人気ブログランキング |

青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

紀ノ国屋アーリーバードセール

毎年 年末は紀ノ国屋で29、30、31日と三日間
9時からアーリーバードセールが有ります。

いつも9時半の開店が30分早まるだけなのですが、
10年位前は30分以上前から皆さん並んで
お店からコーヒーが振る舞われたりしましたが、
最近はもうそんなに混み合いませんので、
9時に出発する位で我が家は十分です。

e0397389_10585797.jpg
入り口のお花屋さん、空いてたら帰りに買おう。
e0397389_10585386.jpg
エスカレーター脇で店長さんが挨拶している。
e0397389_10583453.jpg
この所はだいたい同じくらいの混み様です。

以前は進んだらもう戻れませんでした。
e0397389_10584056.jpg
お店の店員さんの呼び込みも無くなりました。
静かなアーリーバードセールです。
e0397389_10584728.jpg
今日のお買い物はお雑煮用の野菜と海老や鶏肉、
鰆や鰤、イクラは孫用に、千枚漬け、鰊の昆布巻き、
スモークサーモンとロースハムの塊これは夫の好物。
音糖姫ミニトマトとラディッシュ、クレソン。

うちはお雑煮用の味噌は京都の白味噌と
普通の味噌の合わせ味噌です。

年越し用のお蕎麦も今日買います。
天麩羅は明日御節を取りに来た時に、
それで間に合います。

しかし明日の大晦日は又病院なので、出来る事は
今日が最後です。

お花は松と蝋梅、南天、水仙を買った。
大掃除のフィニッシュと少しお料理を…

31日の朝になりました。これから出掛けます。
2018年末はこんな風に暮れることになりました。

皆さまどうぞ 良いお年をお迎えくださいませ。
来年も宜しくお願い致します。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2018-12-31 09:00 | 青山界隈 | Comments(8)

親娘忘年会

息子がスキー教室に行ってる間にやって来た娘は
こたつで日頃出来ない一人マッタリ中…

昼食は夫がフードショーで買って来た海鮮バラちらし、
2つしか無かったからと、夫は鮪の中落ち丼。

私と娘は紀ノ国屋にしめ飾りを一緒に買いに行き、
モンロワールでお正月用のチョコレートのストックを。
しめ飾りはもう先日の半分位の種類しか無くて、反省…

お花もレアなタイプから売り切れています、レジも大混雑
ですが お花はやっぱり30日に購入かと思います。

午後にスマホのエキサイトブログのログインが切れて、
娘が再設定して、ついでにPCも毎月ログインが切れる
ので治してもらう、訳はわかりませんが、
床にワックスがけしている、夫に娘が説明している。

まあこれで何とかなったら…
他人事のように言ってまた叱られる。

夜は私が最近提案した野菜タジン鍋
低カロリーで野菜がたっぷりです。
e0397389_08335644.jpg
パプリカ、ズッキーニ、人参、ブロッコリー、玉葱、
大蒜スライス、そして出汁としてウインナーを少し、
トマト缶と白ワイン少々。

トロトロ卵のオムレツ、サルサソースとガーリックチップ。
e0397389_08340698.jpg
豚の味噌漬けステーキです。
e0397389_08340188.jpg
このお皿は、陶芸初期のマンボウの伊羅保釉です。
練りが甘いので欠けてばかり、夫が使用頻度高し。

フードショーで買って来た横浜桂林のプレート
e0397389_08341266.jpg
中々美味しい味付けです。

飲み物はビールと日本酒、娘は爽健美茶
e0397389_15234624.jpg
スーパードライと、このジャパンスペシャルは美味しい。
夫はこの高清水がお気に入りです。安いが美味と。

明日は娘も一緒に祖父の見舞いに行きます。
私達が居無かったら娘が対応せねばなりませんし、
孫はこの時期、子供は病院には入れないので…

娘の居ない間、自宅のコンちゃんは一人で寂しかった
ご飯を食べて最後のオヤツのガムをいただきま〜す。
e0397389_08334965.jpg
明日の夕方は孫のご帰還です。
コンちゃん お友達が帰ってくるよ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2018-12-30 09:00 | 日々 | Comments(6)

義父の入院


e0397389_15450292.jpg
初めてやって来た飛田給駅です、
サッカーの試合に出る様な高校生が一杯です。

まだまだ土地がいっぱい空いていそうな駅周辺。
人の流れと一緒にケアマネさんと私達が向かうのは
味の素スタジアムの方向です。
e0397389_15451047.jpg
サッカーの試合に行った事が無いのでこれが
味の素スタジアムかどうかは不明ですが。

