人気ブログランキング |

青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

フランス2で

だいぶ前のフランス2のニュースで、パリがもの凄く
暑かった時だと思いますが、壁面を緑化したビルは
パリの街を冷却すると建築家が言ってました。
e0397389_16010251.jpeg
コレは多分イメージですね。
e0397389_16020325.jpeg
ついでに野菜や果実は如何なのでしょうか?
一石二鳥の壁面果樹園や野菜工場、酸素も食料も。


このツイストビルは台湾に既にある建物だそうです。
e0397389_16021435.jpeg
緑が一杯な訳では有りませんが、可能性はある。
e0397389_16033510.jpeg
こちらはシンガポールだったと思います。
e0397389_16113024.jpeg
高層ビルの屋上に大きなプールを作ってしまう国
シンガポールですものね。
e0397389_16114052.jpeg
ビルの途中のプールって良いなぁ、
e0397389_16122773.jpeg
ここはどこか忘れました。緑化空中庭園。
e0397389_16132682.jpeg
日本ではビルの屋上に田圃があると言ってました。
六本木ヒルズですね。毎年刈り入れ時に子供達が
参加してニュースになっています。

うちのご近所の建物も屋上緑化率が高いです。
家庭菜園も多いし、庭園風も、和風庭園も。

壁面緑化も多いです、省エネを意識してるのか否かは
知りませんが 緑を見るとホッとしますね…
元々 私はモジャハウス好きなのです(^ω^)

この上のは骨董通りの入り口のカフェです。
(緑化ビルでは有りません、構成上入ってしまった)
e0397389_16141273.jpg
GMOの建物、美容剤卸の会社です。
出来上がってから プラントを垂らしてました。

その近くのライトハウススタジオ、
これは蔦で自然発生ですが。
e0397389_16141756.jpg
DIESEL青山店は色んな樹木で覆われています。
以前はスペイン王室御用達チョコレート屋さんの
カカオサンパカが入っていた建物です。
e0397389_16142444.jpg
(コラージュが出来ました(^ω^)

しかしモジャハウスの大先輩はあの昔の甲子園ですね。



先日フランスの発明家が空飛ぶボードで22分で
ドーバー海峡を渡りました。
e0397389_09502013.jpeg
アメリカでのアトランタオリンピックで飛んで以来、
この手の快挙は有りませんでしたね、

就職した時、関西から東京へこんなボードで通勤できる
日が来ると私は信じていたんですが、定年時期を大幅に
超えてしまったみたいですね、(^ω^)

空飛ぶタクシーも実用化されるみたいだし、子供の頃に
描いていたSFの世界が始まろうとしています。

きっと体験する事は無いのだろうけれど、
これ以上、IT化が進むと何が何やら…です。


にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-08-12 09:00 | アート | Comments(8)

娘のお下がりのGジャンコーディネート


ダイアリーさんの7月19日の娘さんのお下がりの
Gジャンの記事があって、直ぐにやってみたけど、
ロジェ ヴィヴィエに代わる物が無く、オチ不足…
で 束の間温めていました。


ダイアリーさんの娘さんののGジャンより
もっと大昔、娘が中一の時買ったGジャンです。

原宿にあったレイトンハウスという、
レーシングチームが作ったGジャンです。

原宿のパレフランスの裏にあったブティックで
オープン時に夫と二人で一目惚れしてしまった。
…本人は要らないと言ってたのですが…
e0397389_13503417.jpeg
ボタンもネームも可愛くて、お値段は可愛く
なかったけれど 世はバブル…
e0397389_10395727.jpeg
ショート丈で肩はドロップ、可愛いけれど重たい…
で、殆ど着てくれず、タンスの中で眠っていました。

今年春 若いお姉さんがこんなGジャンを抜衣紋で
着てたので 私もチャレンジしました。

こんな感じで…(こちらの写真が困難なのです)
e0397389_10400493.jpeg
インナーはコットンレースのブラウスです。
前はスカラップレースのフリルで比翼仕立てに、
かなり昔のマイブランド、夏はボレロ代わりにも。

