人気ブログランキング |

青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ミュージアムロアラブッシュ ( 3 ) タグの人気記事

ミュージアム1999ロアラブッシュでランチ会を


6月15日の土曜日にロアラブッシュで女子会を持ちました。

ロアラブッシュは下記のブログで少し説明しています。

e0397389_12481384.jpeg
何と此処は 登録有形文化財に文化庁から指定されています。
e0397389_12490043.jpeg
この前はこんなのあったっけ…最近なのかも知れません。

生憎の雨ですが、小春さん、グレースさんとは初めて
お目にかかります。浅羽さんと4名でのランチ会。

通された所はお庭を望む1階です。
既にお客様がかなりいらっしゃって写真は
殆ど料理のみしか撮れませんでした。

小春さんがお部屋の写真を載せておられました。

4人でお話が弾み初めてお目にかかったとは思えないです。
シャンパンと白ワインで頂いたお料理です。
e0397389_09160940.jpeg
最初のアペリティフ
e0397389_09162331.jpeg
帆立貝のムースとヤリイカのサラダ仕立て
e0397389_09163116.jpeg
鱸のポアレ浅利貝のソースにポルト酒の彩り
e0397389_09163702.jpeg
松坂豚肩ロースのグリエ、キャラメル纏うりんごを添えて
ローズマリーのアクセント
e0397389_09165274.jpeg
お話もお料理も美味しかったです。
それぞれのお人柄はブログで存じているので、
旧知の間の様にサクサクとお話が弾みます。(笑)

ブログってその為人を映す鏡なのだと心底思います。
サッパリ系4名でした。

このミュージアムロアラブッシュは主にエルテの
アール・デコに特化した美術館の様なレストランです。

エルテの作品です。
e0397389_10072258.jpeg
レストルームへの階段
e0397389_10070467.jpeg
コーナーにあるファッションプレート。
写真が無い頃はファッション誌はこういう絵で
それをイメージとして服を作っていました。
e0397389_09170306.jpeg
1970年代に1920年のアール・デコが再燃して
エルテが流行りました。

ポールポワレに見出されたエルテは1990年に没する迄
100年近く 魅惑的な世界を描き続けました。

エルテの作品は建設当初からでは無いですが、
このアール・デコの洋館にはぴったりです。
e0397389_10071142.jpeg
ワゴンよりデザートを選びます。
かなり自由に幾つでも…

私は甘い物が得意では無いので、ムースにフルーツ添え
e0397389_10283250.jpeg
他の方はもう少しバラエティがあって美しいです。
e0397389_10285548.jpeg
そしてコーヒーとマカロンやフィナンシェなど、
…もうギブアップです。
e0397389_10311331.jpeg
12時から始まって、15時迄たっぷり時間をかけて
楽しいお喋りと美味しいお料理を頂きました。


以前の11月5日のティータイムに記事はこちらです。
2階にはエルテのガラス作品が多く飾られています。

リンクして貼り付けがうまくなったので多用しております。
私は何故かこの建物が大好きなのです。



にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-06-17 09:00 | アート | Comments(14)

ミュージアムロアラブッシュでティータイム


女子会はお腹をすかせて1時頃のランチに
なってしまったので写真を忘れました。💦

店頭は春の写真でごめんなさい。
e0397389_16262169.jpeg

青山八兵衛はすし居酒屋で銘酒&山形牛が売りで、
ランチは握りか海鮮上ちらし丼がオススメです。
他にも色々、焼き魚定食やハンバーグもあります。

で、三人とも海鮮上ちらし丼になりました。
周りの方も皆同じ、お得感がある様です。
サラダバー付き、お味噌汁付きです。

写真は皆様の投稿の分ですが…
e0397389_11223266.jpeg
e0397389_11224090.jpeg
勿論ビールは飲みます。
ランチ生ビールは琥珀エビス!
(グラスはもう少し小さいです。)
e0397389_11224851.jpeg
周りは皆さん若い方達で、平日のお昼なので、
ビールは私達だけ、なんか得した気分です。

