人気ブログランキング |

青山ぱせり日記

cenepaseri.exblog.jp
ブログトップ

タグ:手塚愛子展 ( 1 ) タグの人気記事

スパイラルガーデンで手塚愛子展


9日は浅羽さんと表参道駅で待ち合わせ、
台風一過の物凄い熱気の青山で、B3出口すぐの
スパイラルに駆け込みました。

何処かカフェにと思ったのですが、此方の階段脇に
椅子があって、うちの孫のお気に入りの場所です。
(確かsonomaさんのお孫さんもここで
 行き交う車を見てらっしゃったと思います。)

そこで少し夏のボレロのご相談をして、話し込み、  
何処かでお茶しません?と言い乍ら根っこが生え。
e0397389_12592435.jpeg

スパイラルマーケットを抜けて下を見ると
何やら凄い織物が見えます。

手塚愛子さんの作品で、織られた物を解きほぐす
作品を1997年より開始して、歴史上の造形物を
引用、編集しながら新たな構造体を作り出す、
独自の手法により制作を続けられています。

100年以上前のドレスに見えます。
e0397389_13020084.jpeg
<親愛なる忘却へ(美子皇后について)>

e0397389_13021794.jpeg
洋装を初めて取り入れられた昭憲皇太后の
大礼服に着想を得た、親愛なる忘却へ。
e0397389_13052752.jpeg

<必要性と振る舞い(薩摩ボタンへの考察)>
e0397389_13022207.jpeg
江戸末期、日本から西欧への輸出品として
重宝された薩摩ボタンをモチーフにした。
e0397389_13022815.jpeg
e0397389_13023350.jpeg
<華の闇(夜警02)>
e0397389_13053999.jpeg
部分
e0397389_13054655.jpeg
明治期におられたテーブルクロスを現代に蘇らせる
<京都で織り直し>
e0397389_13055250.jpeg
部分
e0397389_13060430.jpeg

e0397389_13061164.jpeg
e0397389_13061719.jpeg
ゴブラン織りなのでしょうね、と言いながら
二人で 写真を撮りました。

織物の解体と再構築だそうです。
現在ベルリン在住の手塚愛子さんの作品でした。
それ自体は手の込んだ物ばかりです。

協力は川島織物セルコン、京都服飾文化研究財団
その他多岐にわたります。



にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村
by cenepaseri | 2019-09-14 09:00 | アート | Comments(14)