青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

1981年の日清サラダ油のカレンダー

1980年のカレンダーが成功して
特に私共作のドレスは大受けで、
次の年は6枚全部作る事になりました。

モデルも もっと色っぽい子になりました。

1、2月

e0397389_13333597.jpg
真っ白いアンゴラ地のビスチェドレス、
パール刺繍を飛ばして…この頃ブバリアの花が大流行でしたね。



3、4月
e0397389_13334216.jpg
白いサンドジャージィのドレープドレス。
この頃流行ったサラサラとしたジャージィです。



5、6月
e0397389_13334945.jpg
またまたカワムラシルクのシルクのクレープです、
チュールレースの衿と…



7、8月
e0397389_13335725.jpg
薄いピンクのシルクデシンのカットワークドレス。
なんて生意気、なんて贅沢、



9、10月
e0397389_13340773.jpg
このドットチュールは半蔵門の帽子材料の和栗さんで、
下のレース生地はスタイリスト私物です。

スタイリストは色んな物を栗鼠の様に溜め込みます。
布、靴、服、箱、缶、有りとあらゆる使えそうな物を、
雑誌にスタイリスト私物と有るのはその所為です。



11、12月

e0397389_13341599.jpg
バイオレットのシルクオーガンジーとチュールのドレス。
オーガンジーはカワムラ、チュールは和栗さん。

作った私達には大々成功でした。
が…

なぜ来なかった1982年のカレンダー

一寸セクシー過ぎた?
調子に乗ってやり過ぎた?

それだけでは無いかも知れませんが…

にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cenepaseri | 2018-09-30 09:00 | アート | Comments(16)

1980年の日清サラダ油のカレンダー

先日から昔の資料を探していて
見つけた物です。

26日ブログのモロゾフのポスターの衣装を担当した
スタイリストの石渡久美子さんとは10年近く
お仕事をしました。

立教女学院でユーミンと御学友だった彼女は
お嬢様ですが、超面白い人でした。


1980年の日清サラダ油のカレンダーを見つけた。


1、2月
e0397389_13061262.jpg
彼女がどこかで見つけた、アンティークプリントでシュミーズドレス。




3、4月
   これは彼女が借りて来たワンピース
e0397389_13061905.jpg




5、6月
e0397389_13062754.jpg
これはシルクオーガンジーを重ねたドレスでした。



7、8月
e0397389_13063443.jpg
透けたプリントのワンピースに綿のオーガンジーを
衿と膝に… ボート遊び


9、10月
このエプロン付きのワンピースはどうだったかな…
e0397389_13064035.jpg


11、12月
e0397389_13065230.jpg
水玉コットンの羽根がついたワンピースです。
襟ぐりは白いチュールレース、
袖口と、羽根の周りに白のパイピングです。

背中に羽のあるワンピースは私の得意デザインです。
このワンピースは頂いて 娘が着てました。
きっとどこかにあると思って探してみましたが…

自分で言うのも何ですが本当に可愛いのです。
無垢な天使みたいで…




生地屋さんの100周年記念のファッションショーの
衣装を3人のデザイナーで担当した時に、

オーガンジーの羽根の付いた子供のドレスを
可愛いコットンのリバティプリントで
作った記憶があります。

こちらは森の妖精のイメージでした。
残念ながらその写真は無いかも…


にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cenepaseri | 2018-09-29 09:00 | アート | Comments(8)

フローレンスさんへ秋物を

そろそろ寒くなって来たので、秋物を
フローレンスさんへ持ち込みます。

白地と黒地のシルエット確認の1stサンプルや
もう不要になったジャケットのサイズ用見本。

私の手作りのうさぎ耳エコファーバッグも一つ。
行ってから色々チェックします。

まず、雑貨です。
e0397389_15255062.jpg

プラチナゴールドの様なネックレス。
e0397389_14532111.jpg

スカーフ
e0397389_15255657.jpg

こちらはペンケース、新品です。
e0397389_14532905.jpg
綺麗な一枚革で
色違いも
e0397389_14533535.jpg
ペンケースは私は使いませんが、飾り兼なら有りですね。

同じメーカーの一枚革のバッグは型押しです。
e0397389_14534124.jpg
他にもバッグは色々あって、
e0397389_14534876.jpg
こんなのも ユニークです。
e0397389_14535585.jpg