桃色枝珊瑚のネックレスは一目惚れして買ったけど
首に当たると痛いので 着けて外出はしてません。
e0397389_10401048.jpeg
下のスカートは先日小春さんが超プチプライスで購入
されたOPと同じお店、AOビルのWRで買いました。

7月31日の小春さんのブログ「プチプラオールインワンで
妄想コーデ」です。

ツルツルのニット裏地が付いたチュールが2重の
プリーツスカートです、2色買いました。
なんと1枚1000円です。
e0397389_10401561.jpeg
黒とグレーですが、意外とグレーが使えます。

WRは昔はトレンディなブランドでした。
経営者が変わった様ですね、今はインポートの
サンプルブティックです。


レース物ならこちらのバテンレースのブラウス、
カットワークのスカートと合わせて、
e0397389_10402242.jpeg
これは昨年夏の暑い日に、銀座アンティークモールへ
浅羽さんをお訪ねした時のコーディネートです。

バテンレースは大好きです、大昔母も持っていました。
これは最近の物ですが、修理しながら着ています。

最近の物は糸の始末が乱暴なので、解けやすいのです。

イギリスの黒いシルバーの十字架はガーネット。
元々黒かったのかは忘れました。
少しゴスっぽくて好きです。(^ω^)
e0397389_10402998.jpeg
シルク綿のスカートも好きで何度も手洗いしています。
e0397389_10403412.jpeg
この柄、私が描きました、よく有る柄ですが、
彼の国でイメージ通りに上がるのは稀です。

もう少しだけ地色に近付けたかったです。
あちらでは日本の糸色数がの3分の1しか有りません、
微妙な表現が困難です。😩



にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-08-11 09:00 | ハンドメイド | Comments(23)

孫一家とパセリ家で夕食


先週に引き続き、娘婿が夕飯にやって来ました。

孫はお父さん好きなので、ベタベタと引っ付き
買って貰った物を披露する。

京菓子風の飴とベーゴマ(超下手)
e0397389_15105797.jpeg
おそ松さん?君じゃ無いの?
それに一人足りな〜い、一松が居ない。
e0397389_15110379.jpeg
何十年も前だけど、リアルおそ松くんでスマップが
全員で出演してたのをもう一度見たいですね〜
凄く面白かったです(^ω^)

紀ノ国屋で知らない人に貰った折り紙のカブトムシと
クワガタです。「あげよう」と走って来たらしい149.png
e0397389_15111219.jpeg
娘もビックリ、でも上手いですね…そう言えば
娘もよく知らない人から色々と貰っていました…105.png


孫が作ったマリオの帽子
e0397389_15111854.jpeg
娘婿が一緒の夕食なので先回と同じメニューでは
脳がないと思いました、パセリ家のレパートリーが
狭いので、早速素揚げやさんのメニューになりました。


水菜とジャコのサラダ、ドレッシングはゴマ油と酢と
塩と砂糖を少々、夫が感で…(笑)
e0397389_15181600.jpeg
大きな万願寺唐辛子の鳥味噌炒め、
お味噌はやっぱり八丁味噌にすべきでした、
鳥の挽肉は荒かった…次回に期待しよう105.png
e0397389_15182289.jpeg
トーフはバジルとミニトマトにアンチョビ乗せて
オリーブオイルかけ、確か登志子さんのレシピです。
e0397389_15181100.jpeg
何も乗っていないのは孫用でこれにオカカと出汁醤油。

たこ酢(本当はタコとトマトのマリネだったのですが
婿が気に入り過ぎ、孫一家のレギュラーメニューに…)
e0397389_15184928.jpeg
娘婿の大好きなサーロインステーキ、
ワラジより大きいです。