此処を左折して次の信号を渡って、
警察庁第7機動隊の建物の前で尋ねたら
親切に教えてくださった、榊原記念病院。
e0397389_15452351.jpg
義父が先日の朝、珍しくご飯が食べたく無いと、
熱が38度も有って次々と病院を移動した結果、
救急車でやって来たこの病院に緊急入院しました。

去年の年末も入院しました、今年は1日早い、
寒くなると義父は具合が悪くなり、暖かくなると
元気になります。98歳ですから…

去年は杏林大病院で今年は榊原記念病院に
どんどん都心からは遠ざかります。

悪い所だらけですが、熱も下がりお腹が空いたと。
相変わらず入院しても まあまあ元気です。

肺炎が治ったら心不全の治療、心臓の手術をするか
どうかが決まります。多分それは年明けです。
今はCCUで一先ず安心です。

去年も義父は杏林大病院で年越しをして、
私達も病院詣でになりました。
夫が今年も予言していた通りになった。

酸素マスクをしているのに取って
話をしようとします。
退屈らしいけれど私達には何も出来ません。

また来るねと帰ります。
e0397389_15452982.jpg
病院の庭先にお家があります。
e0397389_15454145.jpg
なんかホッとします。

また味の素スタジアムが見えて来ました。
e0397389_15451510.jpg
あの向こうが調布飛行場です。
伊豆方面はここから行けます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2018-12-29 09:00 | 健康 | Comments(18)

孫はスキー教室へ 娘は友達と飲み会へ


孫は今年もスキー教室に出かけました。

最初は4歳の年少さんの時です。
幼稚園の体操教室のスキー教室で、右端です。
みんな小さかったんですね
e0397389_10490085.jpg
この大きなリュックにスノーブーツや衣類を詰めて
電車の座席に座ったら身動き出来なかったらしい。

2回目の写真が見当たらないので昨年の6歳の時
3回目のスキー教室へ行くところです。
西武新宿に朝の7時に集合です。
e0397389_12240142.jpg
みんな頑張ってきてね〜怪我しないでね。

今年はスイミングスクールからのスキー教室へ
集合場所は御近所でのんびりとしてたら
写真を撮るのが遅れたそうで、一人ですが。
e0397389_10491045.jpg
リュックをバスに積み込んで
          行って来ま〜す。
e0397389_12240979.jpg
今年は何級に挑戦するの?

私も娘に小さい時から行かせました、
私がスキー場のあった山の麓で育ったので、
やっぱり滑れた方がいいし、泳げた方がいい。

しかし 何の役にも立たなかったと思っていたら、
中学時代のスキー教室でも助かったと…言ってた。
(子供は親のそっくり真似をする…気を付けよう)

娘を初めてスキー教室に入れた夜、夫と一緒に友人達と
忘年会に 六本木に繰り出して 飲んで、騒いで、踊って、
しかし夜中に、眠たくなって 寄る年波を痛感しました…

娘も久しぶりに友人のまち子ちゃんと飲みに行く。
普段は子連れです。孫も彼女が大好きで、
僕もスキー教室よりまち子ちゃんがいい、お母さんずるい。
と言ってたらしい…たまにはいいじゃん。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2018-12-28 09:00 | 日々 | Comments(6)

紀ノ国屋のお正月飾り

クリスマスが終わったら直ぐにお正月の準備に…
和洋折衷で大忙しの日本です。

紀ノ国屋の入り口のお花屋さんももうしめ飾りを
e0397389_16295167.jpg
今風のアレンジタイプです。
e0397389_16301830.jpg
小さなシンプルなタイプもあります。
e0397389_16302580.jpg
思わずどれにしようか迷ってしまった。
e0397389_16312503.jpg
花で飾られた熊手もあります。

昔風のしめかざりも…
e0397389_16313917.jpg
しめ飾りはなるべく28日までに飾ると良いらしい、
29日は苦を連想するので避けて、
31日は一夜飾りで良くないと言われています。
大掃除が終わったらそれらの日を避けて飾りましょう。
また今年も私の所は 30日でしょうか…



気が早くて春の七草
e0397389_16314600.jpg


宮島五葉松と葉牡丹、千両
e0397389_16315749.jpg
根引き松と松笠
e0397389_16325596.jpg
ウインターベリー
e0397389_16330252.jpg
初々しい宿木も有って今年は少し変わった花を
活けてみようと思いました、我流ですが…