私の持っている安全靴とそっくりなのが、

こちらは靴、ペルチニというブランドです。
e0397389_14540751.jpg
本当にソックリです。
でも、それはちょっと失礼ですね…


ライダースジャケット、ブラーミンです。
焦げ茶で少しダメージ加工がして有ります。
e0397389_14541511.jpg

ブランド物のサングラス、
e0397389_15160587.jpg
e0397389_15161205.jpg


Aラインのニットチュニック、パンツにピッタリ、
ジャカードとリボン刺繍です。凝ってます。
e0397389_15260395.jpg


ブラウス、襟にキラキラ
e0397389_14543660.jpg

ついついキラキラに弱いので、目に付いてしまいます。

カーディガンもキラキラ
e0397389_14544594.jpg

棚の上にあった箱を見せて貰ったら
なんと 超ハイゲージのニット。
e0397389_15163094.jpg

おお〜プリントも綺麗…

e0397389_15163950.jpg
グッチのセーターでした。素晴らしいです。

秋物を持って行って、シルクシフォンの羽織物を
買ってしまった、バレンティノ・ガラバーニが
信じられないお値段だった…

現代版わらしべ長者かしら…

これも出会い頭です。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

[PR]
by cenepaseri | 2018-09-28 09:00 | 青山界隈 | Comments(10)

アミコファッションズで…

e0397389_16335409.jpg
久し振りにストレッチブラウンデニムで
フレアスカートを作ろうと、先ずは
パターンを作ろうと思い立ちました。


いきなり専門店の企画デザイナーで就職した
私はパターンが得意では無かったので、
パターンを習いにアミコファッションズに
通った事が有りました。
e0397389_13370870.jpg
アミコファッションズは亡き鯨岡亜美子さんが
NYのPRATT INSTITUTE教授の大野順之助さんの
パターンメイキングを日本に紹介された学校です。


子供が生まれて時間的にも頑張れなかった時に
焦らずに諦めて勉強することにして、

週に3日はアパレルの契約の仕事に出かけて、
フリーの仕事もそれなりに…(昨日のCMや雑誌等)

アシスタントにパタンナーさんに来て貰い
お迎えなども手伝って貰いました。

2日に一度は徹夜して、宿題もこなしました。
最初は初級ドレーピングで小松先生のクラスでした。

小松先生は5年前位にS屋に指導でいらしていて
少しだけ習った事があったのですが、その後何も
勉強してなくて、シーチングの地の目もキチンと通らず、
かなり恥ずかしかったです。



スカートのドレーピングです。
e0397389_13371739.jpg
e0397389_13372477.jpg
サイドから見た時に腰骨の位置が綺麗に
フィットしています。なかなかこうはいきません。

初級ドレーピング講習が終わってから、
次は初級パターンメイキングの講習を受けました。
週一で3ヶ月ぐらいの長さです。
かなりハードだった。

原型からの展開です。
e0397389_13373107.jpg
前と
e0397389_13373639.jpg
e0397389_13374370.jpg

e0397389_13374950.jpg
今だとウエストがもう少し腰ばきなので
起き上がってきて脇線がまっすぐに近くなります。

本当は平面展開で パターンメイキングしてから
立体を組むのが正解です。

大昔はウチは立体ドレーピング専門で
サイズ感が不安定でした、でも
その頃のアパレルはまだまだ
ただの平面パターンだったのです。

色々勉強すると色んな事が少しづつわかって来ます。


私は大学では散々でしたけれど、専門的な講義の時は
非常に協力的で、先生受けが良いのです。

以前に友達がここで、隣に座った元イラストレーターの
有名なデザイナーに先生共々 スカウトされた。

私も隣に座ったオーダーサロンの務めを辞めた方が
あまりにも仕事が綺麗なので、スカウトしました。
2日だけで彼女は辞めました。目が回って、もう無理と。

講習の修了式で彼女は既製服の世界は難しいと
語っていました。悪い事しちゃった…

本当に人それぞれで、良かれと思っても…
自分のスピードが大切です。

にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cenepaseri | 2018-09-27 09:03 | アート | Comments(10)

カメヤマローソクCMの写真

NTさんから、カメヤマローソクのCM写真のリクエストが
ありましたので、探して見たら有りました。ただ
そんなに面白い写真では無いのでおまけも付けます。

カメヤマローソクの撮影用のウエディングドレスを頼まれ、
着る方は中田喜子さん、赤坂のスタジオへ仮縫いに行きました。
何の番組かは知りませんが 控え室で仮縫いを、

お若いです。CM衣装は予算が厳しいので、
凝ったレースは高いので、レースの胸元部分を
私が綺麗にほどきました。分からないでしょう?
e0397389_14090644.jpg
社長さんが彼女のファンだそうで、
で、新郎が居ませんね…

