人気ブログランキング |

青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

筍料理と蕗味噌 夫の料理−3・4


旅行に行く前にマンションの管理人さんから
筍を貰いました。

去年から此方へみえた管理人さんは、普段は
小料理屋の女将なのです。訳あって朝早く
起きる習慣があるので、時間の有効利用を
兼ねて、一石二鳥と…

兎に角 朝は7時頃には来て、いとテンション高し。
私と同じ年ですが170cm位有って、力も強そう…


茹でたばかりだそうなので、
半分は直ぐに若竹煮にします
e0397389_09585767.jpeg
ワカメと一緒に酒と醤油、味醂少々で煮ます。
e0397389_09594660.jpeg
これは簡単ですね、私も得意です。

もう半分は筍御飯、油揚げを湯通しして刻みます。
もう少し小さくしても良いのだけど、夫にお任せ…
e0397389_09595220.jpeg
酒 大2、醤油 大1、味醂 大1、砂糖少々を入れ
煮付けます。
e0397389_10001644.jpeg
煮えたらザルにあげて、その汁と酒 大2と 水で
御飯2合を炊きます。
e0397389_10004212.jpeg
具材は炊き上がったご飯に混ぜます、そうする事で、
筍の風味が逃げません。(夫の意見、昔は全部入れて
炊いていましたが、クタクタになるからと)
e0397389_10005308.jpeg
旅行の 朝ご飯にお味噌汁と頂きました。
山椒の葉が無いのが残念です。
今度、植木で買おうと思っています。(^。^)



旅行から帰った翌々日に今度は蕗を頂きました。

今頃蕗?と聞いたら 新潟は今よ、との事です。
蕗の薹って?これでは花が咲いている様ですね…

雪の中から覗いている状態の物を摘むのかと
思ってました。

天麩羅にしたらと言われましたが、大分前に
他所様のブログで見た蕗味噌のレシピを
メモして有ったので、即調べてみる…

兎に角、摘み立てらしく汚いので洗う、
e0397389_10190043.jpeg
茶色い部分は取り除いて、なおかつ20分位は
流水に漬けて置きました。
ここまでは私のお仕事…
e0397389_10190803.jpeg

ここからは夫が担当します。
初めてなので、かなり適当です。

大きめの鍋に塩を入れて軽く茹で、
流水で10〜15分浸してアクを取る。
e0397389_10191339.jpeg
水気を切って、細かくみじん切り。

フライパンにサラダ油少々で鷹の爪を炒めて、
刻んだ蕗の薹を炒める。

酒、砂糖、出汁大2〜3味噌はおたまに2杯位を
加えて炒めます、馴染んだら味醂を加え、更に炒める。
e0397389_10192274.jpeg
出来上がりました。良い感じです。
e0397389_10192911.jpeg
田舎味噌しか無かったので、お味は少し甘めです。
私には 仙台味噌が合いそうです。
塩を少し入れれば良かったかも知れません。
e0397389_10193580.jpeg
木のヘラに付けて焼くのも美味しそうですね、
神楽坂の蕎麦屋で頂いた事が有りました。

鯵のなめろうも美味しかったです。
…あ〜、血圧が…


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-04-30 09:00 | 日々 | Comments(14)

レモンが花盛りで 次はオリーブの番です


旅行から帰ってきたら、ベランダのレモンの花が
花盛りでした。
e0397389_10245232.jpeg
沈丁花の様に 花束になって咲いています。

もう一番先に咲いた花は こんな可愛い実になっています。
e0397389_10250538.jpeg
しかし、こんなに咲いていいのでしょうか?