母が生花を長くやっていて、一応師範なのですが
教えてくれません、昔 友人に少し習ったら、
あなたは好きな様にいける方がいいと思うといわれて、
まるで英会話を習った時と同じ様に見放された…

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2018-12-27 09:00 | アート | Comments(10)

趣味の占いのお話を少し


私が育った環境では子供が生まれたらその時刻を
明記して、四柱を見てもらうのが当たり前でした。

京都はその中心の様な気がします。
母が代々京都の人で、霊感豊かで占い好き、
他人に見て貰うのが好きなので、私に勉強しろと…

私も子供の頃から西洋占星術やトランプ占いが大好きで
田舎から転校した学校は香里園で成田山の近くでした。
そのお寺の周りには占い師さんがいっぱいでした。

高一で友達と見て貰った所はよく当たると評判で
株や土地の取引の方も来ています。自らも修行を
している方で、凄い迫力のある方でした。

それだけではなく家の近所にも勉強している方が
多かったので、あちこちで見て貰いました。
手相も其の頃、でも手相はアバウトの事しか判りません。

双子だった裏のおばさんが手相をみてくれて、
手相は40%しか当たらない、私も妹も生命線が短くて、
妹は19で亡くなったと、だから当てにはならないと
言ってた方が45歳で亡くなった。


1971年に新章文子さんの四柱推命入門という本が
出て我が家にも巷にもブームが起こったのでした。
e0397389_13170032.jpg
こちらは1976年の改訂版です、年表が増えています。
古いのもあったのですが、こちらは父が求めました。
(父も引き摺り込まれた…)   下は新章文子さん
e0397389_13171019.jpg
こちらに載っていた阿部泰山氏の四柱推命学の本は
河原町通の古書店で見つけました。全22巻です。

難解で読めません。歳をとったら勉強しようと
思っています。まだ読む気にはなれません。
結局は50年くらい持って居ます。
e0397389_11221619.jpg
普段見るのはこんなダイジェスト版の本で
何冊か持っています。
e0397389_13165371.jpg
四柱推命学は統計学なのでPCが出てからは
かなり楽に四柱が出せる様になりました。
昔はその暦だけで一冊でした。

昔 京都の文之助茶屋の庭先の御堂に
とてもよく当たる四柱推命を見る方がおられました。
東京へ行ってからも友人を連れて行きました。
S屋の社長も行ってるらしい…と聞きました。

そこで私は海外では暮さない、超有名な人にはなれない
事を知りました、強さが少し足り無いようです。
そして60からは静かな人生が…送れるはず…なのですが

当然母はこちらにハマり何かある度にこちらへ、
今は文之助茶屋も移動されて、お堂はなくなっていました。



横浜の警察に協力まで依頼される能力ある会社の
社長さんは誘われて先輩宅に泊まりがけで
見てもらいに行きました。
…その時知った姓名判断の本(内緒で買った)
e0397389_11222480.jpg
こちらは良く当たります。
漢字の画数は元の旧体で数えます。
その数字を早見表にして見ました。
e0397389_11223829.jpg
縦が10の位です。

頼まれると見て差し上げる事も有りましたが、
結果が悪くても 私には何も手助け出来なくて、
当たる当たらないよりもそちらが辛いです。

学生時代の友達はよく当たっていたと言います。
良い名前も良い四柱も結局は相対的なものです。

同じ誕生日の高校のクラスメイトは大人しかった。
仕事先で同じデザイナーをやってた子は私と同じ位
気が強くて天敵、何と同名、だけど美人だった…
デザイナーを辞めてお菓子の研究する為パリへ行った。


幸 不幸は紙一重、人生はトータルで凸凹あっても
平らになるのではと思ってしまいます。

財産は出来たけれど、周りに恵まれない人や、
お金が無くっても幸せな人がいっぱい居ます。

まだまだ人生双六の上りは先です。

そう言えば従兄弟の娘が占い師になったらしい、
京都から東京へ出て来ていると、
私元々霊感があったんだと…親戚一同、ホンマか?