e0397389_11225646.jpeg
Mちゃんがお米が美味しいと言っております。
お刺身もそれぞれの魚が美味しいです。

甘エビの頭入りのお味噌汁。
e0397389_11230423.jpeg
これだけで2160円、他にも小鉢などが有りますが
三人共にもうお腹が一杯です。

お腹ごなしにお散歩、角を曲がった所に
アクアガールが有ったので入ってみます。

インポートのセレクトショップだったので高いと
思っていたら、オリジナルニットが有って
これがお手頃価格、ざっくりした編み地の
シルバーグレーのリボンが編み込まれたビッグセーターを
Mちゃんが、自分の快気祝いに(ポリーブを取った)

カシミア60%、ラクーン40%のワイン色のオフボディの
セーターをYちゃんがもうすぐ結婚記念日だからと、
パパのカードで。(笑)

私たちの会話に売場の女の子は笑いっぱなし、
その子のお母さんと私達は同年齢らしく、
お若いですねとリップサービス。
頭の中は20代のままかも…笑い皺に気を付けてね。

Mちゃんはまだ厚底靴を持ってるらしい、
Yちゃんはヒール党です。
三人共背は高くありません。

Mちゃんはベルコモンズにも居たので、
あの3丁目の角の更地を見たいと…
2020年に向けてホテルが建つらしいです。

さて3時になったのでティータイム、
渋谷4丁目のロアラブッシュに行きます。
港区と渋谷区の境目なのです。
e0397389_16353034.jpeg
5月18日のブログに書いた、あのミュージアム1999
ロアラブッシュ、エルテが一杯の美術館の様な建物です。
千葉常五郎邸、1934年に黒川仁三設計です。
地下のプールは今はワインセラーになっています。
e0397389_16355168.jpeg
入り口のライオンの噴水(と言うのでしょうか?)

入りにくいのを頑張って入る。誰も居ませんし…
あの二人は付いて来ない…表で写真を撮ってる。

入って直ぐのレセプションが向かいの鏡に映って、
どちらへ声を掛けていいのか…目が眩みます。

お茶をしに…と告げると、どうぞと案内される。
素敵な絨毯敷の螺旋階段、頭上にシャンデリア、
壁には絵画や壺が。(危なくてノー写真)

二階の広いお部屋は元寝室で先客が二人だけ。
e0397389_16360135.jpeg
美術館でお茶の感じです。

右の四角い大きな柱の中は一階の暖炉の煙突、
窓辺のここはバルコニーだったそうです。
今はサンルームになっています。

床も大理石ですが象嵌の様に真珠貝が
散りばめられてるように見えます。
少し光って…初めて見ます。
e0397389_16361135.jpeg
壁には勿論エルテだらけ。

日が陰って、渋い照明が撮影を困難にしています。
撮ったけれど、意味不明になったので消しました。
e0397389_16381080.jpeg

エルテは40年前にスパイラルで展覧会もあって
ファッション業界でも 再大流行しました。
このお部屋も建物もみんなアール・デコです。

テーブルはピンクの大理石、奥のバーカウンターも
あちこちがピンクの長〜い大理石。
昔どこかでこの様なピンクの大理石はイタリアからって
聞いたことが有ります。そこは不明らしい…
色々、お店の方に尋ねながら…

お茶とケーキをお願いします。

Mちゃんはアイスコーヒーとガトーショコラ
e0397389_16382025.jpeg
 
Yちゃんはコーヒーとチーズケーキ

e0397389_16383115.jpeg
私はアイスコーヒーとベリーのムース。
e0397389_16384099.jpeg
ふわふわっと軽くて、カロリーノーカウント
な感じです。三種のベリーとマスカット、無花果
お皿もシンプルなアール・デコ調。

いつの間にか私達だけになったので、
綺麗なガラス工芸を 撮影する。
e0397389_16384715.jpeg
なんて言ったら良いのでしょうね。
見せ方も綺麗すぎるアートです。