2番目の子です。
e0397389_10251215.jpeg
まだまだ咲きそう…
e0397389_10252834.jpeg
現在3個は確認中です、まだ出来そうですね。

e0397389_10253888.jpeg
今日は久し振りに晴れて、花が咲き進み、
満開のようです。

蜜蜂がやって来て、水遣りをしようとしたら
ブ〜ンと羽音を立てて威嚇されました。
e0397389_13061431.jpg
その後、多分 熊ん蜂のお越しです。
e0397389_15563271.jpg
当分、帰ってくれそうに有りません。

下には散った花びらや落ちた葉のがいっぱいです。
e0397389_10261013.jpeg
手前のオリーブも負けじとばかりに いっぱい蕾を付けています。
多分連休明けが花盛りです。
e0397389_10262658.jpeg
あまり元気の無いローズマリー
植えてから何十年も経って、樹勢がなくなってきました。
e0397389_10270366.jpeg
お隣の紫陽花のアナベルはかなり刈り込みましたが
又いっぱいお花を咲かせてくれそうです。
e0397389_11080127.jpeg
去年の母の日に頂いた紫陽花のコンペイトウも
e0397389_11081978.jpeg
ガーデニアも少しは咲きます。
e0397389_11082651.jpeg
ミントは増えて、種も溢れて
e0397389_11084233.jpeg
ローズマリーの零れ種とパセリ
e0397389_11085712.jpeg
欅の盆栽も可愛くなってきました。
ゴールデンウイークが良い天気なのを期待しています。



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-04-29 09:00 | 日々 | Comments(12)

英国プリンセス・スタイル展が青山で


2〜3日前に ポストにこんなチラシが入っていました。
e0397389_14224699.jpeg
e0397389_14225269.jpeg
骨董通りの小原会館の手前にあるヴァルカナイズ・
ロンドン青山でロイヤル・ドレスの展示・販売。

e0397389_14230026.jpeg
今日はまだ寒いくらいなのですが、雨も止み、
外出予定だったので、帰りに覗こうと思います。
e0397389_14231424.jpeg
帰り道で入って直ぐのエントランスで、飾ってありました。

こちらはキャサリン妃が何度も着用されている
首元のメタルボタンが印象的なドレスです。
e0397389_14232329.jpeg
素材はやや厚手のジョーゼットです、
先行予約販売です。

こちらはメーガン妃がご結婚後初めての公務で
着用したエレガントな透け感のドレスです。
e0397389_14232903.jpeg
シフォンとジョーゼットでシルクでは無いそう
ですが、ソフトでかなり上品な感じです、
側に立ってた方が全て既製品だと教えてくれました。

他の写真です。
e0397389_14234379.jpeg
丁寧で温かな造りは既製品とは思えませんね〜。
e0397389_14234955.jpeg
そう言えばこんなレディスウエアー
e0397389_14235483.jpeg
…ぽいですね〜

英国製品のセレクトショップのヴァルガナイズ・
ロンドン青山が出来て10周年になるそうです。

ここの有名な商品はグローブ・トロッターのトランクです。
e0397389_14240543.jpeg
私はてっきり革製品と思っていましたら、1897年当時から
ヴァルカンファイバーを 何層にも使った商品らしい、

この説明は、ドレスを眺めていましたら、担当者?
の方、お顔の濃ゆい ダンディーな方がやって来られて
説明して頂きました。(このお店の責任者の様です)

軽くて、昔は船旅で難破しても沈まず、
手入れをすれば何年でも使えると。
2階の奥には120年前の鞄が展示されているそうです。

エリザベス女王の帽子ケースも、王子のトランクも
みんな修理を重ねて、味のある経年変化を楽しむと。

日本にも技術者も、部品もあるから直ぐ治せるし、
靴等でも20年では新しい内とその方は言われます。

ほら、やっぱり良い物は代々使えるのですね〜。
捨てるなんて論外ですと…同感です。

時間が有れば 先程のチラシを持ってお茶を飲みに
来て下さいね、とのお誘いも頂きました。
もう一枚もらって夫と…(笑)


そう言えば先日、伊勢丹のCM誌に載ってたオーダー
メイドサービスで作るオンリーワンのバッグ。
e0397389_14522369.jpeg
カスタマイズ出来るらしい。
青山で其の方に頂いた冊子にも
e0397389_14553927.jpeg
レディス用のこんなのも
e0397389_14565858.jpeg
ロンドンスクエアと名付けられた可愛いサイズです。

フォーマルなドレスも載っていました。
e0397389_14591407.jpeg
上品な感じですが 少しロックしてます?