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2018-12-26 09:00 | 日々 | Comments(10)

青山外科病院のこと



一昨日の青参道のもう少し青山寄りにかつてあった
懐かしの北青山病院、元青山外科です。
e0397389_12585170.jpg

青山外科は1952年から1982年迄、それから
北青山病院として2007年迄青山地域の救急医療を
支えて来ました。

青山通りからクレヨンハウスへ通じる道、
今は青参道とH・Pが名付けた道です。

私たちは青外(アオゲ)と呼んでいました。

私が初めて憩室炎で入院したのも此処です。

S屋の友達が雪の日に滑って足首を折って救急車を
呼んで入院したのも此処でした。

友人はここに3月間入院し、救急患者用の鍵の
掛からない通用口からよく夜遊びに行ってました。
隣の部屋で夜勤の先生は待機中ですが…

1階には明るい感じのコーヒーショップもあって、
そこのお姉さんは院長だか理事長だかの娘と聞いた。
思出せば 気楽でいい病院でした。

私が入院した時は暖かな時期でしたので、
S屋を辞めて入った会社はこの道の付き当たりで
忙しい時は夜中に抜け出して仕事は出来るし、
スタッフが病室へ打ち合わせにも来てくれます。

病室は3人部屋でご近所さんで和気あいあい、
窓から裏の先生方の寮の建物も見えて、
屋上でビアパーティを大勢で暑気払いしてるのも
楽しく見せて頂きました。

有名人もよく入院しますが、腕は??で
退院した筈の虫垂炎患者が戻ってくる…し

  
       

私の憩室炎では「何か分からないけれど、
大腸検査でポリーブらしい物があるから
切りましょう」と検査後に言われて、
私は セカンドオピニオンを希望しました。

紹介状を持って大橋の東邦医大病院へ行ったら、
「お母さんとお姉さんが白血病で亡くなったので
すか?」と先生に尋ねられた。
「いいえ、姉はいないし、母は元気です。」と答え、
取り敢えず、血液検査、で血管が出ずに青タンだらけ…

あれこれと不信感はマックスです。

ところが 点滴を数日やっていたら元気になって
病院にいる理由がないので退院しました。

装苑賞の審査会へはここから出掛けました。
勿論タクシーですが、足がふらつき、遅刻した。
e0397389_12585810.jpg
          ネットからの写真です。


元々は、勤めていたアトリエが多忙で出張も多くて
きっと緊張する時間が長かったから、やっと
シーズンのショーが終わって、ほっと気が緩むと、
あちこち具合が悪くなります。

お腹が痛くて、受診を何回かして、母から
「入院するなら関西で」と言われて帰った。

高校2年で虫垂炎を切った時は、
祖父が入院中だから便利だと
京阪沿線の藤森の国立京都病院でした。

ところが枚方の近所の医者はかかりつけの東京でと
またUターンです。(そりゃそうだと思います)
痛くなったり治ったりのまだら模様で、
結局は我慢出来ずに入院しました。
そして安静にしていたら 治ってしまった。

e0397389_12590528.jpg
そうしてそれから40年後の再発でした。
今も治った訳では有りません、傷と同じで消えない、
ので ある日突然になるかも知れないと医師の言です。
e0397389_13210581.jpg
良くも悪くも和気あいあいな病院で、かなり
患者には優しい、一寸心配な処は有るけれど、
あんまり待たせないし、 先生は遅刻もする…
大変な病気は他所へ、地域密着型の病院でした。

娘が他所の家の廊下から落ちて頭を切った時も、
私の変形膝関節炎のヒアルロン酸注射も此処で。

やっぱり名残惜しい北青山病院でした。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2018-12-25 09:00 | 青山界隈 | Comments(6)

クリスマス・イブです

私はクリスチャンでは無いのですが
やっぱりクリスマスは楽しくなります。

土曜日は待ちに待った 冬至でした、
これから日照時間が毎日少しづつ長くなります。
母は畳の目一つ分長くなると言ってました。

そもそも クリスマスツリーはケルト人の冬至の
太陽神を祀る祝祭が元になっています。

12月25日はキリストの亡くなった日では無いと
つまりクリスマスは寒い冬から春への希望の日。

ドアのブルーのリースは私が買って夫が組み立てた。
夫も器用です、クリエイティビティは有りませんが、
言った通りにはしてくれます。
e0397389_15104946.jpg
小さなツリーの下にはクリスマスの人形と
極小のサンタと雪だるま、ベルと松笠蝋燭
e0397389_15105904.jpg

先日バイブルハウスから連れて来たクレオメに似た、
金と銀のガラスの天使が二人。間違い、クリオネでした。
クレオメは花の名前だった。
e0397389_15110941.jpg
中にガラスのベルがあって 振ると綺麗な音がします。
ツリーに釣ろうかと思いましたがやや危険なので…

e0397389_15112151.jpg
ハローキティのツリーの先はリボンです。
もう30年くらい前の物です。
キティちゃんだけあってオーナメントは林檎です。

娘はサンタクロースが実在すると、小学6年生まで
信じていました。疑い出した時、丁度サンタクロースの
映画をやっていて夫と観に行かせて、万全でした。

うちには煙突が無いけど 何処から来るの?と聞かれて
窓からよ、と言ってから 想像してぞっとしました。
それじゃ泥棒です…

大きな靴下が要ると、娘はパターン用紙で靴下造り。
信じ込ませる方も大変でした。

子供の頃の夢は大切だと思い、ロマンを与え続ける…
きっとわかって貰える親心だろうと。

そんな頃買った古いツリーなのです。
e0397389_15450475.jpg
もっといっぱいオーナメントが付いていましたが
孫が欲しいと言って、毎年持って帰るのでした。
欲しいと言われたら何でもあげちゃう…祖母…