これは器です、割れ山椒の様な形にカットしてあります。
どこの誰の作品か、とにかく聞き出したら全部で…
ツアーガイドの様になってしまいます。
e0397389_16391158.jpeg
この部屋は夕方からは会員制のバーになります。
昨年までは会員以外はパーティーのお招きが
無いと入れませんでした。

こちらも殆ど貸切状態の穴場でした。
私ももう少し探検したかったのですが、
また誰かと 来た時に続きを…

二人もこちらには大喜びです。
きっとまた誰かと来ようと思っています。
お得な平日ランチもあります。
他のお部屋も見てみたいです。

1階では今夜のパーティーの準備が着々と
進められていました。
それでお花屋さんのトラックが有ったんですね。

のぞいて見たい気持ちを抑えて
澄まし顔で おいとましました。


にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2018-11-05 09:00 | アート | Comments(16)

ミュージアム1999ロアラブッシュ、アユラングレース、マノワール・ディノ

南青山辺には古くて素敵な洋館がたくさん有りました。
冬は寒くて大変そうでしたが、憧れていました。
広い土地は次々と 、マンションに変わりました。

ここは渋谷区だったので免れたのかも知れません。
渋谷区の神宮前などは文教地区でいろんな制限があり、
かえって街の良さが保たれました。

1999ミュージアム ロアラブッシュの建物です。
元は1918年建築の煙草で財をなした千葉常五郎邸です。
e0397389_13425316.jpg
正面のライオンからの噴水(垂水?)
e0397389_13430011.jpg
車寄せです。
e0397389_13430829.jpg
雨の日でも 屋根があるので濡れません。
欧州の雰囲気が漂います。
e0397389_13431796.jpg
黒川仁三氏設計で エルテの絵看板が目印。
ここはロシアの巨匠エルテの作品がいっぱいあり、
ミュージアムの中での、お食事ができます。
TV番組で観ましたが 調度品も素晴らしいです。
e0397389_13434257.jpg
ポストに入っていた、お誘いの葉書。平日限定。
こちらは週末は結婚式のパーティーが多いのです。
e0397389_13435388.jpg
平日ディナーの飲み放題。きっとランチもあります。
新たな取り組みかも知れません。

ここはメンバーズクラブにもなっているので。
結婚式のパーティーでも無い限り入る事はできなくて。
確か シェフも有名な方です。

建物右の地下バーではピアノ演奏があり、
割と自由に飲めると、誰かが言ってました。

ここの中は広いので、3〜4の店になっていて
メンバーの方は違う区分になっているかと思います。

建物地階にはプールまであるそうです。
e0397389_13440369.jpg
裏口も素敵です。
e0397389_13432468.jpg
その面向かいにあるのが、アユラングレース。
e0397389_14235799.jpg
元 T・H・ホッジス宅(1986年の住宅地図によると)
今は 邸宅型ラグジュアリーサロンだそうで、
デトックスやエイジングケアのお店です。
挙式前の方々も来られるのでしょう。
e0397389_14240562.jpg
奥に中庭があり、バルコニーからグリーンが あふれています。

そのお隣が
e0397389_14241673.jpg
ガーディン・ウエディング専用?マノワール・ディノ
お庭が広くて素晴らしい、都心とは思えない
森の中の1軒家の様で樹齢130年の大きな楠の木が
外からもわかる様にそびえ立ち、別世界に。
元はG・J・カマラタさん宅です。
素敵なまんまで残して頂いたカマラタさんに感謝!
e0397389_14242487.jpg
今日は結婚式が終わった様でタクシーが
かなりの台数並んでいます。(平日ですが、)
どうやら外国の方らしく、皆様美しい方ばかりです。
これから、空港へ急ぐのか大きなスーツケースの方が…

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ

by cenepaseri | 2018-05-18 09:42 | 青山界隈 | Comments(8)