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-04-28 09:00 | 青山界隈 | Comments(10)

青南小学校へ選挙に、いつもの花屋さんの店頭


先週の日曜日は港区区議選が有りました。
前日まで旅行していましたが、
私は選挙には必ず行きます。

投票場はあの話題の青南小学校です。
ご覧の様にごくごく普通の小学校です。
e0397389_16193726.jpeg
娘が通っていた頃はよく学校へ行きましたが、
今は校内に入れるのは選挙の時だけですので
入り口だけですが、少しご紹介をしたいと思います。

中村草田男の明治は遠くなりにけりの碑
e0397389_16195542.jpeg
古くなってますが 近くでなら見えます。

校歌
e0397389_16200278.jpeg
教育目標
e0397389_16201357.jpeg
思いやりのある子がもっとうらしい…

校舎は3階建てです。
一学年は娘の頃は3クラスで約半数が越境です。
越境通学が無ければ隣の外苑前にある青山小と
きっと統合されます。

廊下の壁には誰方かが寄贈された絵がずら〜っと
並んでいます。(リトグラフだったかも)
そういう所は凄いと思います。(次回は調査予定)


私達は選挙が終われば そのまま紀ノ国屋へ
買い出しに行きます。

こういう日は青山通りをチャリで一目散に疾走します。
午前中でないと人が一杯です。

青南小の山査子の花は終わりかけ、
e0397389_16202841.jpeg
その先にあるカントリーハーベスト
e0397389_16204392.jpeg
いつも雰囲気のある綺麗なお花が一杯です。
e0397389_16210674.jpeg
C国の人が6人で写真を撮ってます。これは
私みたいにブログでは無い感じです。

レモンがたわわに生っています。
e0397389_16212107.jpeg
クリスマスローズや一足早い紫陽花が。

青山通りは朝から結構な人出です。
選挙は終わったのでしょうか?余計なお世話です。

表参道の交差点から青山5丁目のAOビル1Fの
Dスタイルです。
e0397389_16295283.jpeg
こちらも紫陽花や木香薔薇が綺麗です。
去年あっという間に枯れた母の日プレゼントの
フランネルフラワーも並んでいます。
e0397389_16300583.jpeg
そうだイースターでしたね。
e0397389_16301416.jpeg
ハーブも出揃っています。

さて今日は何を作りましょうか?
花より団子の夫は花も見ずにエスカレーターで
下って行きました。(涙)

旅行の忘備録で ブログが ずれ込んでいましたが
明日から 日常に戻ります。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-04-27 09:00 | 青山界隈 | Comments(8)

芦屋から東京へ、再度ブティック・ポール・ボキューズで


4日目の朝は芦屋はとっても良いお天気でした。
e0397389_10293454.jpeg
漁船はほとんど出航してません、
突堤に釣り客が糸を垂れています。
正面の山は湯川山と言うらしい、右は鐘ノ岬。

芦屋橋の向こうに芦屋町、朝食前、
私は又 誰もいない露天風呂に入って、

朝食時はレストランはビックリする位大勢でした。
あの新人歓迎会の御一行で殆ど満席。

一番若いグループの真ん中で社長と思しき人が
嬉しそうに話していましたが、その周りで、
壮年のグレーヘアの方達は不機嫌そうで…
対比が面白いです。
e0397389_10294432.jpeg
食後に夫はあの橋を渡って芦屋町探訪しました。

橋の名前は芦屋橋、芦屋では古来 芦屋釜が有名で、
現在9つある国指定重要文化財の茶の湯釜のうち
8つが芦屋で作られた芦屋釜だそうです。
e0397389_10362036.jpg
これらは夫の写真です(一寸私とは違いますね)
自衛隊基地や岡湊神社まで行って来たらしいです。
その間 私はブログを綴っていました。(^。^)

自衛隊の芦屋航空基地の入り口です。
e0397389_10430566.jpg
この岡湊神社は日本書紀にも記載される産土神社で
夫は七五三に参ったそうです。
e0397389_10415329.jpg
境内には明治神宮外苑と同じ親木の
「なんじゃもんじゃ」の木が200本近くあるそうで
4月下旬〜5月上旬は雪が積もった様に為るそうです。

