は河村要助展 ユニークな絵柄です。
e0397389_11241852.jpg
この青山通りと平行に通ってる道は
この所 ギャラリーがかなり増えています。

私は密かにギャラリー通りと呼んでいます。
写真を撮るのを忘れたけれど、うつわ楓
e0397389_11284875.jpg
陶芸の新人作家さんの作品が多いです。

表参道の方へ進みますと
割り箸で建てたような建物、山法師の大きな木
e0397389_11290030.jpg
ここは サニーヒル、何のお店かよくわかりませんが…
e0397389_11295417.jpg

その先に 保育園で1歳児からのママ友の旅行会社ヒルクレストが有ります。
社長は瀬間けいさん、彼女はイラストレーターでも有ります。
ヒルクレストの毎年のカレンダーは彼女のパステル画です。
本の装丁画になったこともあり、プロです。
「とっておきのアジア」という旅行の本も幻冬社から出しています。
(これは秋間さんの尽力らしい)
e0397389_11344358.jpg
ここは知る人ぞ知る有名な旅行会社。
プライベートな旅行を組み立ててくれます。
e0397389_11345167.jpg
ややグレードの高い旅行、それでもそんなに高くはないのです。
大昔、西城秀樹ツアーを企画して、週刊誌に載ったらしい。
寺山修司さんがよく、カンヌとか海外へ行ってらしたのも
彼女の企画だったらしいです。話の所々で、知りました。

私は寺山さんから、海外から何回か絵葉書を貰ったことが
有ったので。あの頃は皆 書を捨てて街へ出た。

クルマ会社のラリーや、F1に出る方々のツアーの手配。
夏のイギリスでの語学学校とホームステイなども相談できます。

チケットの手配や学校の申込などをやってくれます。
行き先での直接の支払いなので、かなりツアーより安いです。

e0397389_11351626.jpg
自分だけのオリジナルな旅行ができます。

今日はパレットさんで時間を使ってしまったので、
お邪魔をするのは又の日にします。

格安ビジネスクラス
e0397389_11352509.jpg
娘もこちらでアテンドしてもらい、
イギリスのホームステイに行きました。
ちっとも英語は上手くなりませんでしたが…

娘達との中一のヨーロッパ旅行では6つくらいの街を回って、
その都度、参加する人、帰る人、付いたり、離れたりしながら
グルグルと5家族が旅行しました。

基本は1家族で ホテルもその都度、自分で支払いをします。
なので社長の 瀬間さんはボランティアみたいなものです。

瀬間けいさんは早稲田大を出てから イギリス留学をして
綺麗なクイーンズイングリッシュを話せます。
フランス語も出来、とても賢い方です。
息子もお尻を叩いて早稲田に入れました、偉い!

あの北青山保育園はまだまだユニークな人揃いでした。
私など大人し過ぎるくらいの個性派ばかりでした。
お話が長くなってしまうので それは又。

2〜3軒隣はアクアガールのショップ
e0397389_11353532.jpg
その先は、いつものカントリーハーベストの通りです。
e0397389_11354844.jpg
ブーゲンビリアの花が盛りで、オリーブの樹の上に散っています。

にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2018-06-21 09:24 | 青山界隈 | Comments(8)