スタジオでは若き日の大竹しのぶさんも見ました。
今は好きですけれど…


こちらのポラは高見山さんのブラインドのCMです。
ムービーだったのでちゃんとした写真がありません。

このイタリアン・トリコロールは生地を接ぎ合せて
作りました。とにかく面白い人で、楽しかったです。

予算が無いからとスタイリスト兼だったのです。
採寸にはメジャーを2本持って行きました。

このパジャマの他にスーツとシャツと
エルメスのスカーフでネクタイを作りました。
スーツはお相撲さん専門のところがあって。

シャツは西武デパートへ行き相談すると
採寸にデパートの方から行ってくれて、
お値段も普通にして頂けました。
e0397389_14100098.jpg
このパジャマを縫ったのは三田にあったニコニコファクトリー。
元パタンナーでSサイズの二人が 縫い上げた後、
パンツの足に二人が入って記念撮影してました。

この帽子と靴下は私が縫った、
靴下は少し大きかったみたいです。

お昼は高見山関の美人の奥様からの
美味しい差し入れもありました。

さて午後の仕事で撮り直しが有って、
気付けば、高見山関の息子の弓太郎くんが
小物のキャップをかぶって帰ってしまった、

で、私が叱られた…管理も仕事のうちでした。
もう一個違うのが有ったので、何とか…



こちらのモロゾフのポスターは私が一番好きな作品です。
おばあちゃんと可愛い男の子
e0397389_15034201.jpg
生地は全て銀座のカワムラシルクで予算が少し足りずに
スカートはシンデレラみたいに前が割れて下のスカートが
見えてるのですが、見えない後の下はシーチングなのです。
この上がりでは何も分かりませんが、写ったら大変です。

男の子のお袖はスリット入りで、配色が見えるはずだった。
おばあさんの袖もループ飾りが付いてます。
凝り凝りの作品です。

こちらの衣装と先のウエディングドレスは
オートクチュールの縫製の方に縫ってもらいました。

テクニックが異なるのでアイテムによって
縫製者が変わります。

カジュアルはすっきりシャープに…
クチュールはふんわりエレガントに…

スタイリストは石渡久美子、二人で凝りまくって居ました。

また、古いカレンダーを見付けてしまいました。
それはまた今度…

にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cenepaseri | 2018-09-26 09:00 | アート | Comments(20)

縫製仕様書その他が見つかりました

e0397389_13393067.jpg
16日のブログで縫製指図書やその他の資料が
見当たらないと書きました。

なんとなんと、違う物を探していたら、
一番下の引き出しから見付けました。

皆様には御心配や御指導を有難う御座いました。
やっとこれでホッとしました。
e0397389_13401665.jpg

こんな感じに…
引き出しを開けたらそっくり入っていたのです。
この引き出しは雑誌の切り抜きの中の選りすぐりを
入れて置く所で、なんで…か分かりません、
ずっとB-4のファイルに入れて置いて、
その透明ファイルが必要で、一寸ここに入れたのかもです。

何はともあれメデタシメデタシ、
決定指図書を作ってもらう前で良かった。
やっぱりたえかさんの御長男の名言、
「大切にされた物は持ち主を嫌わないよ」
が効いていました。


S〜3Lまでの指図書、グレーディング・ピッチが入っています。
こちらはワンピースやラフなブラウス、チュニック用です。
e0397389_13315983.jpg
こちらは7AR~17ABR迄の長袖ジャケット用の指図書
e0397389_13321857.jpg
ボトム用です
e0397389_13562208.jpg
ここまではもう暗記しているくらいの
サイズ・ピッチだったりしますが。

中でも二度と出来ないのがこちらの
ニット用の指図書です。
e0397389_13322594.jpg
今は亡き大先輩のニットデザイナーに
仕事を 手伝って貰った時の指図書です。
元はA-3サイズでしたが、
私がB-4サイズにしたものです。

ハイゲージのニットの仕事の時は
布帛と同じ指図書を使いますが、

彼女は文化服装のニット科出身で、
根っからのニットデザイナーなので
5分の1での平面のパターンなのです。

カシミアの企画もやっていたプロです。
布帛もニットも両方企画する私は、
パターンと同じで、専門性に乏しいので、
困った時にはサンプルを抱えて原宿へ、
彼女の元へ走りました。