昨日よりも遠く迄、夫は町を歩いて堪能してました。
戻って来たのは 9時半頃です。

朝10時がチェックアウトなので、送迎車で
もう1組のご婦人方と一緒に折尾の駅へ
送って頂き、小倉から新幹線です。

修学旅行の新幹線が止まってました。珍しい…
今は速くていいですね…

私の高校の九州への修学旅行は大阪から
往復寝台車でした、5泊4日だった。
途中で体調不良の子は親が療養所迄 迎えに来て、
飛行機で帰宅した…過保護の学校でした。(笑)
e0397389_10295013.jpeg
夫はもう一度京寿司と言っていたのに、気が変わり
名物の小倉の鶏めしが食べたいと言い出しました。

かなりボリュームがあるので、私はパスして
昨夜の筍ご飯の御握りを頂きました。
夫は夫の分を、結局は私もお弁当も味見をした。

…ん、かなり美味しいです。

故郷の伊吹山も見たし(いつも新幹線のお約束)
左の山が三島池の隣の由利山です、
今頃は岩梨が生ってるかも…よく採りに行った…
e0397389_10295601.jpeg
まあちゃん、元気かなぁ…又行くね。

東京へは16時過ぎに到着しました。
芦屋からは約6時間です。
の〜んびり読書も、コメント書きもした(笑)

東京駅では大丸地下のお惣菜を。
e0397389_10300364.jpeg
お約束のブティックポールボキューズです。
又々、並んでいます。何やら配っています。
e0397389_10300982.jpeg
ローストビーフのタイムセールでした。
見逃せません。予約券をゲットした夫、
e0397389_10301545.jpeg
ほんとは先日、老婦人が買っていた、これが目的だった。

ローストビーフ パヴェ仕立て トモサンカクと言う
牛一頭から2〜3kgしか取れない希少部位を使った
ローストビーフだと言う事です。美味しそう…
e0397389_10302382.jpeg
しかし行列は外せません。
勿論関係無く これを買っている方もいます。

面白いのが その人達は皆ふっくらタイプで、
タイムセールの列は痩せ気味タイプ、対照的!
やっぱり美味しいものばかり食べていると…

次回は絶対買います。けど今はタイムセール。
10分位は待ちました。
e0397389_10302943.jpeg
ついでに ローストチキンのシャリピアンソースと
e0397389_10304061.jpeg
先日と同じ春キャベツのミモザ風サラダを買って
帰りました。

かなり疲れていたのでパックのままで失礼します。
もう既に食べてるし…汚い写真で すみません…

春キャベツのサラダは先回よりも美味しくなっていました。
材料も微妙に違ってます。
e0397389_15382034.jpeg
あ〜くたびれました。
夫は又芦屋に行きたいと言ってます。
急に着いた郷心…


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-04-26 09:00 | 日々 | Comments(12)

響灘に沈む夕陽と夕食


e0397389_16513569.jpeg
夕方6時から夕食です。
2海にある此方もオーシャンビューの
海香亭(まりんかてい)で

席に着くと私たちも含めて僅か3組6名でした。
当然 皆さん 窓辺です。
e0397389_16514385.jpeg
取り敢えず生ビールです。

小鉢 小松菜と桜海老のお浸し
椀物 蛤真丈のお吸い物 柚子 三つ葉
(何故か蓋を取った 写真が無い)
造り 旬魚3種盛り合わせ(サーモン、鯛、鰤)
e0397389_16515049.jpeg

蒸物 茶碗蒸し
e0397389_16515622.jpeg
焼物 鱸の菜種焼き
       あしらい 芽蓮根
  (芽蓮根ははじかみと思ってしまった)
e0397389_16520130.jpeg
台物 鹿児島牛のすき焼き鍋
    春キャベツ ミニトマトなど
此方を生卵を溶き、頂きます。
此方は とっても美味しかった…

蓋物 鯛の桜蒸し 鶯餡かけ
e0397389_16520789.jpeg
美味しいのですが、ついついどうしても
中しまさんと比べてしまいます…
つくづく2枚も3枚もず〜っと上です。
それは致し方無い事ですね…