ニンニクとバターで
e0397389_15182913.jpeg
孫は此方も大好き、婿も大感激の牛スジ煮込みです。
フードショーの牛スジはお肉が多くて美味しいのです。
二日がかりで作ります。
e0397389_15183480.jpeg
牛蒡も大根も味が染みてて本当に美味しいと大人気です。
娘婿は水菜のサラダを完食してました、
孫も少し野菜を食べてくれると安心なのですが…

牛スジの煮込みの作り方は此方です。

焼魚が有ったのですが 写真が無い…
何か忘れてしまいますね、因みに太刀魚でした。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-08-10 09:00 | 日々 | Comments(12)

孫のお誕生日とスケートボードとコン君


e0397389_13391439.jpg
孫が夏休みに入ってお誕生日プレゼントにスケボーを
買ってもらいました。格好だけは上手そうですねぇ…

子供用で、ボードの上に足の位置が書いて有ります。
ボードよりも安全用のプロテクターが高いと…

私達も大昔にオモチャみたいなので遊んでいたけれど、
今は本格的なスポーツとして、性能が良いみたいです。

身長に合わせてボードのサイズが変わります、
ボードだけをチェンジして下の金具は使えます。


孫の8歳のお誕生日は親子3人でお食事会。
叙々苑で焼肉です。肉好きの婿と孫ですね…
e0397389_13392438.jpg
夏休みに入って暑い最中にお父さんと一緒に高尾の森の
お掃除にも行きました。
e0397389_13393493.jpg
暑かったのでゆでだこに…

そして流し素麺、麺好きの孫はこれにつられて
暑い中頑張りました。
e0397389_13394282.jpg
終業式に持って帰ったオクラは元気に咲いています。
そうでも無いか…右に放ったらかしの茶色い子は?
e0397389_13400492.jpg
コン君は相変わらず明るいのです。

青山から孫と娘が帰って来ると
俺を置いてどこ行ってたの〜、と超熱烈歓迎です。
e0397389_13403384.jpg
お散歩中にいつも お気楽に他所の子の飼い主さんに
まとわり付き ベタベタして吠えられています。


並んでいる二人
e0397389_13401310.jpg
抱っこされてるコン君ですが、 喜んではいませんね…
e0397389_13401847.jpg

おかあさ〜ん、目だけは追っています。

e0397389_13402533.jpg
一人っ子の孫とコン君の暑〜い夏です。



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-08-09 09:00 | 日々 | Comments(18)

もう冬物?骨董通りのウインドウ


何時ものマックスマーラの青山通り側のウインドウです。
マックスマーラのマニアでは有りませんが、
このお店が 骨董通りの入り口なのです。

知的で上品、出来る女性のイメージかと思います。
女らしさと強さがあるミラノのキャリアウーマン。

残念ながら私はそんなタイプとは全く違い…(^ω^)

この暑いのに、何ともうコートが出ています。
このキャメルのは絶対カシミアに違いない…
e0397389_12254040.jpeg
キャメルと言うよりトープカラーですね、右はテラコッタ。

白いパンツスーツはピークトラペルでW打合せです。
e0397389_12255004.jpeg
完全トープカラーのドレスとコート
日本人には難しい色ですね、色白の方向けです。
e0397389_12254528.jpeg
白いシャツとワイドパンツ、左右の裾に大き目の
インバーテッドプリーツが入っています。

ショート丈の黒いスーツは裾を結ぶペグトップタイプで、
ベーシックながら少しアレンジして有ります。
e0397389_12255750.jpeg
その先にあるセレクトショップのドローイングナンバーズ
そろそろ秋の表情です、こちらも白いシャツ。
e0397389_12260707.jpeg
スリーブレスコートとワイドパンツ
左はきっとメンズかと…
e0397389_12261681.jpeg

その先のピンコ此方もシャツ、チェックですが、
ラップ風に見えるタイトスカートと合わせています。
e0397389_12262246.jpeg
チュールドレスと白Tにビスティエ、映り込み多し…
ハードなバックルのベルト使いです。
e0397389_12262887.jpeg
このトレンチコートは生地がバシバシで裾は
ペインティングが施されている様です。