こういう始末にしたいと言えば編み目を
チャチャっと描いてくれます。
親分肌で、気っ風の良い、優しい先輩でした。

S屋の商品部出身者でやっていた忘年会も
彼女が居なくなったので終了しました。

中国やモンゴルと仕事をしていた彼女の指図書は
各項目まで中国語と英語も併記です。こんな漢字は
日本のパソコンには有りません。

だからこの指図書は先輩の形見と思っています。
e0397389_13323747.jpg
彼女に手伝って貰ったサンプルはいつもしっかり上がりました。
もう少しだけでも生きてて欲しかったです。
御自分でも信じられなかったと思います、早過ぎた人生でした。

e0397389_14462519.jpg

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cenepaseri | 2018-09-25 09:00 | ハンドメイド | Comments(6)

スペインの陶器

上京したての頃に、新宿鈴屋の裏側の
ショーケースで見つけた鉢です。
見つけた途端に買ってしまった。

不思議な形で何に使うか、随分と分からなかった。
スペインの物だとは知っていました。

その頃はスペインはまだフランコ体制下で
自由な国では無いイメージでした。

1975年に王政復古がなるまでは
独裁国家でした。
e0397389_16472201.jpg
スペインの土は柔らかいから欠けやすいと
聞きました。今やしまい込んでいるだけでも
一杯欠けています。
e0397389_16473058.jpg
実は少しの間灰皿に使った事も有りました。
でも深いので火が消えません。



十数年前に世界ウルルン滞在記という番組で、
この鉢の使い方が分かったのです。

何と、マヨネーズを作る用の乳鉢だった。
確か スリコギで黄身だけを潰して
サラダオイルと混ぜて作ります。

卵黄2個に酢を大さじ2杯、塩を入れて
ただひたすら混ぜます。
次にサラダオイルを大さじ1杯を入れて
ただひたすら混ぜるを繰り返し、好みの硬さを。

難しくて大変苦労をしていました。
みんなこの器を使って試験まで有りました。
(コンテスト?だったかも)



そしてこちらは少し遅れてananで見つけて
都立大前にあったグラナダという店まで
買いに行った30cmの大皿です。
e0397389_16473919.jpg
何故かこの柄が好きでした。
パーティでサンドイッチなどに使ってました。
今は殆ど仕舞い込んでいます。


この陶器はスペインのグラナダのものと思っていましたが…
どうでしょうか?
今はそのグラナダは自由が丘に有るそうな…

大好きな水野英子の作品に「グラナダのマリア」
というのが有りました。一度は行きたいグラナダです。
e0397389_16474918.jpg
アンティークというより…古物

この他にもスペイン製の外がオレンジ色で、
中がキャメル色のコーヒーカップとポットの
セットを 表参道にあった店で 買ったのですが、

74年頃から 太陽カラーをやめてシックな
北欧タイプへ好みが変わります。
オレンジハウスが青山に出来たから…

にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cenepaseri | 2018-09-24 09:00 | アート | Comments(4)

ハロウィンのリースと前庭

家の前庭って結構個性的です。
先日来 他所様の庭先や玄関先が中々で、
この辺は見せる事を意識してる様です。

例えば ベランダの様な使い方が
窓隠しでもある様です。
e0397389_13345721.jpg
オクラやミニトマトが生っています。
整然とした並べ方と実りが一挙両得で良いですねえ。



もう直ぐハロウィンです、街中に
ディスプレイが増えて来ました。

あの木香薔薇の館のドアには
リースが有りました、初めて見ますが
きっとハロウィンのリースです。
e0397389_13341442.jpg
真っ赤なドアにオータムカラーのリース、
それにワインのコルク、こちら様もワイン好きの様です。

ワインのコルクを箸置きに使っていたN・Pさん
TVでベネシアさんはハンギングバスケットの底に
根腐れ防止に使用していらしたので、
うちもキープ中ですが、まだ使っていません。


こちらのお宅も
ハロウィンのリースの様です。

e0397389_13342379.jpg
手前にも、収穫のディスプレイがありました。
e0397389_13343093.jpg


此方は水遣りのホースを持った少年のオブジェ、
きっと本当に水が出ると思います。
e0397389_13343890.jpg
手前にはピーターラビットに登場する子の置物が…
e0397389_13344596.jpg



木立のある前庭です。石畳が奥へと続きます。
e0397389_13350560.jpg
青山7丁目や広尾4丁目界隈はとても
のんびり時間もゆっくり過ぎています。

ガーデンヒルズ脇の植え込みに一輪の曼珠沙華
e0397389_16290599.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

[PR]
by cenepaseri | 2018-09-23 09:00 | 青山界隈 | Comments(2)