夕陽が雲に掛かります。
e0397389_16521307.jpeg
この雲が無かったら、いいのにね…と
夫と写真を撮りながら、日本海に沈む夕陽を。


揚物 春野菜天麩羅
    野菜二種 海老 天出汁
   野菜はアスパラとこの根が丸いのは??
   見たことが…あるけど名前は不明です。
   エシャーロット?聞けば良かった…
e0397389_16521911.jpeg
夕陽が雲の中へ突入しても、赤く見えます。
e0397389_16522827.jpeg
数時間前にあの強風だったのに、海も凪いでいます。

食事 竹の子と桜海老のご飯
     赤だし 香の物

e0397389_16523494.jpeg
もう入らないので、二人してお握りにして貰う。
(翌日のお昼に頂いたら美味しかった…)

料理人さん達不在らしく、若いウエイターさんが
ラップで結んでくれました。(笑)

甘味 季節のデザートは美味しくスルスルと…
   (苺で作ったゼリーだった様な…)


日暮れはまだまだ続きます。
e0397389_16524028.jpeg
東京にいると滅多に見られない夕陽でした。
寂しい位 静かに

こんなに少ない宿泊客で成り立つのかと、
少し不安に思っていたら、

レストランを出たら、向こうにある 宴会場「漁火」から
かなりの男性客が出て来ました。2、30名は いる様です。

これは春の新入社員歓迎会で皆様宿泊付きの宴会の
様でした。
車で来ているから、帰れませんね。

御食事代は東京の居酒屋と変わりませんが、
露天風呂付きで 宿泊料金はかなりお安い、
部屋は綺麗でオーシャンビュー

熱海と比べたら約60%です、地方はコスパが良いですね。

ついでにお風呂も独り占めです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-04-25 09:00 | 日々 | Comments(8)

夫の故郷 遠賀郡芦屋町に行きました。


翌朝 弟夫婦が又ホテルまで迎えに来てくれ、
JR小野田駅へ、そこから下関で乗換え、小倉へ。
時間が少しあるのでネットで調べ昼食を取ります。

駅のすぐ近くにあった京寿司、アーケードの中で
余り雰囲気は良くないので、躊躇しながら…

本当に見たことの無い様な小さな回転寿司です。
席数は16しか無いのに回って居ます。(笑)
まだ早いのに 空席は僅かでした。
e0397389_11052983.jpeg
それがどうでしょう、新鮮でネタも良く、当たり!
お昼前に入ったのが良かったらしく、続々と客が…
入れないので有名らしいです、運が良かった、
…のに写真は狭くて撮れなかった。

中トロも、鉄火巻も諸々、素晴らしく美味しくて
食べOO3年間一位は本当でした、なのに安い。
しかし長居は出来ません、夫は帰りも寄りたいと…

小倉から鹿児島本線に乗り、22分で折尾の駅へ着きました。
e0397389_11322679.jpeg
こちらへ送迎バスがやって来てくれます。
この付近は昭和レトロな雰囲気の儘です。
e0397389_15394792.jpeg
堀川運河はまるで映画のセットの様です。


宿泊先の国民宿舎 マリンテラスあしやがこちらです。
e0397389_11323332.jpeg
全室オーシャンビュー、今日は少し曇って居ます。
e0397389_11323974.jpeg
チェックインは14時からなので、荷物を預けて
芦屋橋を渡って、夫の住んでた町へ、遠賀川河口
見えているのは新しく出来た なみかけ大橋です。
e0397389_11325919.jpeg
夫が生まれ育った芦屋町は戦後、米軍基地が有り、
ジョージ・チャキリスの「芦屋からの飛行」という
映画で有名です。

関西の芦屋と違い、ヨットハーバーは有りませんが
ボートレース場があります。(笑)

今は米軍基地はなく、航空自衛隊の芦屋基地があります。

昔あった芝居小屋だそうです。
e0397389_11330898.jpeg
映画館も3軒あったと言います。

この辺に夫一家は住んでたらしい、
今は釣具屋が建っています。
e0397389_11331571.jpeg
西に広がった芦屋海水浴場、
左手の松林の辺は芦屋海浜公園で

10月中から11月上旬まであしや砂像展が行われ、
国内外からプロが参加します。前にTVで見ました。
e0397389_11332579.jpeg
何処かでウグイスが啼いています、最近聞く事が
多くて自然が豊かになってる様で嬉しいです。