他のツリーや熊さんの楽団のオルゴールも
お持ち帰りに…然し彼方では飾ってもいない様です…
不精な娘、それともブラックホール?


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2018-12-24 08:45 | 日々 | Comments(10)

ジャマン・ピュエッシュと青参道


表参道からマックス&コーを曲がって突き当たりが
ジャマン・ピュエッシュのお店になります。

もう20年以上はここにあって、日本の本店だそうです。
見るのは最初っから大好きで、その創造性に
心が豊かになります。
e0397389_10213863.jpg
入口脇のウインドウの虎のバッグがイチ押しらしくて
店内にも3つはあった。
e0397389_10215259.jpg
こちらのバッグはとても凝っていて革や布を合わせたり、
布製でもプリントの上からスパンコールや
ビーズがびっしり。手作り感が満載です。

今年の冬のテーマはシャングリ・ラ。
東洋それもチベットだろうと思われますが、
孔雀や虎をモチーフに展開しています。
e0397389_10221297.jpg
店内に置いてあったH.P.FRANCEの
装飾美術館の冊子の中から冬の森をイメージした
ホリデーシーズンの限定コレクション。

左は葉っぱとドングリで、右は梟に違い無いです。

e0397389_10214693.jpg
お隣のここは雑貨や家具のお店ですH.P.DECO
e0397389_10223424.jpg
無造作に置かれています。

e0397389_10222606.jpg
この通りにはいつの間にかH.P.FRANCEのお店が
集合しました。それで数年前に名付けられた青参道
浸透率は今一歩かなあ…
e0397389_10224229.jpg
紅葉が綺麗です。下は青い袋の鉢ですが。


にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2018-12-23 09:00 | 青山界隈 | Comments(2)

日本橋陶芸倶楽部の布籠陶展がギャラリーコーワで開催中です


e0397389_08372405.jpg

21日から26日まで表参道ヒルズ中程の
ギャラリーコーワで日本橋陶芸クラブの
布籠陶展が開かれています。
e0397389_15413850.jpg
2年に一度の展示即売会で楽しみにしている方も多い
早く行かないと良いのが 無くなるかも知れません。

やって来ました初日です。来年の干支です、台付き。
e0397389_15381487.jpg
この置物は外国人にも評判が良いみたいで
お土産かしら…次々売れていきます、
台の下に まだまだ在庫もある様です。

村本先生の外は焼締で内側にガラス釉の鉢。
こんなにお安くって良いんですか?
e0397389_15382170.jpg
場所柄費用は超高額です、人出も多いし、
しかし高い物は売れないからの作戦らしい…

蓋物もあります。香炉も…
e0397389_15383275.jpg
生徒の作品、
e0397389_15384354.jpg
年中陶芸教室に来ている方々です。
作り続けるともう置く所が無くなるのです。
e0397389_15390376.jpg

陶版画です、お値段が付いてないのは非売品です。
e0397389_15385400.jpg
こちらは油絵、お上手ですね、
e0397389_15395725.jpg
元生徒?今は陶芸家の方で絵も描き、
公展で入選もされている様です。
お皿を重ねて、ググ〜っと堀ったに違いありません。
e0397389_15401760.jpg
良い味出していますね。
この方はもうプロに違いないです。
e0397389_15400980.jpg
こういうのを見ていると私も作りたくなります。
手を労わりながら 出来るかなあ…

もう一つの楽しみは今年も行って来られた山の中。
籠作家のグループです。
e0397389_15394400.jpg
山葡萄の籠です。
e0397389_15395098.jpg
大体卸値価格です。
私はもう少し大きくて頑丈そうなのが欲しいと
思っていますが、右の手がクルンとしたのが
お買い上げ…やっぱり他で無い物が売れますね。

まだ陽は高いですが人は一杯です。
夕方からはイルミネーションに誘われて、
ますます人出が多くなります。

にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2018-12-22 09:00 | アート | Comments(10)