目を凝らしたけれど、よく見えません。
e0397389_12263510.jpeg

IZAのセーターはおもわず笑ってしまいそう…
キャメルのセーターにレースをトッピング。
下はツィードの深いスリット入りのタイトです。

左の黒はチュールプリーツの下にトープの裏地。
e0397389_12264565.jpeg
ロココの花柄プリントのドレスがいっぱい。
e0397389_12315499.jpeg
サイドのウインドウは赤のセミフレアのOPとスカートです。
ハート柄のシャツ、前立てにフリル❤️
e0397389_12320394.jpeg
ブラックリトルドレスの様ですね、白い丸衿
クラッシックな襟付きのニット?とチェックの
切替のあるフレアスカートです。
e0397389_12321076.jpeg
ここまでインポートの商品は共通点はシャツ衿ですね
真面目でオーソドックスな雰囲気のある物を、少し
ひねっています。


ず〜っと秋物を打ち出しているドロワーは
かなり本格的に秋冬です。

深いパープル(チュリップ・ノアール)色のコート
ピンクのニットとパープルのチェックスカートです。
e0397389_12321709.jpeg
エメラルドグリーンの7部袖コートはやっぱりインを
ライムグリーンのタートルニットとグリーン系の
チェックのテーパードパンツとコーディネート。

この2体のコーディネートはお手本みたいなカラー
コーディネートですね。
e0397389_12322547.jpeg
週が明けた途端に変わったウインドウのコーディネートは
ネービーの大きなチェックのノーカラーコート、
右はボトルグリーンのOPもしくはセットアップです。
e0397389_12323106.jpeg
明るいパープルの小さめテーラーコートは大きな
エコファーのパッチポケットが付いています。

インは濃いモーヴ色(チュリップ・ノアール)のタートル
とパープル地プリントの車襞のプリーツスカートです。
e0397389_12323741.jpeg
ドロワーはやっぱり基本トラッドなのだと思いました。
真面目にセオリー通りになってますね。

秋冬のカラーは微妙なので、少しフランスの色名を
引用してみました。

普段はあまり使いませんが、日本の色名や
フランスの色名は由来が楽しいのです。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-08-08 09:00 | 青山界隈 | Comments(14)

フレアラップスカートのパターン


先日エプロンのパターンを載せたら、
作ってくださった方がこれで長くしたら
ラップスカートになるかな…って仰ったので

カフェエプロンは真っ直ぐなので、
腰巻きスカートになってしまうので、
それではフレアーラップスカートのパターンをと
e0397389_13581487.jpeg
デザインはこんな感じで丈は72c、ウエストは68c
ですが完全ラップなので少々は融通が利きます。

ダーツを取らないので裾まわりは188c、
元型はもう少しだけ短かったけれど、
オードリーみたいと評判の良かった大き目の白黒
ギンガムチェックのフレアースカートです。

それをラップに仕様を変更しました。
右が裏側です、縫い代はロックで後ろ片倒しです。
ロックが無ければ先日のエプロンの様に1.5cの
縫い代で折伏せ縫いをしてくださいね。

ウエストリボンは幅2.5cで3本に分けて断ちます。
縫い代は全て1.0c です。この紐の長さは計算で
結ぶ部分を50cと計算しています。
e0397389_13582375.jpeg
下前のスカート奥は深いので風が吹いても
めくれて見える事は無いと思いますが、
心配な方は持ち出しベルトで止めてくださいね、
(下から20〜30c位の所です)

こちらは全体の作図です、5分の1の製図です。
左が後ろスカートで右が上前スカート。
e0397389_13582843.jpeg
こちらは実寸のパターンです。
後ろスカートの全体
e0397389_13583430.jpeg
ウエスト部分です。
e0397389_13583952.jpeg
裾辺りです。ヘムは2.5cで1.0cと1.5cの三つ折りで
1.2cのステッチ押さえです。
e0397389_13584534.jpeg
前スカートは2枚ですのでこんな風に重ねて
書きました。縫い代がいっぱい書かれて見にくい
かも知れません。
e0397389_13585052.jpeg
前スカートのウエスト辺りです。
前後共ヒップの上は少し1.2c位カーブしています。
e0397389_13585762.jpeg
脇の縫い代は1.0cですが、下前は三つ折りするので2.0
の縫い代が必要です。