風が強くて飛び砂注意の立て札が有ります。

芦屋倉庫の向こうに広がる響灘、
e0397389_11333175.jpeg
こんなに高い突堤は港には無かったらしいです。
景観が悪くなったと夫は残念がっています。

米軍基地がなくなって町は寂れてしまったけれど
奥に引っ越したボートレース場で、町の税収は
潤っている様です。

海辺の砂を取って運び出しています。
砂が飛ぶくらい、多いのですね、
港の浚渫も兼ねていると思われます。
e0397389_11333697.jpeg
左に見える洞山は岩山に大きな穴が開いていて
その昔、神功皇后が戦いに行く途中、芦屋に立ち寄り
必勝を祈願した矢が貫通してできたと言われています。
e0397389_11334701.jpeg
神武天皇社の御社もあります。

芦屋港から なみかけ大橋を渡ります。
橋の上から芦屋、遠賀川の上流を望みます。
e0397389_15030998.jpeg
あの魚見公園の山の上に立っているのが
マリンテラスあしやです。
e0397389_15032021.jpeg
風が強くて飛ばされそうです、
人は歩いていませんが 車は多いです。

ゼイゼイしながら殆ど山登りです。
e0397389_15372567.jpeg
お部屋に入る前に 魚見公園の展望台に登って
芦屋港を望みます。

あの右端の山の向こう側が玄界灘です。
e0397389_15033222.jpeg
芦屋町です、向こうに見えるのが航空自衛隊の
芦屋基地です。
e0397389_15034036.jpeg
お部屋に戻って、私はお風呂へ、展望露天風呂も
大浴場も、地下一階ですが山の上です。

多分温泉ではありませんが広くて、人が居ない、
こちらも心配になる様な、贅沢な時間です。

夕方5時になって、東京なら夕焼け小焼けなの
ですが、芦屋町はレッドリバーバレーでした。
これは米軍基地の名残?

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-04-24 09:00 | 日々 | Comments(12)

湯田温泉 西の雅 常盤と山陽小野田市へ


浅羽さんにホテルまで送って頂きました。
(写真は朝撮りました)
e0397389_13465189.jpeg
山口市の近くの湯田温泉です。

ネットで調べてみたら、西の雅 常盤がNo.1でした。
お値段もお安く、古くからある様です。

玄関を入って、突き当りの滝
e0397389_15401550.jpeg
ツアーや企業の同友会などの御一行が多い様です。
何故一位なのか入ってすぐに分かりました。

このホテルはTVで見た事が有りました。
e0397389_13465814.jpeg
夜9時に着いた時は始まったばかりでした。

昔の写真です。
e0397389_13470787.jpeg
もう既に大受け中でした。

お陰で温泉はガラガラ、ゆっくり露天風呂など
三種類の お湯を楽しめました、と言っても
私は烏の行水であっという間に帰って来ます。
夫は遅い…です。

このホテルはとにかく装飾品が多いのです。

こんなお雛様や、五月人形、掛け軸、絵画。
e0397389_13471675.jpeg
売店には女将コーナーまで有りました。
この椿楊枝入れは 中々のアイディアです。
邪魔にはならない、けど…
e0397389_13472489.jpeg
義妹が迎えに来てくれると言うので喫茶コーナーで
コーヒーを頂きながら待っていましたら、
名物女将が巫女さんの様な風情で、腰低く現れて、
挨拶をしながら、段ボールを抱えて…