都立広尾病院で見つけた物と事

e0397389_09353170.jpg
紅葉の種子がヘリコプターの様です。
まだまだ青い様ですが、着々と季節は進みます。

御見舞に 広尾病院へやって来ました、半年ぶりです。
窓からは前と同じく 虎ノ門ヒルズの壁面アートが見えます。
e0397389_09354138.jpg
こちらは1Fにスタバが入っているのですが、
私はブラック派なので、苦すぎるので、
地下の売店で、挽きたてのコーヒーを入れに…
ベーカリーがあって、焼きたてのパンが売られています。

階段を下りると、こんなアートが目に入りました。
吹抜けの中庭を背に置かれていました。
e0397389_09354869.jpg
溶接科の実習作品、アリとキリギリス
e0397389_09355746.jpg
これはかなり大変なものです、
鉄板をカットして色を塗って、溶接して
作られています。

労働大臣賞受賞の作品です。
e0397389_09360662.jpg
都立立川技術専門校 溶接科制作でした。


コーヒーを持ってエレベーターを待っていると

音がして、通路の天井にあるレールを
ガタゴトと ケースが走って来ます。

e0397389_09361654.jpg
曲がったり、少し戻って、方向を変えたりして、

何処へ何を運んで行くのでしょう?
e0397389_09362351.jpg
また来た。
e0397389_09363176.jpg
孫に見せたら喜ぶかしら…



病院にはドラマがある…

入院患者からのお話です。
隣のベッドのまだ若い方は、出向先の伊豆七島から
ヘリコプターで運ばれて来たらしい、

大杉漣さんと同じ急性心不全だそうです。
お仕事で、日本中あちこちで仕事をしていて、
少し胸焼けがすると思って診療所に行ったら、
直ぐに東京へ行って下さいとドクターヘリで。

やっと良くなったみたいですが 新しい土地へ
行ったら先ずは最寄りの病院へ連絡して下さいと。
食事や禁煙の指導も非常に重要だと、

歯科医でも必ず、お薬手帳を提出する様にと、
飲み合わせについて念を押されて。


胸やけには要注意です。お薬手帳は必ず作りましょう。
土曜日には偶然その病室の3人全員が退院です。
長期も短期も一応 めでたしめでたしなのでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

[PR]
by cenepaseri | 2018-09-22 08:08 | 健康 | Comments(6)

スマホの入るお散歩ポシェットの量産を

手拭いプリントの生地がどうしても端っこが余るので、
勿体無いから 集めて渡そうとしたら 拒否られた。

自分の服は裁断も無駄の無いようにパターンを作りますが
依頼されたデザインはどうしても無駄が出易いです。

旅行先で買った手拭いのお散歩ポシェットは
眼鏡入れに使ってますが、後1cm幅があったら
私の7プラスサイズも入ります、娘も少し大きければ
財布も入ると言いますので、ポシェットの量産です。


パターンはこちらです。表地は幅13cm長さが20cmを2枚と
  裏地用のシーチングは幅が13cmで長さが38cmを1枚
    ポケット分で幅13cm長さが16cmのを表1枚とシーチング1枚  

ヒモはショルダー用に114cmとループ用に7cm
ボタンは15mmを一個。      
e0397389_16325293.jpg
表地は長いのを2枚と短いのを1枚セットして
取れる生地から裁断します。
裏用のシーチングは立体裁断に使った物が
袋にいっぱいあるので、マーカーなどの 線の入って居ない
いいとこ取りをします。こちらも廃物利用、
取って置くものです。(だから、物が多い)
e0397389_16330330.jpg
ポケット用の生地とシーチングを接ぎ合せて
口にコバステッチをかけます。

次は表生地にそれを挟み込み底を接ぎ合せて
e0397389_16331254.jpg

ここで一寸一個だけで進めます、
いつもと違うひっくり返し方をするので
確認の為にまず一個。

予め口は出来上がりにアイロンで押さえておいて、
布のサイドを表地と、裏地も縫います。

表側に逆さまにループとショルダー紐を、
ミシンでたたく。
e0397389_16332082.jpg
裏にシーチングを中表にして、紐の側だけ縫います。
e0397389_16333353.jpg
表に返してグルリと口にコバステッチをかけます。
裏側からシーチングを 少し控えて縫います。
e0397389_16334186.jpg
ほら、あっという間に出来ます。

ボタンを付けて。
e0397389_16335122.jpg
出来上がりの幅は11cmです。

長さは18cmで手帳型のケースに入った7プラスも入ります。
e0397389_16340039.jpg
ホッとしてはいけません、後4個縫わなくては…

でも最後に口を縫うのが狭くて一寸…
他にもっと良い縫い方は無いのかなあ…

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cenepaseri | 2018-09-21 09:02 | ハンドメイド | Comments(12)