裾は前後共1.0c1.5cの三つ折りです。
e0397389_13590424.jpeg
上前スカートはウエストの面が変わる1c先で
終わらせました。あまり脇まで持って行くと
素材によっては重力に負けて、ダランと落ちる事が。

上と下の印を直線で結びます。
e0397389_13592943.jpeg
そして三つ折りするので縫い代は2.0cです。
e0397389_14053130.jpeg
下前の端も直線にした方が下から覗かず綺麗です。
e0397389_14054574.jpeg
こんな説明で解って頂けましたでしょうか?
ニットなどではこの5分の1の製図で何とかなるのですが
フレアはカーブが微妙で困難でしたね…

元型は立体で組んだものなので、出来る限り計りましたが
微妙に1ミリ2ミリの誤差はあります。
それはきっと大丈夫だと思います。

これは縫い上げていないので途中で試着して
様子を見て頂けると良いと思います。

そうそう素材は透けないコットンがオススメです。
ダレる素材は最後にヘム上げで調整して下さいね。
(床上がりで調整します)

不明なところが有りましたら、コメント欄で…(^ω^)

幸運を祈ります、上手く上がります様に…

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-08-07 09:00 | ハンドメイド | Comments(15)

フローレンスさんの夏のセールが始まってます


暑い暑いと言ってたら、フローレンスさんでは
夏のセールが始まっていました。

盛夏物を梅雨明けに持って行こうと思っていたのですが、
梅雨明けが遅れて、まさかのもう半額セールです。💦
e0397389_14532564.jpeg

リザードのバッグ、これは中々すごいです。

e0397389_14534603.jpeg
このハンドバッグもリザードです。
e0397389_14533711.jpeg
ドリスヴァンノッテンのワンピース、赤い部分は
竹ビーズ刺繍です。カッコいいですね。
e0397389_14535322.jpeg

同じ方の持ち込みで、
こちらはイランイランのスカートです。

かなりおしゃれ上級者です。
e0397389_14535933.jpeg
バックはこんなデザインです、細身の方限定。
e0397389_14540630.jpeg


ウインドウはカットワークのチュニックですね、
e0397389_14542947.jpeg
三種類のレース使いのチュニック。
e0397389_14543668.jpeg
カフタンのようなキーネックです。
刺繍もいっぱい
e0397389_14544760.jpeg
透明感のあるイエローのワンピース。
e0397389_14570297.jpeg
プリントのセットアップ。
この柄はシックで、美人に似合いそうです。
e0397389_14565429.jpeg
リゾートドレス
e0397389_14564297.jpeg
シネクアノンのジャージィプリントのワンピース。
e0397389_14542109.jpeg
こちらは麻のワンピースです。
e0397389_14575806.jpeg
よく見ると細かなタックが綺麗に入っています。
e0397389_14580572.jpeg
MARECHAL TERREのワンピースは肩に
タックが入って裾から深いスリットが
e0397389_14593189.jpeg
こちらもこのお値段の半額です。
e0397389_14594052.jpeg
今年は縦長のリーンスタイルが好まれているそうです。
スカートもタイト&ロング、ワンピースもストンとして
長い丈が売れていると言ってました。

このワンピースも黒でなきゃあっと言う間に、
と言っておりました。



フローレンスさんは1月と7月末からがセールです。

以前はセールのお葉書を送っていたけど、大変だったそうです。

最近は間近になってから、確認の電話をかけてくる方が
多くて、当日は2時間前から並んでいるそうです。

やはり準備の為に彼女も早目に来て、整理券をお渡しし
お茶して来てと、そして一人づつ入って貰うそうです、
混み合うので試着は出来ません。

セール前にサイズもチェックしているみたいで、
直進して手際よく購入。とても訓練された顧客だね〜
と感心しました。

どちらかと言えば横着な店主です。
そして要領のいい顧客ですね〜。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-08-06 09:00 | 青山界隈 | Comments(6)

こむらがえりを防ぐ方法

e0397389_15253493.jpeg
夜中に足が攣る事って、夏場には多いですね、
それを放ったらかしにしていませんか?