柔和な無心な表情で、小柄ですが、
ティンカーベルの様に輝くオーラを 感じました。

サワサワと袖を翻して身軽に…吹き抜けて、
この西の雅 常盤が傾いていたのを立て直したと…



結局は義妹と弟は45分遅れて…
ナビに翻弄されて、2時間もグルグル。
今回の大目的は弟の病気の御見舞いです。

弟は仕事を辞めた時は東京本社でしたが、
子育ての時期は山陽小野田市でしたので、
今は此処に弟夫婦と、義弟、甥っ子の4人です。

途中で回転寿司のくら寿司でお寿司を摘んで、
弟の家にお邪魔します。

此処のくら寿司は美味しかったです。
やっぱり海が近いからですね。

義弟も甥っ子も早く帰って来てくれました。
義弟とは10年振り、甥っ子は4年振りです。

6人で近くの居酒屋 活いか・活魚料理の若新へ、
大体この辺では忘年会は此処らしいです。

大きなお店で、生け簀に魚や烏賊が泳いでいます。
義弟が仕切って段取りをしてくれます。

まずは生ビール、突き出しはホタルイカです。
e0397389_16142971.jpeg
昨夜とは打って変わって、ワイルドな…

活イカの一本造り、イカそうめんの部分だけ頂いて
ゲソとミミは塩焼きか天麩羅に、で天麩羅です。
e0397389_16143664.jpeg
お昼はお寿司だったので、趣向を変えて。

馬刺 霜降り、夫は冷酒に、久保田の千寿。
e0397389_16144293.jpeg
とにかくこの一家は煩い、皆喋ります。
うちの夫以外は5人がB型なのです。(笑)

ついでに義弟もよく飲みます。

車2台で来たので、義妹はウーロン茶、
甥っ子は飲めるけれど飲まないタイプなので
ノンアルビールです。
今の子はうちの娘も含めてあまり飲みませんね。

弟は昼間はビールを少し飲み、今は梅のサワーを
頂いて、気分も良さげです。
食べられるうちは病気にも勝てます。


これは先程のゲソとミミの天麩羅です。
e0397389_16144726.jpeg
れんこん餅の揚げ出し。これは少し??だった。
e0397389_16145979.jpeg
この後 焼き鳥の盛り合わせを頼みましたが
写真は忘れました。

全部二人前づつ、皆よく食べます。

天麩羅の盛り合わせ、此処からは義妹と甥っ子の
世界です。
e0397389_16150514.jpeg
かなりお腹が一杯に、最後の軟骨のフライ
e0397389_16151444.jpeg
弟は62歳で退職してからキャンピングカーで
日本中を駆け回ってました、(義妹は同乗拒否)

北海道から沖縄まで、4〜5年は楽しみました。
やりたい放題で好きな事をしてしまったからか、
病気が静かに進行していたのでした。

退職前は、念願の社長にも(入社時の面接で豪語)
きっとストレスもあったのでしょうね。
元々態度は大きいのです。

子供の頃から負けん気と責任感は強くて、
天文部の部長は中学高校大学と続けました。

昔、枚方で望遠鏡で見た満月の様です。
e0397389_09442418.jpeg
誰かが倍率の良い反射式の望遠鏡を持って来て、
とても大きな月を見ました。

弟宅の近くのビジネスホテル、会社訪問の学生が
多かったです。
e0397389_16152196.jpeg
一年振りに会って、ついこの前までは口だけは
達者でしたが、4月に入って急に悪化したらしい。

それでも今日はよく食べてくれたと
義妹は喜んでいます。

やっぱり刺激が一番だと思います。
夏には娘が孫づれで行くらしい。

秋吉台も甥っ子が連れて行ってくれると言って、
そう、刺激は与えた方が良いですね…


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-04-23 09:00 | 日々 | Comments(4)

日本料理 中しまさんへ


そして夕方になり、
浅羽さんと日本料理の中しまさんへと
山口市から防府市へと…浅羽さんの運転で…

よく浅羽さんが行かれるお店です。

普通に隠れ家の様に有りました。
e0397389_11353772.jpeg
私達は少し早めに着いてしまったので…

普通のお店では無く、頂く人の時刻に合わせて
段取りしてらっしゃいます。すみません…

前菜 昆布〆鮃 アスパラ 薄い加減醤油 ラデシュ
e0397389_11354759.jpeg
ハマグリの様な器です、私達はビールで…

活蛸一枚落し 胡瓜 たたきワラビ酢 雲丹 生姜
タコの吸盤を唐揚げにしてあります。
これが又食べた事の無い美味しさです。
e0397389_11362830.jpeg
焼き胡麻豆腐 チリ酢
e0397389_11363508.jpeg
渋い焼締の様な朝顔型の器に