私も以前はよくある事と痛み止めをすり込んだり
親指を抱えていました。

展覧会と素揚げやさんに行く前の事です。

午前中に夫が大阪の同級生と電話で話してた、そして
彼が、足が痛くて歩けないそうだ、と言うのです。

ふくらはぎがパンパンに張ってしまって痛くて
歩けないと、そんな事って有るのですね。

それでふくらはぎのマッサージを教えたと。

夫はお風呂で必ずふくらはぎを揉んでいます。
こうすると長生き出来ると何かの小説の中で
お爺さんが言ってたらしいです。

数年前にそこだけ思い出したらしいのです。
何の本だったかは思い出せないそうです。
昔の中国のお爺さんの様です。

私も偶に歩き過ぎると足が攣ったり、夜中に
伸びをした途端に こむら返りで大騒ぎします。
中でも脛のこむら返りは堪らず、涙が出る位痛いです。

以前に日赤で入院中に向かいのベッドの方が
毎晩足が攣って看護師さんから湿布薬を貰って
貼っていても痛くてたまらず、私は見かねて

こむら返りは親指を手前に押さえ込む事を教えましたが
私の最近のこむら返りはハンパ無い痛さです。

夫も子供の頃に、泳いでいて足が攣ったら、
大きく息を吸って潜って、親指を手前に押さえ込むと
教えられたと言います。


私も先日から夫に言われてふくらはぎのマッサージを
始めました。両手で揉むだけなのですが、効果抜群で
攣りそうになっても すぐに治ります。

その日は午後2時から出かけ、 歩き続けてお店に
入った途端にもう少しで 足が攣りそうでしたが
何とか 事なきを得ました。

勿論帰宅後すぐにお風呂で念入りなマッサージです。
健康は色んな事の積み重ねですね。
e0397389_15110249.jpeg
数年前は、パンツの試着で足が攣り(笑)歩いていて
低いヒールでもブーツの中で足が攣っていました。

水分不足から来るからと、そんなの普通と
そのころは考えていたのですが、
最近は私も 随分と健康的になったものです。

夫の友人にはそこまで酷くなったら自力では無理で、
先ず整体に行って揉み解してもらってからと、
言ってあげたそうです。
その後は本人の努力如何だと夫の言です。

私の従姉妹と言い歩けない悩みが多いのですね。

歩けなくなったら長生き出来ませんね、
足を揉んで長生きするって そう言う事なんですね。


先日の従姉妹が歩けないと言ってきた電話のブロブです。
その中で足上げ体操を教えました。

バタバタしていたのでその後まだ連絡を入れていません。
少しでも良くなっていたらいいのですが…

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-08-05 09:00 | 健康 | Comments(14)

小岩の素揚げやさんへ


前からずっと行きたいと夫が言っていた
小岩の素揚げやさんへやっと行けました。

以前にも予約を入れた事が有りますが、行けず。
今回は私が旧姓で予約を入れました。(^。^)

ここは車やさんと同じく予約の取れないお店なのです。
比較的空いている、平日の5時はOKでした。(^ω^)

先にこちらの予約を入れて、それからメスキータが
加わったので、東京から秋葉原で乗り換えて
到着した小岩駅です。

初めての小岩駅です。下町で何処か大阪っぽい感じ、
小岩駅南口から昭和通り商店街を真っ直ぐ7分位です。
e0397389_14023302.jpeg
早く着き過ぎて、(何時もの事です)お茶して、
夕方ジャストにやって来たら、店頭で待ち合わせの
同時刻予約のお客様も居ました。

素揚げやさんのご主人は和食を京都で修業した方で
スタッフが2名の全員3名で回してらっしゃいます。

お席はカウンターが8名、奥テーブルが4名×2の
狭さですが、お料理に時間が掛かるので広さは
これで精一杯だと思います。(勝手に思うだけ…)


取り敢えず生ビールです。
e0397389_14023938.jpeg
暑かったので 喉越し爽やかです。

そして素揚げに時間が掛かるので先に注文をします。
こちらのメイン料理は手羽の素揚げです。
此方は25分かかります。

もう一つ野菜の素揚げ盛り合わせをお願いします、
此方は何と45分かかります。

お通しはシラスがたっぷりの水菜とレタス
カイワレのサラダ。
ごま風ドレッシングが美味しいです。
(これはうちでも出来そうです)
e0397389_14024413.jpeg
夫がビールの次に頼んだレモンのハイサワー

凍結系レモンサワーの元祖、レモンサワーフェス
グランプリ受賞のキングオブレモンサワーらしいです。

これも此方の名物で凍ったレモンが沢山入ってます。
e0397389_14024838.jpeg
かなり美味しいらしい、夫はすぐに2杯目に行きました。

素揚げを待つ間にお隣さんは鳥刺に進んでいますが、
私達は生は苦手なので、壁のメニューから
e0397389_14025417.jpeg
上加茂の農家さんから直送の 夏の京野菜から
京とうがらし鶏みそ炒めをお願いしました。
e0397389_14025946.jpeg
鶏みそは八丁味噌ですが そんなに甘くも無く、
とうがらしにとてもよく合います。
刻み葱も美味しいです。

此方の素揚げやさんの前は普通に和食屋さんを
やってらしたと聞きました。
それで京風のお料理が有るのですね。

そしてお待ちかねの手羽が上がって来ました。
e0397389_14030490.jpeg
店員さんが捌きましょうかと、手際良く、
部位を説明しながら分けてくれます。
e0397389_14030922.jpeg
上手に説明もされて、聞いたけど、忘れました。
e0397389_14031923.jpeg
ひな鳥なのでジューシーで柔らかいです。
柚子胡椒で頂きます。

これを食べにお隣の方は1名 関西からみたいです。
彼方此方で 関西弁が飛び交って居ます。(^。^)

揚げ方に店主が何やら指示して居ます。
やっぱり修業中の様子です。


野菜の素揚げ盛り合わせが上がって来ました。
「アートのような美しさ」と夫が呟いております。
「これは出来ん、」と 当たり前です。

玉ねぎは丸のまま中まで火が通ってとても綺麗です。
じゃが芋、南瓜、茄子、オクラ、サツマイモ、白胡瓜
ミニトマト、ブロッコリー、牛蒡のオールスター
全て丁度いい揚げ加減です。
e0397389_14032761.jpeg
きっと それぞれの揚げる時間が異なってますね、
何と付きっ切りの45分です。


ブロッコリーの前の麦味噌、又は柚子胡椒。
ポン酢が私は美味しいと思いました。
e0397389_15580794.jpeg
何と夫は手羽でお腹が一杯、と野菜の入る
スペースがありません。

私はここでレモンサワーを投入して、
意外と野菜は入ります。が、
芋類はもうダメです入りません。
e0397389_15581560.jpeg
「すみません」と、残してしまった事を詫びると、
「うちのは意外と量が多いから」と慰められ…

ご主人に「次回は此方も試して下さいね」って、
色んな新しいオリジナルお料理の開発をされています。
e0397389_15582474.jpeg
隣の二人は私達の2倍以上注文して、完食しています。
レモンサワーもエクストラで、どうやら飲食の業界人。
食べるのがお仕事みたいですが、皆様常連さんの様です。

その向こうに少し遅れて来た3人組も素晴らしい食べっぷり、
若いっていいなあ、と (男性率は高い)