鯛子旨煮 蛸煮 玉子焼 一寸 カプレーゼ
山口の瑞々しい甘くてさっぱりしたトマト
玉子焼は1週間程味噌漬けに…
e0397389_11364295.jpeg
山口産を中心に中しまさんが自ら選び抜かれた
地の食材をお料理されています。

こんな所が日本料理はアートだと思う由縁ですね、
器にも、食材にもそれぞれにストーリーが有ります。

各々が組み合わさったハーモニーが完成品です。


椀 合馬産 若竹煮 蟹身入身丈 木の芽
e0397389_11364995.jpeg
蒔絵のお椀です。

ここで夫が冷酒を、
e0397389_11370111.jpeg


造理 天然鯛 伊佐木焼霜造理 あしらい一式
e0397389_11370873.jpeg
尾形乾山の写しの様な 桜と紅葉の器で、


お凌 桜蒸し(木耳 百合根 肴)盛山葵
e0397389_11371534.jpeg


焼肴 鱸山椒焼き 蓮根煎 楤芽天 柚餅子
e0397389_11372970.jpeg
この蓮が美味しいのです、勿論楤芽天も、
春の食材を堪能しています。



冷物 菜種 スナップ ズッキーニ 姫皮
   蒸し貝 タイラギ貝 わらび
   新玉葱と唐墨の酢 オイル
e0397389_13345412.jpeg


炊合せ 大根 湯葉 甘鯛 コゴミ 木の芽
e0397389_13350143.jpeg
ここでお食事なのですが、私と夫はもう一杯一杯で
浅羽さんだけ…しかし入らず…

徳佐リンゴゼリー 苺(四つ星)
自家製 最中
e0397389_13350939.jpeg
この苺もゼリーも逸品で、お腹一杯なのに
とても美味しく頂きました。

夫は最中も頂きました。
とても美味しかったらしく、勧めますが、
私と浅羽さんはお土産に…して頂きました。

また是非お伺いしたいお店です。
浅羽さんに連れて行って頂いて感謝です。

山口からは少し遠いのです。

にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-04-22 09:00 | アート | Comments(12)

ぎゃらりぃ浅羽さんへ


ぎゃらりぃ浅羽さんの山口のお店です。

可愛いアンティークがいっぱいあります。
こちらの西洋アンティークは浅羽さんカラーの
赤ですね、
浅羽さんはクラシックな赤がお似合いで、
コーディネートの何処かに効いています。
e0397389_10372083.jpeg
銀座のお店と違って説明が付いてないので
私には素敵に古い事しかわかりません。
e0397389_10390784.jpeg
クラシックな1920年代長のメタルビーズのバッグも
ありました。(写ってませんが)
香水瓶?気付薬入れ?

カップアンドソーサーも時代が有るのに綺麗です。
e0397389_10393929.jpeg
丁寧に鉄瓶でお湯をシュンシュン沸かして、
お茶を入れて頂きました。

鉄瓶で沸かすとお湯がまろやかになるそうです。
私が錆びませんか?と尋ねますと、

使った後は空焚きをして仕舞うそうです。
フライパンと一緒、とは夫の弁。

それも驚く様な時代物の器で、
美味しい和菓子も戴いて、お代わりのお茶は
また違う器で、何と贅沢な頂き方…

e0397389_10405829.jpeg
普段から慌しい生活をして速いからと
ティファールで沸かしています。

流石にポットはやめました。
それも お茶屋さんから教えて頂きました。

良い物を使うにはそれなりの使い方が有るので
すね…

e0397389_10413323.jpeg
他にも写真を撮りたかったのですが、
お喋りばかりと、触ると夫が注意しますので…
私が危険人物の様に…まぁ、当たってなくも無い…

ぎゃらりぃで一息付いで、
これから防府の日本料理の中しまさんへ…

山口のお寺や庭園をぐるぐる歩き、
お疲れでしょうに 防府までお連れくださいます。

又々 続いてしまいます。

東京に昨夜戻りましたが、私のブログは記録型
なので、スマホではサクサク行きません。
説明も、調べずに書いていますので、
間違っていたらごめんなさい。

にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-04-21 09:00 | アート | Comments(14)