本当に 此処は秘密にしたいお店ですね、
一般的な揚げ物では有りませんね〜
店主の食材に対する愛情を感じますし、
さっぱりしていて 女性受けします。

しかし、予約の電話がひっきりなしです。
細かな時間指定、7時半とかの…この次も早目に来ます。



帰り道は総武線で錦糸町で半蔵門線に乗り換えて
45分位でした。

まだ宵の口 7時半過ぎです。昔ならもう一軒ですね…

あの児童相談所の土地の夜景です。
e0397389_16212139.jpeg
明るい所が福井青山です。

此方は曲がって福井青山の前から
AOビルが綺麗です。
e0397389_16212652.jpeg
もう8月ですね…
工事が始まりますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2019-08-04 09:00 | 日々 | Comments(12)

エッシャーが命懸けで守った男 Mesquita


ぶらぶら美術館をボ〜ッと観てましたら、途中から
気合が入って、ええ〜っという感じになりました。

翌日夕方出かける予定を早めて、猛暑の日中に
東京ステーションギャラリーにやって来ました。
e0397389_09575468.jpeg
手ぶくろさんが以前こちらに見えていたので
大体は方向が分かりました、35度の猛暑の中

この人がメスキータさんです。自画像です。
e0397389_09580355.jpeg
写真がOKなのはこの6枚だけです。
e0397389_09581831.jpeg
パイナップル 1928木版
e0397389_09581262.jpeg
マントを着たヤープ 1913木版
e0397389_09582584.jpeg
トーガを着た男 1923木版
e0397389_09583133.jpeg
アヤメ 1920木版
e0397389_09583776.jpeg
このアヤメに見られる様に木版を掘りながら
擦っているので、少しづつ違った物が見られます。
同じ題材が違った風に一杯あります。

ここら辺まではTVの前でふ〜んと思って漠然として
観てたのですが、肝心なのはそこからでした、
第4章のファンタジーが面白くて目が釘付けになりました。

それは私の興味の問題みたいで、皆が好きとは限りませんが、
ポストカードも無いのでTVからの写真ですが。

メスキータはあのエッシャーの先生なのです。
騙し絵のエッシャーと言った方が解りやすいですね。

建物に川が流れて循環していたり、鳥が飛んでいくにつれ
違う柄になって行く作品も有名です。
洋服のプリントにも使えそうです。
e0397389_09584637.jpeg
彼の人生は複雑で、とても説明しきれませんので
こちらの略歴を
e0397389_10232814.jpeg
1944年にゲシュタポに 家族諸共 逮捕されて、
ほどなくしてアウシュヴィッツで亡くなっています。
e0397389_10233463.jpeg
アトリエに残された膨大な作品の一部はエッシャーや
友人たちが決死の思いで救い出し、戦争中も命懸けで
守り抜きました。


確かに最初は絵は洗煉されて無く、しかし正確に版画を
彫って色んな工夫をするのです、薄い紙に刷って
裏返したり、彫ってゆく過程を作品にしたり、
とても研究熱心な先生らしい人です。

そんな中でファンタジーは囚われる事の無い自由な
面白さがあります。

そんなに信仰には熱心では無かった?
e0397389_09585174.jpeg
e0397389_09585679.jpeg
e0397389_09590436.jpeg

e0397389_09591158.jpeg
メスキータ裏の顔のドローイングです。
e0397389_10355912.jpeg
右端の壁の顔が面白くも、不気味でも有ります。
e0397389_10360818.jpeg
幻想的なイマジネーション:さまざまな人々1925
e0397389_13441070.jpeg
ファンタジー:稲妻を見る二人
e0397389_13454286.jpeg
とっても感じが出ていますね。

この東京ステーションギャラリーの建物は重要文化財で
煉瓦壁は創建当時のものらしいです。

8月18日迄ですので 東京駅を通る機会があったら
如何でしょうか?

にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-08-03 09:00 | アート | Comments(8)